新着記事
> 10月26日(土)~28日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)27日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2013年10月18日

エゴとセルフの違い

セルフは名前、エゴは生年月日。
数秘は生年月日だけではなく、名前にも当てはめることが出来る。(出し方はちょっと特殊です)

きっかけ
生年月日ゾロ目の人は変わった人が多い。
名前のゾロ目は人生が波乱万丈の人が多い傾向にあった。

このことから、生年月日は性格(エゴ)を出し、名前は、その人の歩む人生傾向を出すということが分かった。

これが分かったときに、
性格(エゴ)か、人生か、どっちが本当の自分?
という疑問が起こった。

今までは、当たり前に性格(エゴ)の方を自分だと思い込んでいたが、、、

ある時、同じ飲み会で撮影された友人の写真を見て驚いた。
全員笑っているのだ。
逆に、その友人は、ほへとの撮った写真ってみんな怒っているようだといった。

その時に、同じ空間を生きているけども、当たり前だけど、人それぞれ、感じ方は違うのだ。
感じ方が違えば、心に映る現実も全員変わってくる。
ということは、その人ではなく、その人の感じた現実の方がよりその人ではないか?

やがてカメラを趣味ではじめてからそれは顕著になっていく。
もし、ごく平凡な日常ならカメラを落とした時に、カメラを無事を心配する。
しかし、海外旅行や結婚式など、貴重なデータが入っている場合は、カメラよりメモリカードの無事を心配する。

カメラ=エゴ、画像データ=人生、という図が明確となっていった。

そう考えた時に、
花というキーワードで画像検索をかけた時に現れる無数の花の映像のように、
神様があなたというキーワードで検索をかけた時にあらわれるのは、あなたのプロフィールや姿形ではなく、あなたの見てきた感じてきた無数の現実(シーン)が表示されるのではないか?

死ぬときに、人生が走馬燈のようにフラッシュバックするという。
死ぬに至って、良い人だったと思われて死にたいか?
良い人生だったと思って死にたいかだ。

必死にちっぽけな安物カメラを守る生き方をしている。

真冬の河原で、夜空の星を眺めていた。
振り返れば、なんとかく、自分がちっぽけに見えた。
いい人生、すばらしいと思える一生を送りたいと思った。
その時に、自分が認められたい、自分が何かしなければいけない、
というエゴ的なものが消えた。

人生というものに委ねることにした。
(NHKプロジェクトX調で)

P1190278.jpg
posted by ほへと at 19:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ああ、視点がグルン、と180度入れ替わるような、、。
Posted by kyo at 2013年10月18日 23:56
震災で「死ぬのかな」と思った時。天井の汚いシミがありありと目に飛び込んできて「これが自分なんだ。言い訳ばっかで何もしてない。私はいつかいつかと妄想に逃げてばっかりだった」と思ったことを今でも覚えています。
走馬灯というか、自分の後ろ姿を見た感じです。(ロクな背中じゃなかった)もしかして私というのは、船が進んだ後に出来る波紋に近いものなんじゃないかとうっすら思いました。
以来大切なのは行動なんだ、人に好かれるよりも大切なことなんだと夢の為に思い切った行動にも出ましたが、結局自分の首を絞めている状態です。
これはほへとさんのいう、エゴが強くなっている状態なんでしょうか。だけどもやはり、このまま何も形に出来ないまま、またあの「死ぬかも」という経験をするのが嫌で嫌で仕方ありません。

人生というものに委ねるとは一体どういうことでしょうか。
Posted by しま at 2013年10月20日 16:31
kyoさんへ、そうですね、視点を変えていきましょう!

しまさんへ、運命とはちょっとニュアンスが違うんですね。
いい人生の為なら、エゴの意地は捨てないと、意地のせいで人生が停滞するということです。
Posted by ほへと at 2013年11月09日 20:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg