新着記事
>☆8月7日(水):神戸(三宮)・大阪(梅田)対面鑑定「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2007年04月09日

桜・嵯峨・広沢(070409)

桜(さくら)は咲く(さく)と、「ら」というパッと広がり散るイメージの言霊で出来ています。「さくま」でも「さくろ」ではなく「さくら」という言葉は、桜にぴったりで美しいですね。

また、「ソメイヨシノ」も、いろいろな説がありましたが、遺伝子的に、ちゃんと日本で作られた(品種改良)ことが判明しましたね。
どうも、東京の染井(現豊島区)のヨシノさんという植木屋さんらしいです。

P1160252.JPG
ようやく、天気が良くなったので、近所の桜を見に行きました。
ここは、嵯峨油掛け周辺。

P1160257.JPG
思いっきり、満開です。凄い勢いですね。
現在京都には至る所に桜が咲きまくっています。

P1160259.JPG
ここは有栖川という小川が花びらと共に下に流れています。
例の有栖川家とは関係がない(はずだ)

P1160239.JPG
小サギちゃんも、有栖川にいました。
まだ、この辺りの水質は許せますが、三条通を下がれば、恐ろしい状態になります。

P1160171.JPG
それから、広沢の方へ移動。
やはり、あちこちに桜が咲いていました。
遍照寺の桜も見事でした。

P1160235.JPG
途中、チューリップも咲いています。チューリップも素敵ですね。
モンシロチョウも飛んでいました。

P1160180.JPG
広沢の池の周辺の桜。

P1160184.JPG
造園をされているお家の、見事な桜。TVにも出ておられて、桜や自然に対する姿勢には感服いたします。

P1160193.JPG
ここには、多くの種類の桜があって、八重桜やボタン桜もみる事が出来ます。
それらには、若干時期が早いようでしたので、また訪れるとしましょう。

P1160223.JPG
広沢の池と嵯峨のシンボル?、愛宕山。

今年は、造幣局が中途半端なのが残念です。
今週の金曜日には、岡山の友人もやって来て、奈良にお花見予定です。

posted by ほへと at 15:51| Comment(2) | TrackBack(0) | デジタルPHOTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんま綺麗です。
お花見と称してのむ機会が激増しております。
桜の花と一緒に散りそうです。
Posted by shisetu at 2007年04月09日 19:33
まいど!
散りそこねたら是非一緒に呑みましょう。
Posted by ほへと at 2007年04月10日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg