新着記事
>☆ほへと電話鑑定「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2014年02月16日

風水プチ知識、西の方位とは(後編)

風水で西は金運といわれているが、西という方位はもちろん大事であり、吉相にする必要がある。
どうも、ほへとの研究では、もっと本質的な部分があるとみる。

西の方位は五行で金、肺に対応している。

五行の金から金運というのも、もう少しひねりが欲しい。
金は金属のことだが、大体金属は小銭である。札は紙。今は振り込みなどで電子か?

西は五行で金、さらには五臓では肺という、コチラの方が重要なのである。

結論からいうと、金運を司っているのは呼吸なのだ。

風水では臭いは金運を失うといいます。
また、寒い家も金運を失うともいいます。

これは、呼吸に関係しているのだ。
臭いは無論だが、何か息しにくいと感じる家は、金運が低くなる。
呼吸が浅くなるからだ。
散らかりまくっている家も、息がしにくい。
息苦しい家は金運が低く、リラックスして楽に息の出来る家は金運が高いということだ。

例えば、あなたはトイレで大きく深呼吸できますか?
トイレ掃除が金運というのもそういうところかもしれない。

また、寒いと風邪をひく。
風邪をよくひく家も金運が低くなる。
また、肺は皮膚も表し、肌荒れも金運を失ってくる。
これは、気管支等が悪い人は肌が荒れやすい。
また家の外壁に問題が起こっている場合もある。
まぁ昔話だが、肺結核は貧乏病と言われていたそうだ。

肺は呼吸により酸素の交換をするが、その触媒がヘモグロビンである鉄である。
呼吸により肺で鉄は酸化し、真っ赤な動脈血となる。
その鉄が、五行の金の本質だと思う。

現代人の過剰な栄養摂取に対して、酸素供給が少ない。
栄養を無駄にしているのだ。無駄な栄養は大腸から出て行く。(肺と陰陽関係なのが大腸である)

沢山の酸素を取り込んでいる人は血色もよく、活動的である。→金運を得る。
逆に、呼吸が浅ければ、口ばかりで動かない体質となる。→金運を失う。

ほへとの風水の原点は、ボディワーク、気功から風水への興味と来ているから、身体も非常に重要視します。
関係無いように見えて、身体と風水とつながっている。

まぁ、呼吸と金運の話をしていくと尽きないのだが、、
金運というのは自律神経と関係がある。
お金と内臓の働き等を制御する自律神経も、自分の意志でコントロール出来ないものだ。
ヒステリックに怒鳴っている家も金運を失っていくし、
お金の回らない人は自律神経失調気味である。

呼吸法で自律神経を少しだけコントロールできる。
この辺りからも、呼吸→肺→金→西方位と、西が金運という流れも理解できる。

金運を上げる風水として、気持よく呼吸のできる家にしましょう!
posted by ほへと at 21:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほへとさん、おはようございます。
とてもためになる記事をありがとうございました。
深呼吸したくない家に住んでます;;
片づけ、掃除、頑張ります...!
Posted by たっちー。 at 2014年02月17日 04:33
最近性能のいい空気清浄機を買いました
結構高かったのですが、
いままで、部屋では絶対にしたいと思わなかった深呼吸が、いつでも出来るようになりました
そしたらちょっと仕事が早くなりました

元々綺麗好きで掃除ピカピカにしていたのですが
やっと活きてきた感じです

あと妙に「収穫」が増えました

気のせいではないかもしれないですね
Posted by susuki-neko at 2014年02月17日 07:37
とても興味深い記事でした。
私も、さまざま興味のままに実践していますが、結局身体づくりと痛感してます。(私の場合は、数秘、風水、気功へと出会い関心がでてきました。)とにかく、身体は、面白いです♪一番変化がよくわかる。近年ようやく自分の身体が好きになりました(笑)
次の記事も楽しみにしてます!楽しいです!
Posted by えりな at 2014年02月22日 08:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg