新着記事
東京対面鑑定:4月21日(日)~22日(月)・ボディワーク教室21日(日)夜「予約受付中
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2014年03月13日

人の悪いところが目に入る。

もう少しこうだったら、いいのにと。

人間は、達成したことは、達成したことで、よかったねとなり、
今までのそこを意識していたことから開放される。

まだ、達成できてない部分、改善出来る部分は、改善できるので、
どうしても、そういう部分に意識が留まる。

悪いところとを、良く改善できると思っているから。

それはいい意味でいうと、向上心のようなもの、
悪く言うと、心が狭いということ。

相手の為を思って言っているという気持ちもわかるが、
致命的な問題がないなら、それでいいやん。とスルーが大人の対応。
特に自分の気分によってそう言ってるならアウト。それはただの文句だ。

特に、自分と関係ない人なら適当に毒を吐いていてもいいが、
逆に、親しい人に、そういう事を、押し付けがちである。

人は人である。

自分がそれを見て、改善できるなら、自分を成長させたらいい。
だが、人の成長、それも、あなたから見た改善ポイントであり、
その人が、それでにっちもさっちもいってないなら、一言忠告も良いが、
そうでないなら、いらないお世話かもしれない。

人の悪い点は、見るなとは言わないけど、
いちいち人の悪い点を指摘し、改善させていくような人になりたいのか?
客観的に見ると、嫌な感じですよね?


よく、人の悪いところだけが見えるという相談があるが、
悪い点が見えるには、そういう性質であるということを理解すること。

とくに、いつも不平不満を持っていると、そういう癖になるというのはあるので、
外ではなく、自分にできることだけを意識するようにしましょう。
posted by ほへと at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg