新着記事

2014年08月07日

岡山・岸子邸(2014)・2/3 井倉洞

P1240539.jpg
朝から、衝撃的な光景が、、
岸子が、「今日は燃えるゴミの日」と言って、、ゴミ燃やしてた。

14073775993130.jpg
も、燃えている、、驚いていると、この辺は当たり前とのこと。

岸子の実家は、かなりど田舎で、水も源流に一番近いとのこと。
ふと見れば、ドブのような水路も、きれいな水が流れている。

これより、上に家がないので、生活排水も混ざらず、飲もうと思えば飲めるとのこと。

その水を引いて、アマゴをペットとして飼ったり、またその水で稲を作るから米(岸子米)がおいしいはずだ。

水道水ですら、ものすごくおいしいと姫路の姫が感激していた。

P1240547.jpg
さて、今日は、鍾乳洞を見に行くとのことです。

P1240554.jpg
満奇洞とあるが、、井倉洞という鍾乳洞の洞窟へ行く。

??満奇洞と井倉洞は同一人物か?福岡と博多みたいなものか?

P1240574.jpg
やはり、中はひんやり、思いのほかライトアップが美しく神秘的。

P1240579.jpg
だが、途中、かなり屈まないと通れない通路が辛い。
そこから、ぽかっとデカイ空間が現れるから、、おぉ!となるね。

P1240605.jpg
やはり、人間の浅知恵で作られたものとは違い、自然の造形は「エゴ」をスルーして、芯に染みるね。

P1240607.jpg
Jr

P1240630.jpg
さらに、井倉洞から羅生門という、ちょっと思っていたのと違うところにも行く。

P1240650.jpg
岸子の実家に帰ってきたら、お父様が、池のアマゴを捕まえている。まさか、、

P1240657.jpg
で、デカイわ。並みのアマゴではない、デカさと平べったさ(普通アマゴは細い)。
ちょっと小さい鮭だな(実際そうだが)。

都会からの客人をもてなすための生贄。アーメン。

P1240672.jpg
実家近くの岸子米も順調に育っています。
posted by ほへと at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg