新着記事
>☆ほへと電話鑑定「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2014年09月25日

LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6.

P1250114.jpg
LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6. を手に入れました。(左)
これは、非常に小型だが、俗にいう「標準ズームレンズ」というやつで、
35mm換算24mm-64mmをカバーする。重さはたった70gで手ぶれ補正搭載!
大きさはパンケーキのLUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH(右)と大きさでは少し小さいほどだ。重さも15gほど軽い。

ちなみにEOSKISSなどのAPS-Cの標準キットレンズは200g位するので、驚きのサイズである。

P1250117.jpg
使うときは、ズームリングを回して、手動でレンズを繰り出し展開する。

フォーカスリングが無いが、カメラ本体(GX7)の十字ボタンの左右か液晶モニタ上のスライダでフォーカスを合わせる。
しかし、やればできるが、おそらく誰もやらないであろう残念な機能である。
要するに、ピントは最悪手動でもできるが、このレンズはほぼオートフォーカスのみであるということ。

ちゃんとフォーカスリング欲しかったがこのサイズでは仕方ないか。

さて、画質だが。

P1250014.jpg
家の鯉ちゃんを撮ってみた。換算24mmで大迫力で撮れます。

広角の単焦点パンケーキ、LUMIX G 14mm F2.5 ASPH.持っているが、これは換算28mm
より、広角で撮れるのが嬉しい。

P1250027.jpg
この前の呑み会。これは換算32mm

まぁ、F値は3.5-5.6.という暗めで、パンケーキのF値1.7や2.5、ズミちゃんのF値1.4と比べると絵の輝きはおとなしいが、まぁよほどプレミアムなものを撮らない限り十分っす。

P1240992.jpg
これは望遠マックスの換算64mm

丁度高架に陽が落ちる瞬間。

P1250079.jpg
今日は京都御所(御苑)に行ってきた。
広角マックスの換算24mm

台風後の少し風の強い空だが、雲がカッコイイ。

P1250094.jpg
御所内の建物にできるだけ近づいて広角で撮影する。

暗めのレンズといえども屋外では十分。
何しろ、このサイズで換算24mm-64mmをカバーし、かつ画質も十分良し。
今まではパンケーキのLUMIX G 20mmやLUMIX G 14mmでお散歩だったが出番が減りそうですね。

今度の九州出張旅行もこのレンズが活躍しそうです。



posted by ほへと at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタルPHOTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg