新着記事

2014年11月18日

イチョウとスズメ(141118)

P1290025.jpg
近所の公園に来た。
樹はどれも色づいてきている。
寒くなってきた。

DMC-GX7とLUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6.でパシャリ!

P1290033.jpg
レンズを、LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4に交換する。

LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4は、開放絞りが1.4と明るく、かつ逆光などの状況にもしっかり撮れるレンズだ。

開放絞りが1.4とは、例えれば、人の目は興味のあるものを見ると、瞳孔が広がる。
絞りは、人の目にとって瞳孔の開閉だ。

明るいレンズで撮れば、目標以外はボケるので、より目標が際立つ。
しかしそれをキレイと感じるのは、実際の絵以上に、意識が興味とそのワクワク感を感じようとしているのかもしれない。

P1290036.jpg
開放絞りが1.4は、見ているものに集中しすぎるので(それ以外がボケるということ)、風景などには絞ったほうが良い。

このイチョウは、絞りすぎると、面白くないので、F4.5に絞る。

これで、少しは全体を見渡せる。人で例えると、興奮が収まって冷静になったという感じか。

LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4は、35mm換算で50mmという、広角でも、望遠でもない、標準という視野角だ。人の目の大体の見え方が換算で50mmということ。

P1290050.jpg
LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6に変え、スズメを狙う。

35mm換算で600mm、標準が35mm換算で50mmなので、600mmは12倍の望遠ということになる。
600mmの12倍望遠だが520 gだ、マイクロフォーサーズ用のなので、これでも恐ろしく小さい。

ちゃんと、スズメの立体感もあり満足。

P1290064.jpg
こっちにも、モワモワちゃんがいた。
木の影にいるので、黒スズメだな。

P1290062.jpg
「なんでやねん」
posted by ほへと at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタルPHOTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg