新着記事
> 10月26日(土)~28日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)27日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2015年02月01日

植物と身体の中心

植物の中心はどこにあるのだろう。

それは、葉や花ではない。また根っこでも無いだろう。
根と茎の境目であろう。
大根で例えればわかりやすいか。

大根の根と茎の境目を落とせば、もう芽が出ることはない。
逆に、切ったはずの薄い根と茎の境目から芽は出てくる。

中には、切った茎から根が出る強者もいる。
トマト系(ナス科)やバジルなど。

どちらにしても、根と茎の境目となった部分に生命力は宿る感じ。


そうなると、我々の身体の中心はどこだろう?
植物のように、身体の中心は頭(脳)や胸(心臓)、胴体(背骨)、脚足、では無く、

それは下半身と上半身の境目?

そこはどこだろう?

植物が一粒の種から成長するように。

そこは母親の子宮で成長する子供が種か?

丁度、子宮の位置が、植物で云う、根と茎の境目なのか?

ふとそんなことを考えた。

男性には、子宮は無い。
ただ、丹田という、子宮の位置辺りを開発する方法がある。

ライフワークで取り組んでいる。
肥田式強健術や座禅を通じて、なんとなく、その場所は明確となり、
やがて、その球状感覚は、小さくなっていき、突如、丹田の向こう側が見えた(気がした)。
明るく、みずみずしく、暖かい空間だった。
あぁなるほど、ここが中心なのか。生命の中心なのか?という感覚があった。

植物が発芽し、グングン育っていく生命力。
それを、気功でいうところの「気」という。
人体では、「丹田」が「生命力」「気」の出処だというか、当たり前に本当にそうだが、そういう意味だったのだ。

腹に力を入れる。という感覚ではなく、
腹から力が湧いてくる。という感覚。

身体の中心点が分かれば、その点は、縮小ではなく、拡大・伸長する力なのだ。

中心は、生命力の中心なのだ。
posted by ほへと at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg