新着記事
>☆8月7日(水):神戸(三宮)・大阪(梅田)対面鑑定「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2015年04月05日

風水の方位とほへと数秘2

ほへと風水は、ほへと数秘論である程度説明することもできます。
星レベルをシンプルな4方位で見ていくと、方位の本質が見えてきます。

4と言えば、オリジンタイプということで、前回、東とは、オリジンタイプAであり、西とはオリジンタイプBである。ということで、オリジンタイプCは南ということでした。

今回はその続き。

ではオリジンタイプDは?
でもDは北ではない。

その前に、前回のオリジンタイプCの南とは?

東は、太陽が登る方向、西は、太陽が沈む方向。
南は、太陽が一番高く昇る方向と言いましたが、

実は、南の方向は、南の方向ではない。

本当の南とは、真上です。垂直真上です。

実際、北緯23,4の地域では、夏至のお昼。太陽は真上にあり、影は消える。
地軸が、23,4度傾いているせいですね。
ということは、イコール、その時、垂直真下が北となるのです。

地球と太陽の星クラスで考えれば、23,4度は無視しましょう。

ほへと数秘、オリジンタイプで言えば、Cは垂直方向なのです。
さらに言えば、太陽と地球を統合する瞬間なのですね。まさしくオリジンタイプC。

思えば、植物は、そうんな感じの意識ですね。
おっ日が昇った、日が沈んだ。
今育てている、そら豆の葉は、昼間開き、夜閉じている。

そして、太陽(垂直上)に向かって伸びて、葉を広げる。
と、同時に、地球(垂直下)に向かって根を伸ばす。

となると、オリジンタイプDはどの方位だ?
オリジンタイプC以外となるので
南と北以外となるはずです。

星レベルは基本回転なので、自転一周がオリジンタイプDにあたるのではないかと考えています。

一に対する無限。がCとDの関係。

星レベルにおける、オリジンタイプと方位
オリジンタイプ
A 東
B 西 
C 垂直方向 
D 1日の時間(自転)

また、Dを公転(一年)で考えれば、AとBは春と秋ですね。(春分と秋分)

人間クラスは、地上陰陽5行化とインスタンスしているので、八方を意識しています。垂直を入れれば九方向となる。

ちなみに、星クラス、地球と太陽の関係から方位とは何かを?再定義すれば、

北は真下
北東は、東斜め下方向
東、水平東
南東は斜め上、上空の東
南、真上
南西、西斜め上、上空の西
西、水平西
北西、西斜め下方向

となります。
この辺りを考えて、風水の方位の意味に反映させると、奥深いことが見えてきます。
posted by ほへと at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg