新着記事

2015年04月15日

全部食べれる

ごぼうの皮はむかずに、亀の子たわしでこすって泥を落とす。
この辺りは、常識だと思う。

実は何気に皮を向いたり、ヘタを取っていたりしていた野菜は、実は全部食べられたり、その方が実はおいしく、栄養があったりします。

別に料理屋で出すわけではないので、ダイコンやレンコンの皮もむかない。

例えば、ピーマンは、全部食べます。
ヘタも種も取りません。
丸焼きが最近のお気に入りです。
本当に、ヘタも種も気になりません。
なんで取っていたのだろうと思うほど。

山芋をすってトロロを作るのに、よく最後のはしの方をすべって転がしますね。
実は、それは皮をむくから滑るのです。
キレイに洗い、そのまま皮付きをすりおろせば、すべりません。
しかし、味は気になるか?
いや、全然だいじょうぶだ。
舌触りが悪くなるわけでもない。

同じように、多少古くなって黄色く変色した菜っ葉も、どおってことはない。

生ごみが減ります。
というか、クズ野菜出汁が遠のきます。

でも、最も画期的な事に気づきました。

全部食ったほうが、調理が楽だ。
posted by ほへと at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg