新着記事
>☆8月7日(水):神戸(三宮)・大阪(梅田)対面鑑定「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2015年06月18日

ステージ・セット、ステージ3潜在意識

   /\(↑11) セルフ
  /  \  [ステージ3]
 / (↓12) \ 潜在意識
(9←)ーーーー(→10)
   /\(↑7) 気付き
  /  \ [ステージ2]
 / (↓8) \ 心の世界
(5←)ーーーー(→6)
   /\(↑3) 事
  /  \ [ステージ1]
 / (↓4) \ 現実の世界
(1←)ーーーー(→2)

ステージ3は潜在意識の世界です。

おさらいすれば、ステージ1は現実の世界、ステージ2は心の世界でしたね。

ステージ3は、潜在意識なので、顕在意識である心、エゴから認識することはできません。
しかし、エゴから認識できないから、存在しないと云うことではなく、古来宗教などからも、エゴを超えたところの意識や存在が語られています。

◯数秘9
数秘9は特殊である。と常に語ってきた、ほへと数秘であるが、
ステージ3に存在する数秘9には、2面性があります。
それは、意識が、エゴであるステージ2からか、潜在意識であるステージ3からかによって性質が異なるということです。

エゴであるステージ2からの場合は、ステージ1の現実を見るように、ステージ3の潜在意識を見ようとします。
しかし、ステージ2の心の世界で、ステージ3のオブジェクト(智)は認識できない。認識できないけど、潜在意識を見ようとするのが、エゴからの数秘9の性質ということです。
また、ステージ3のオブジェクト(智)を認識できないので、感受することもできないので、オリジンタイプBの数秘10は、エゴ側からは存在しないということです。

ステージ3の潜在意識に意識が移った場合は、数秘9は、オリジンタイプAの空間に出現した、オブジェクトである智(気付き)が認識できているはずです。
当然、智(気付き)が認識できれば、それを感受し、ステータスを得る数秘10も存在します。
そして、オリジンタイプABの智(気付き)の認識と感受という陰陽関係のバランスが取れたときに、
「自己」的な自分を発見するに至るという感じです。それが、数秘11であり、セルフであり、個であり、中心、精神というわけです。数秘12は、それを下次元に現象化したものです。個の人生ということですね。


      /\(↑11) セルフ・個
     /  \  [ステージ3]
    /    \ 潜在意識
智認識(9←)ーーーー(→10)智感受
      (↓12)人生

現実という物の世界で、事が生まれ。
心という事の世界で、智が生まれ。
潜在意識という智の世界で、セルフが生まれる。

ステージ3では、下次元のエゴが気付いた「智」から、本当の自分である「セルフ」を作り出す。
セルフは数秘11のステージ3でも上位次元にある。それを示すのは「名」ですね。
自分が確立してくれば、「名」も重くなってきます。

よく、自分が変われば、世界が変わるというが、心を変えても何も変わらない。
むしろ、ころころ変わるのが心の語源くらいの勢いです。
自分が変わるとは、智である気づきの、さらに次元上の「セルフ」を作るということです。
セルフが生まれることが、新たに自分が変わり、レベルアップ(成長)したということです。

「自分」の定義を「エゴ」から「セルフ」にシフトしましょう。

次回は、夢と死について。
posted by ほへと at 19:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相変わらずほへとさんの数秘概念は面白く興味深いですね。

意識して感受して気づきを上位次元へ落とし込む、その繰り返しでセルフに目覚めてセルフの集合意識?へつながって。
自分のふりしたエゴの偏りを知ってコントロールすることの大切さを改めて感じました。
Posted by asumi at 2015年06月19日 11:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg