新着記事
> 12月14日(土)~16日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)15日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2015年07月09日

ステージセット・カオスから二極化

・カオス
上位ステージライン上の選択された一点(C)は、ディセント(次元降下)を行い、
下位ステージを形成する。

ディセントした下位ステージは不完全な状態である。
次元降下は、上位の真理を下位ステージで具体化したという感じだが、
その下位ステージの意識にとってはまだカオスにしか認識できない。

また、ディセントされた世界は上位から与えられた世界である。
このステージの意識は、まずこの世界を観察し、徐々に体験していくこととなる。

      C 
     /↓\
    / ↓ \
   /  ↓  \ 
  〜〜〜〜〜〜〜〜〜 具体化(インスタンス)
      線D

この展開されたDは、カオス状態である。

上位ステージの意識から観察すれば、線Dは、Cを具体化していることを理解するが、下位ステージから見た線Dは、カオスということです。

例えれば、ステージ1の「スプーン」は、ステージ2からは、食べるものをすくったりする道具と理解するが、ステージ1のスプーン自体は、自分の存在理由を理解できない。

・二極化へ(カオスから)
意識の活動は方向性を持つ。それはやがて極性を生み出していく。
それが、ある臨界点まで達すれば二極化する。
二極化は、さらに反発し合い発達していく。

二極化は、様々で無限に存在する。
空間と時間。未来や過去。東や西。だけではなく、
男と女、愛や憎しみ、戦争と平和、黒と白、高いと安い、うまいとまずい。

また、同じものでも意識により、対立するものは変化する。
例)水と油、水と火、水と氷


陽極←ーーーー→陰極

二極化の反発では、結局強い方が勝つ。
そういう意味では、今の政治システムの限界、政党の極化、対立構造の政治では人を幸せに導くことは難しいと思える。
正しい、正しくない、戦争する、しない。反対、賛成。


ディセントされた世界を意識していくにつれ、当初受け入れるしか無かった、未知なる世界を意志で変えようと思うに至る。
それには十分な過去の蓄積が必要である。
未来と過去は二極化し、
さらに成熟してくれば、未知と過去が拮抗して、統合が見えてくる。


ともかく、様々なカオスな事象は、二極化することにより、はじめて「思う」「意識する」から、「考える」ことが可能となる。

ブレークスルーだ。

今日はここまで。
posted by ほへと at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg