新着記事
> 10月26日(土)~28日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)27日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2007年05月25日

遠心力と重力

地上に生きていると、重力に魂を引かれてしまいます(笑)。

重力は、宇宙からこの身体を通して、地球の中心点に行き着く力です。

遠心力は地球の中心点から、この身体を通して、宇宙の果てに向かう力です。

地球に感情があるなら、きっとこの身体を通過した重力を感じているのだろう。

地球に意志があるなら、きっとこの身体を通して表現しようとしているかもしれない。


身体では、この重力と遠心力が常に戦っています。

例えば、人前で緊張し、あがってしまった場合。
遠心力が勝り、地球から離れてしまっています。
これでは、まさしく重心があがった状態で、落ち着いて物事には対処できません。半分金縛り状態です。

また、悲しい事があり、落ち込んだ時。
重力は勝り、宇宙から離れてしまいます。
そして、重心は地面にめり込み、床と一体化を形成しているかもしれません。

一番、パフォーマンスを発揮する位置の一つに、丹田という骨盤中心部がある。

上手くそこに重心を導けば、一番身体が軽く感じ、エゴが自由になります。

多くの人は、残念ながら、通常は重心が下がりすぎ、動けば上がりすぎと、不安定です。
その不安定さは、意識のエゴの不安定さに直結しています。

基本的に、
遠心力をコントロールするのは、つま先、腹。
重力をコントロールするのは、かかと、腰です。

姿勢でいうと、胸張って(みぞおちだが)、重力に喧嘩を売っていると、負けると腰は砕けます。

重力は受け入れること、感じること。
ここでは拒絶できない。

遠心力は、自分の意志だ。
上手く、この受け入れと意志のバランスが取れれば、幸せになれるかも。

遠心力ばかりでは、やがて地面と一体化しますよ。
posted by ほへと at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
以前少し前に鑑定で、お世話になりました。
ここではanと名乗ることにいたします。
(母音が偏っている私です。記憶にございますでしょうか?苦笑)
お体のほうは、いかがですか?
本日の話、また難しいですが、やはり人間は姿勢を正して、立っていないとダメですね?
おなか、おへその部分かな?気合を入れなおそうと思います。
また、いいお話を聞かせてください。
Posted by an at 2007年05月30日 13:43
位置は女性では子宮の位置と言われています。

力を入れるのではなく、重みがそこに掛かるように、そんな姿勢がエゴを押さえます。そしてエゴを生かします。
Posted by ほへと at 2007年05月30日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg