新着記事
> 12月14日(土)~16日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)15日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2016年04月06日

桜を眺めつつひとりごと(2016)

DSC_0863.JPG
最近のお気に入りは、スマフォに広角&接写スマホレンズ(DIMEのオマケ)で撮影することだ。
デジカメは見事に現実を写してくれるが、このセットの低い解像感も歪みも、心を写してくれている感じがするからだ。

DSC_0856.JPG
私とあなたが、ステージ1(現実)でまったく同じものを見ても、ステージ2(心)では、まったく違うものになるのです。

DSC_0857.JPG
桜は、身体を通じて、ステージ2の心に映っている。
視覚は、五感というものは、ステージ1の情報をステージ2に伝える。
現実の情報を、心に伝えるために脳内で変換する。

DSC_0872.JPG
心に映る映像は、各個体の見方を作り出す。
そこに、何かしらの思いも添付されるのだろう。
散る花びらのように、それもきっと忘れてしまうだろう。

DSC_0880.JPG
もし、ステージ1の現実という世界が幻なら、実際この目の前の桜は存在しないということなのか?

唯識では、私が見るから(意識するから)、「桜」は存在するという。
まったく桜に興味が無い人には、「桜」は存在しないということ。

DSC_0885.JPG
同じ風景を見ても、人によって意識する場所は個々に違う。
まったく同じ場所を見ても、「思い」は違う。

DSC_0892.JPG
あいつは、どんな「思い」で、桜を眺めていたのだろうか?
同じ桜を眺め、酒を呑んでいたのに、それがわからない。

DSC_0889.JPG
毎年、眺めるが、同じ形の花の形を、飽きずにいくつも眺めるものだ。
意識は花びらを見つめて、湧き出る思いは、確かに毎年違う。

ある日の絶対的な状況、そんな記憶も、歳を重ねれば、違った見方ができるようになっている。

毎年同じものを見るから、今年の自分がわかるのだろう。
来年はどんな思いで眺めるか?

過去の記憶も、絶対的な状況も、エゴが成長すれば意味合いは変わっていく、というだけのこと。

DSC_0898.JPG
ステージ1の絶対的な、「桜」が目の前にある。
ステージ2の相対的な、「桜」が心の中にある。
ステージ3の潜在意識の中に、「私」にとっての「桜」が、この思いを作る。

ステージ4で私が消えた時、全ての「桜」と全ての「人」の接点(全意識)が溶けあって、星(生命)のカケラ(集合)を書き換えているだろう。
ステージ5のひとつの生命(星)へ帰る。
posted by ほへと at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じ想いかどうかなんて、実はそれ程重要じゃないのかも。

そりゃあ同じ想いなら言う事ないかもだけど、

同じ時、同じ場所で、同じものを見れた事実が
きっと幸せで嬉しい。

たとえ心の中に生まれた想いが違っても、
一緒に見れたからこそ、
生まれた想いなんですから。

始まりと言われる季節の花なのに、
去っていくもの、亡くした人を思い起させる
不思議な花ですよね。

インフルこじらせて一週間ほぼ寝たきりしてました^^;

今年は満足に見られなかった。桜…。
Posted by y.n. at 2016年04月17日 09:51
y.n.さんへ、そうですね、一緒にみれたことがよかったのですね。知恵熱ですか?
Posted by ほへと at 2016年04月22日 22:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg