新着記事

2016年07月29日

さざれ石ツアー(1/2)

14696722054160.jpg
岐阜の山奥に来ております。
ポケポストは360度見渡しても発見できず(泣)。

P1430149.jpg
実に怪しい「モリモリ村」というところに来ています(涙)。
久々のキリギリスの声が懐かしい。

P1430145.jpg
目的は、地図下の「さざれ石公園」、伊吹山の東なのだな。

P1430275.jpg
「さざれ石公園」に到着。
緑が美しく、ヒグラシが鳴いている。

P1430247.jpg
滝っぽいけど、撮影はむっちゃ怖かった。

P1430257.jpg
何故か、このツアーに、ゆうやも参加している。
完全に場違いだろ。

今回は、大人10人、小学生低学年2人、乳児ひとりの13人のグループが2チーム編成で2台の車で来ています。

P1430258.jpg
さざれ石、国家君が代 発祥の地。とある。

P1430259.jpg
なんか、スゴイことになっている岩がさざれ石だそうだ。

P1430266.jpg
イマイチ、さざれ石の事はわからなかったけど、
「石灰石が長い年月に雨水で溶解し、その粘着力の強い乳状液(鍾乳石と同質)が、次第に小石を凝結、だんだん巨巖となり、、」とある。
通常、岩が石に、石が小石になるところ、小石から、石、石から岩へと成長する点が、さざれ石の珍しい点。

藤原朝臣石位左衛門という人が、「わが君は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで」と歌ったそうです。
その末裔で、今もさざれ石と共にさざれ石の精神を守っておられるご老人がおられるそうです。
藤原重行さん93歳。

さざれ石献上というのが興味深い、皇居、明治神宮、文部省、池田勇人、吉田茂、伊勢神宮から、
天皇皇后両陛下、皇太子皇太子妃両殿下、中曽根康弘、

また、藤原重行(93)さんから、さざれ石を献上されることが重要なようです。

P1430157.jpg
その藤原重行(93)さんに会いに行くようです。

道中の細い田舎道に美しい花。
posted by ほへと at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg