新着記事

2007年06月12日

マウスを買いました。(Wireless Laser Mouse 5000)

以前の寝違いがイマイチ完治しない。
と思ったら、どうも只の寝違いではなさそうだ。

振り向こうが、重い物も等が、腕を上げようがなんて事は無いが、

マウスを持つと、肩から背中にかけて痛みが走る。
これは、腱鞘炎どころではなく、上位病状の、頸肩腕症候群っぽい感じです。

最近、アップルマウスの小さなポチが反応しなくなって来ていたせいもあり、やたら肩腕に力が入っていたのかもしれない。
また、左手が限界に来たら、仕方無く、右手でマウスを操作するのだが、今度はコードが邪魔だし、、

そんなわけで、使い易いマウスを新たに買う事に決めました。

まず、マウスは左利きである。

最近のマウス売り場は、左右非対称の物、右専用が多く、左で持った時に、、サイドのボタンが押せないという事態や、普通に左では持ちにくかったりする。

今回のマウスに要求する点は
・左右対称
・ワイヤレス
・高解像度(600dpi以上)
・OSX対応
・5つボタン

いろいろ探しました、結局OSX対応はマイクロソフト製くらいしか無く。
以前では考えられないが、素直にマイクロソフト製のマウスを買う事にしました。

持ち易い重さと機能で
Wireless Laser Mouse 5000に決定!
既にヨドバシカメラは閉店5分前(何故かポイントがいっぱいついた)

さっそく試してみる。

ドライバーをインストールして、ポインタ速度などを好みに、設定をする。
Expose´の設定が分からなかったが、
ボタン設定で 任意のボタンに「MacOSにより実行」を選び

Dashboard と Expose´でマウスボタン任意でオッケーでした。

最初はワイヤレスの為か、数ms遅れる感じがしたけども、慣れ。
大きくなった分、狭い机で動かしにくいと思いきや、高い解像度とマックスのポインタ速度で、少しの動きで非常に良く動いてくれました。

また机の上に置いた、レシーバーでも、机の下でも操作出来ました。
ワイヤレスは電池2本で半年持つようです。

P1160899.jpg
Wireless Laser Mouse 5000 
この5000は多分5000円の意味
posted by ほへと at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | マックやiPodなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg