新着記事

2017年03月21日

XR50モタード(3)、販売店!?にて

結局、京都の南方面の店か。大阪の北方面の店のどっちかまで絞る。

XR50モタードは、改造車が多いが、大阪のはノーマル、京都のは、けっこういじってる感じ。
またあまりに走行距離が低いのも、10年前のバイクからすればかえって怖い。

大阪の店の方に、現物を確認したいとメールして、約束を取り付ける。

当日、グーグルMAPに従い(遠回りして)、大阪の店に到着。
こ汚い、解体業者かバイク屋かわからない感じの怪しい店だが、(安かったし)
まぁ、個人から買うよりは、個人から買うよりは、マシだろう。多分。

約束の時間、少し前に来たら、担当が不在だった。
まぁ他のスタッフの仕事のじゃまはいかんので、外で待つ。

やがてバイクを載せっけたトラックがやってきた。
待ち合わせを15分以上遅れて到着。

担当らしき、やや適当な感じの、サンドウィッチマンのヤクザ風の方に似ている感じが、
ヤクザ風と手下どもは、手際よくバイクを積み下ろしする。

そこから、XR50モタードが保管してある倉庫に向かうとのこと。
トラックの車内に乗り込んで、道中、伊達ちゃん(仮名)と、今回のいきさつなどを話しつつ。
倉庫とやらに到着。

倉庫から、XR50モタードを出してくる。
京都の人に人気らしい。
大阪では、完全にオンロードタイヤに変えて乗っているそうだ。
オフロードはめったに見ないな。と言っていた。

とりあえず、乗ってみますか?と言われたので、乗ることに。

伊達ちゃんが、頑張ってキックしてエンジン始動を試みるが、
なかなか、かからない。期待が、焦りに変わり始めたとき、
チョークを引いて、なんとかエンジン始動。
伊達ちゃんバカだから、ブォーン!ブォーン!とでかい音でエンジンを空吹かす。

が、しかし、ギアを入れた途端エンスト。
一抹の不安が横切るが、、見守る。

クラッチがくっついて?ギアが入らないそうだ、それを、伊達ちゃんがバイクと格闘しながら、クラッチを剥がし、ようやくギアが入る。
ガレージ内をブロロォーと何周かして、ほへとも乗ってみることに。

もう久しく乗ってないので、ニュートラルが一速のちょい上ということも忘れ、
一番下じゃないのか?と焦る。
しかし、身体は覚えている、何度かニュートラルに入れるが、一度も失敗せずに入れる。
初心者にはできないことだ。と伊達ちゃんがよいしょ。

走った感じは、むっちゃいい感じ。
エンジンもすごくスムーズで、パワーも十分な感じ。

17218770_1300921063309376_257565938154265321_o.jpg
むっちゃ楽しいな!

まぁ、元々、多少ぶっ壊れても直せる車種なので、
また、会話の中で、伊達ちゃんが、いつでも、改造やパーツの取り付けするからと言っている。
粗悪品を売りつけてサイナラという感じはない。

伊達ちゃんの人柄も嫌いではないので、3秒ほど迷ったが、購入することにした。

トラックの中で、いろいろ書類を書いたり、お金払ったり、
販売証明書をくれるが、なんか異様に店の印が薄い。
これ薄すぎませんか?よく見たら押してあるのがわかるから、大丈夫。とのこと。
本当に大丈夫?見えないよ?
大阪では大丈夫とのこと。

この販売証明書を持って、区役所でナンバープレート発行してくれる。
大丈夫か?これで発行してくれるかな?
ナンバープレートをまた持ってきて、XR50モタードに取り付けて、京都まで乗って帰る計画。

それまでに、バイクの整備お願いしますよ。ちゃんと。

まぁ、何事も、そうそう簡単には行かない。
駅まで送ってもらい。
京都へ帰るのであった。
posted by ほへと at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448210792
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

kantei_logo.jpg hhm_logo.jpg