新着記事
> 12月14日(土)~16日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)15日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2017年11月08日

カキフライに挑戦!

この前買った電気フライヤー・レコルト ポットデュオ エスプリを使って、カキフライを作ることにした。

P1520373.JPG
惣菜コーナーのカキフライに目が止まり、それを買おうとしたが、頑張って、自力で作ることにした。
割引だが、生食用のカキをチョイス。しかし、実はフライなんて作ったことがない。
スマフォで、ちょいちょいと調べて、薄力粉とパン粉も買った。というレベル。

P1520375.JPG
水分をキッチンペーパーで取る。

P1520374.JPG
どうやら、ネットでカキフライの作り方を調べると、卵と小麦粉を最初から混ぜるようだ。
普通のフライとは行程が違うらしいが、その普通を知らん。

>おばぁちゃん直伝!簡単&絶品カキフライなどを参考に。

P1520376.JPG
パン粉をつけるのに格闘しながら。

P1520378.JPG
パン粉を付けたら、いったん冷蔵庫で10分ほど休めるそうだ。
破裂防止らしい。

P1520380.JPG
さて、電気フライヤーの火力を最大にして、油が170〜180度に達し、ヒーターが切れるのを確認し、
カキを投入する。
いかんせんはじめてで過去の経験がないので、レシピ通り投入後1分は触らず、ひっくり返して1分で引き上げる。
しっかり余分な油を取ることも。
この時に、非接触レーザー温度計で、カキフライの表面温度を観察する。

IMG_20171107_200426.jpg
最初は、1つ。あとは2つづつ投入する。
油の温度が下がらないようにと油が飛び散らないようにフタも。

P1520384.JPG
できた。消化を助ける、少し荒いキャベツの千切りの上に乗っける。

P1520387.JPG
タルタルソースと、かぼすの果汁で頂きます。

おぉ〜!うまいやん。
やっぱ、スーパーの出来合い物とは全然違うな。

次回は、揚げる時間をもう少し試行錯誤してみよう。
posted by ほへと at 20:52| Comment(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg