新着記事

2018年09月06日

北海道胆振東部地震

名称も「平成30年北海道胆振東部地震」に、震度6強から震度7に引き上げられた。

山が崩れ、民家が飲み込まれたり、北海道全域で停電など、驚くほどの災害でした。

しかし、誤解を恐れずにいうなら、この程度の被害で済んだこと。
もちろん、命を落とした方、家を失った方がおられるのは承知しています。

その点、震度7というなか、不幸中の幸いと考えたいです。不謹慎ですが。

日本株も暴落してるわけでもなく、ビットコインは大暴落してるようだが、、(いつもだが)
市場もとりあえず冷静っぽい。

今後夕張の破綻や、JR路線の廃線など、経済的に厳しい北海道で、復興も大変と思いますが、
頑張って復興していきましょう。

というのは、21号の台風も、大きな爪痕を残しましたが、そしてすぐの北海道胆振東部地震、
まだ、占術的、方位マネージャー的には、これらの日は、それほどパワーが強くなかった点が幸いしたのではと思う。

思えば、東日本大震災は、2011年3月11日は、方位マネージャー最大吉04,01,03の並びの3日間の初日でした。
パワーが一番強い、その並びなので、想像を絶する、大変な犠牲がでました。原発事故も。

熊本地震、2016年04月14日は、方位マネージャー最大吉01番の日でした。15日が03番、
16日は最大凶60番の日でした。

経験上、01番や、04,01,03番の並びには、台風でなくとも自然災害が想像以上に深刻な事態になる。

比較することも、ナンセンスなのかもしれないですが、
今回は、そんな大した日でなかったので、致命傷では無いと思うので。(きっと)

今後も、スケールのでかい台風や地震など来るだろう。

必要以上な不安や恐怖心を持つべきではない。
おそらく、酷い災害はやってくる。
どんなに嫌がってもね。

安全な場所は無い、危機管理能力を高めないといけないと思う。

今回も大停電という、問題点が浮き彫りになった。
TVニュースも見れないのだ。

それの対応も考えていきたい。


願わくば、パワーの強い日と災害が重ならないことを願いたい。

そして、自分の人生が全うできるように、前向きに生きていきましょう!
posted by ほへと at 22:25| Comment(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg