新着記事
>☆8月7日(水):神戸(三宮)・大阪(梅田)対面鑑定「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2018年10月08日

意識の向上と堕落

意識の高さは自分と対象との関係性を対等化する。
決して、自分を無くして相手に奉仕することが意識を高め、精神的向上ではない。

対象は、現実の出来事なのか、物なのか人なのか。

それにたいして、意識はABCDの4つの方向がある。

A 支配系。自分を主、相手を従とする。
相手は自分のもの的意識。親子関係。パワハラを生みやすいやつだ。
自分は変わらず、相手を変えさす関係。

B 依存系。自分を従、相手を主とする。
恋愛における、自分を相手に捧げたい。相手がいなくなると自分はダメになる。
自分を無くし、相手が絶対の関係。

AもBも意識を向上させ、AはもっとBの立場を上げ、自分と対等に持っていき、Bは自分を持って相手を変えるつもりで。
宗教の良くない点は、教団と信者が対等ではなく、支配や依存関係である点。
宗教だけでなく、昨今よく問題となる組織や団体も同じ。
無論、人間関係、家族、パートナーとも。

C 自分と相手の立場の統一
自分と相手の立場を均等に持って行こうとする。
それには、精神力が必要。
どうしても、自分に甘くなる傾向がある。
また、均等に持って行けても一瞬だったりで、継続する必要もある。

D 自分と相手の立場の分離
自分と相手の立場を強調し対立させ、分離させる。
裁判等で、自分の立場の正当性を主張し、相手の立場は否定する感じに似ている、
政治等の右や左の主張など、最初から歩み寄りの意志のないやつ。
被害者意識、相手を加害者。

意識の成長はなく。精神の堕落である。
しかしこの世界では、安定してその力を継続しやすい。

だが、最近の地上では、徐々にその傾向は弱まりつつあるので、精神の堕落方向へ向かわないように。

posted by ほへと at 22:39| Comment(0) | スタンディング・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg