新着記事
東京対面鑑定:3月1日(金)~3日(日)・ボディワーク教室3日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2018年11月30日

「命」という言葉は

「命」という言葉は、なんとなく「私の命」と解釈される。

私と命は切り離せないのではある。

しかし、「私」が「命」を所有しているという、上下関係はいただけない。

私がいるから命がある。否!

「命」があるから「私」がいるのだ。

大脳新皮質が死んでも、脳幹が生きていれば、「命」はあるのだ。

そもそも、「私」が眠って、この世界にいなくても
「私」は生きている。
私とは?

まず、「命」はひとつである。次元を3つほど上げれば、(ステージ5領域)
ロングロングアゴウ。
ひとつの命である、一個のバクテリアが誕生する。
多細胞生物になり、原生生物になり、脊椎動物(魚)になり、哺乳類になり、それはDNAに刻み込まれている。
何十、何百億の人間というエゴを生み出すに至る。

「命」があるから、私がいるのだ

「私」は「命」の一部なのだ。
「私の命」も「命」の一部なのだ。

「命」という言葉を、もっと大きなものに解釈したい。

「私」を「命」に捧げるのだ。
posted by ほへと at 19:32| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg