新着記事
> 12月14日(土)~16日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)15日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2019年10月16日

■地球降下作戦、形状と意識(1)

意識というものが生まれたとき。

何かを意識するということは、
意識している「元」と、意識される「対象」が存在することとなる。

意識している「元」は、「対象」を意識したことにより、それを知ろうとするのだが、
その意識の力は、やがて、内と外という2つの世界を創り出した。

次元において、「内」と「外」は、1 対 無限であり、
「内」が上位、「外」が下位となる。

「内」と「外」は、「私」という意識する元と、意識される対象である「世界」のことである。

「私:内」→「世界:外」 遠心力、無限に向かう、アロー
「私:内」←「世界:外」 求心力、1に向かう、バック

それを、形に表すと、円や球体となる。
その形は、星や細胞と同じ、円や球体となる。
内に向かうか、外に向かうかだ。


姿、形状は意識を表す。
人間の形状は、上下は対称ではない、前後も対称でない。大体左右対称だ。
意識として、上、下、前、後、横(左右対称)という、これを五行という。
それに、私と世界という、陰陽が付き、陰陽五行という。

これは、ステージ3レベルの魚類から継承している。
ステージ4レベルの原初生命体では、陰陽二行であった。
植物のような、上下に成長する生き物、前後に動くミミズのような生き物。
上下は、重力に逆らう上と、重力に従う下。前後に進むことは、未来や過去という時間軸を生み出す。
この上下、左右の各二行が合わさって、より複雑な五行に進化していく。
逆に、ステージ4レベルの上、ステージ5が細胞レベル。
ステージ5の細胞の形状は、球体。
上も下も、前後も左右もない。
あるのは、内か外かの陰陽だ。

人間は、いろいろなことを考え、多種多様なものを生み出してきた。

我々は、たった一個の受精卵から。
たった一個の細胞内の設計図から成されている。

それは遥か、地球仮想時間で、40億年ともいわれる生命の誕生という一個の細胞(バクテリア)から延々と続いている。
あらゆる生命は、時間や次元の角度をちょっと変えれば、全ての生命はまったく一つであると言える。

ともかく、そこステージ5から子宮内に、降下してきた、
受精卵は何を思うか?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーほへとCM
>ほへと占術研究室 数秘/生年月日  ※各自の数秘はここで調べてください。
>電話・対面鑑定申し込みフォーム  ※気楽に相談してください。

posted by ほへと at 21:10| Comment(0) | ほへと数秘論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg