新着記事

2020年07月21日

土用丑の日 「うな丼」(200721)

昼間、エゲツない雷声だったが、某ゲームでの、雷にはうな胆(うな肝)という言葉が蘇った、
そうか、今日は土用の丑か、うなぎ食えということだな。
と都合の良い動機づけを行う。

P1580400.JPG
夜ご飯は、うな丼です。

P1580374.JPG
スーパーで、一番安い750円と三つ葉を購入。
いいやつは、流石に高い。手が出ん。

今晩はちょっと気合を入れてうな丼を作ることにする。

P1580376.JPG
錦糸卵を作る。うな丼には、御飯の上に錦糸卵が欲しい派。

P1580378.JPG
ほへと的には上出来の錦糸卵、のりもハサミで細く切る。

P1580381.JPG
さて、この安い中国産のうなぎには、タレか油かよくわからない物質が塗りたくられているので、
鰻をお湯に漬けつつ、塗りたくられたものを丁寧に取り除きます。

ネット情報では、これで変な臭みがなくなる。

P1580388.JPG
それを、酒を振って、電子レンジで温めます。

それを更に、焼きます。(焼肉用)

P1580391.JPG
付いてたタレをかけます。タレば別売り買ったほうがいいな、少し足りなかった。(まぁ洗ったしな)

これで、ふわふわでかつ香ばしい鰻が焼けた。

P1580398.JPG
三つ葉と、山椒振って、完成!

posted by ほへと at 22:02| Comment(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg