新着記事

2020年07月27日

身体操縦と筋トレ

身体操縦という適当な言葉だが、車の運転・操縦のようなものだ。

基本的に、軽でも、高級車でも、トラックでも、運転は同じようなもの。
しかし、車体やエンジンのパワーなどによって、その挙動は違う。

身体も、筋トレやもしくは怠惰な生活によって、パワーが上下する。
ところが、まったく同じような、操縦をしている。

スクワットして、太ももの筋力がアップすれば、歩き方を変えなければいけない。
歩き方とは、単純な歩く速さとかではなく、重心の位置、地面の感触、つまさきや頭頂等の繋がりなどを、改善していく。

せっかく、トレーニングしても、プロテインかビール飲んで終わりではもったいない。

ボディビルやダイエットで、カッコいい肉体を手に入れても、それはあくまで、車体自体のようなもの。
それを、うまく操縦して、身体となる。


身体操縦のポイントとして、どうしても、上半身ばかり意識が行きがち。
胸を張ったり、背筋を伸ばそうとしたり、、しかし、それが、真っ直ぐ、垂直の姿勢から離れていく。

まずは、全力で重心を下げること、体重を垂直の脚から地面に落とすこと。

足裏をまず、つま先とかかとと意識を分けて操作する。
太ももの表と裏も分ける。

真っ直ぐ立つには、太もも裏が重要。かかととお尻を繋げることも。

うまく、地面を垂直に押せれば、股関節は伸びて、上半身の緊張も落ちていく。
ということなので、
寝転がってTV見たり、変な姿勢でスマフォをずっと見たりとかは、そのうちクラッシュしますよ。


大事な点なので、もう一度いうと、

肉体と身体は違う。

肉体:車体
身体:ドライビング


肉体が意識に勝ると、肉体はサボろうとする、楽しようとする。

常に、肉体を意識し操作していること。

posted by ほへと at 20:36| Comment(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg