新着記事
東京対面鑑定:4月21日(日)~22日(月)・ボディワーク教室21日(日)夜「予約受付中
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2007年07月15日

腕の重さの行き場について

教室の生徒さんで、
肩を痛めて腕が上がらない人がいた。

姿勢を見れば、大体分かる。

腕の重さが、前に来ていないのだ。

まぁ肩こり系の人もそうだが、
基本、みぞおちを反っている。
よく言えば、胸を張っている(つもり)。

肩の痛い人はさらに、肩を後ろに引いている。

本人は胸を張って、良い姿勢にしたいつもりだが、
そういう姿勢だと、腰に負担がかかるだけではなく、腕の重さ自体の行き場が無いのだ。

いつもいつも繰り返して言っていますが、上半身は、上半身の力で緊張してはダメ。
基本は上半身は脱力して、かつ本当に力が抜けている事(こってない事)

腕、一体はどこから生えているだろう?

少し考えて下さい。

腕は、背骨から生えていない。

鎖骨を経由して、胸骨に腕の重さが掛からなければダメです。

多くは反っている為に、鎖骨ではなく、背中側の肩甲骨に腕の重さが掛かってしまい、
腕や肩の重さをアースすることはできない為に、
腰を痛めるか、僧帽筋で吊り上げ、肩こりを引き起こすかだ。

この生徒さんは、肩の力が抜けた為に、その腕の重さが背中に流れた事が原因だと指摘した。
前に、胸に、胸骨に、腹筋、股関節、そして足に重さが抜けるトレーニングをして、痛みはマシになったようだ。

腕の重さは、鎖骨を経由して胸骨にかける。
結果、腰が丸くなる、足裏(特に足の親指、かかと)に力を入れて、腰を立てること。

足に力を入れて腰を立てること、似ているが、腰を反り返して腕に力を入れるのではない。
腕の重さを足に落とす事を考えて下さい。

ダンベルかペットボトル、本などを手に持って、鎖骨に腕の重さが掛かる事を感じてみて下さい。この場合は特に手は小指を中心に力を入れて下さい。
(親指,人差し指を中心に力を入れれば僧帽筋で吊り上げてしまう)
posted by ほへと at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg