新着記事

2021年06月01日

やきまるで、魚介類。

IMG_20210526_2034164.jpg
やきまるで、塩サバを焼く。
やはり、スーパーでの惣菜の焼き魚は、、いまいちというかカスカスで全然ダメ。
良い魚やのは結構お高いので、自分で焼くのが一番。

最初に油を引かないと皮がくっついてひどいことになるので注意。

やきまるで学ぶのは、強火ではなく、弱火でじっくり焼こう。

P1600241.JPG
サザエを焼く。
最初は、下向けて炙り、水を吐き出させる。
でないとそれ、サザエの出汁でなく海水やし。
それから上向けて、炙る。
サザエは、わざわざ人間に美味しく食われるために進化してくれたので、
付属のつぼ焼き用のツボをうまく使おう。
沸騰してきたら、もう中の身は茹で上がってるので、醤油を垂らして完成。
あまり、しつこく焼くと、一番美味しい、先の肝が殻にくっ付くので注意。

焼肉用のやきまるだが、気づけば、魚介類ばっかやん。

でも、実は、上の部分を家庭用ガスコンロなどでも使えるのでオススメ。

posted by ほへと at 21:24| Comment(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg