新着記事

2021年06月05日

書道教室の思い出

ほへとは字はむっちゃ汚い。

しかし、小学校の頃は、書道教室に通っていたのだ。

思えば、2箇所の書道教室に通っていたのだが、

最初のは、近所のお寺で、そこのお坊さんから書道を習った。

まず、正座して、すずりで墨をすることから始まる。
今思い返せば、渋いお堂かな、すごく贅沢なところで、書道を習っていた。
しかし子供心に、墨をするのの面倒さなどを不満に思っていただろう。

それからある日、理由はわからないが、そこの書道教室をやめて、違う書道教室に行くこととなる。(大人の都合?)

そこは、業界大手っぽい。毎月冊子などが発行されていた書道教室のチェーン店?

しかし、子供心に思ったのは、!!??

いやいや違うやろというものすごい違和感だった。

正座ではなく、テーブルで椅子に座り、いきなり墨汁ドボドボで、ハイ書きましょう!
という感じで、今、思い返せば、ほへとには合っていなかったのだろう。
実際の上達の実感とは程遠く、みるみる級が上がっていったのを思えている。でもやっぱり字は汚い。

おそらく、前のお寺では、書道を通じて、いろいろ教わっていたのだろう。
墨を自分でする大切さなどを教わったから、次の違和感があったのだろう。
2つ目の書道教室は、今行くかと言われたら、絶対行かないな。
1つ目のお寺、もし実家近所にいったら顔だそうかな。

今のほへとから、正座して墨をするという行為は、ボディワークの観点からすごく身体に良いのが分かる。
どうしても、テーブルと椅子では、身体が反るのだ。重心が不安定になる。

テーブルと椅子では、意識的に腰を立てないと、腰が曲がりやすい。
正座で、前方に力を入れる仕事をすれば、骨盤は前に倒れ、重心は前方へ行く。

たまには地べたに座ろう。
テーブルと椅子から。
地べたに座って、食べたり、本読んだり、絵など書いてみよう。




posted by ほへと at 16:06| Comment(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg