新着記事

2022年09月07日

身体という字について

ほへとは身体と書いて「からだ」呼んでいる。

体でも「からだ」と読める。
体の「イ」人偏(にんべん)は人を横から見ている形。
本は、ブックという意味もあるが、
本物、本当、本質など、真実的な意味もある。

体は横から見るのが本質か?

身体の「身」も。実は妊婦さんを横から見ているそうだ。
身ごもる。の身だ。

ほへとはここで、身は、妊婦さんだけではなく、
肚(腹)のある人と曲解する(笑)

妊婦さんのお腹だけではなく、丹田腹もと言うことだ。

そういう目で見れば、「身」の斜め線が、

腰椎4,5番→正中心球中心点→恥骨結合を貫く、
肥田式の腰腹等量運動感覚線に見えてくるだろう?

身体の姿勢は横から見なければいけない。


という理由が、ほへとが身体と書いて「からだ」呼んでいる。


CM、☆ 東京ボディーワーク教室(表参道):9月10日(土)19時〜21時前。身体を整え、鍛えてみませんか?
、参加費3千円
>個人鑑定申し込みフォーム
posted by ほへと at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg