新着記事
東京対面鑑定:4月21日(日)~22日(月)・ボディワーク教室21日(日)夜「予約受付中
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2007年08月28日

風水・仏壇の位置以前に

仏壇の位置と云えば、やれ西に向けろや東に向けろ、
とそう単純なものではありません。

位置以前の問題として、仏壇を置く部屋というのをどこに持ってくるのかが重要です。また、仏壇を置く部屋とはどういう部屋か?が問題となります。

単に西向きに置けるのがこの部屋だけだった程度では、ちと残念。

家相でなく、ちゃんとした風水での住居の鑑定は、バランスを(も)観ます。
変に家相に凝って、全員4番バッターみたいな家相にしても、チームは勝てません。

テレビがあり、家族がワイワイと笑い、時には喧嘩もする、微笑ましい部屋があるとします。
やはり、そこには仏壇は置くべきでは無いのかもしれません。

いや、逆にそうだから家族の一員として、仏壇を置くというのならいっこうに構いません。

やや暗い部屋、北・北東の部屋が一番暗くなりますが、例えば、暗いからと、明るいカーテンや雰囲気を派手にさせる、風水の人もいるようですが、ほへとは、自然にまかせ、渋いままに生かそうと考えます。

最初からデザインできるなら、北東の部屋は和室にして、仏壇を置く部屋として設計します。まぁ例えばです。

反対に、南や南西の部屋を明るく、派手な部屋として、陰陽を際だたせます。
もともと、光が強いので(窓があれば)、ものの色のコントラストは強くなるのが普通です。
そうして、各自の部屋や、寝室は、陰陽のバランスの取れた部屋に設計します。(当然適した方角は玄関の向きなどで変わる)
自室が極端に陰陽に偏ると、自分の性格も本来のから偏ります。

先にも言ったように、全員4番ではいけないのです。

例えば赤い色が好きなら、全ての部屋を赤色にするのではなく、リビングを緑、ダイニングを白、自分の部屋を赤というふうにして、陰陽バランスを考えるということです。(念の為、例えです、これは風水悪いですのでマネしないように)

家族が楽しむ場は、陽と設定して、笑い、喧嘩もオッケーとし、

仏壇の部屋は逆に、陰と設定し、騒がない。大事な物事を考える場所なり、反省や、子供をちゃんと叱る部屋と利用する。

だから、先に、家族が団らんする場所に、仏壇は無い方がという意味になります。(考え方のひとつです)

posted by ほへと at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg