新着記事
> 10月26日(土)~28日(月)東京対面鑑定(新宿)・ボディーワーク教室(表参道)27日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2007年10月24日

ブレードランナー

映画「ブレードランナー」は大好きな映画のひとつですが、80年代のアメリカ映画ですが今でも、ガンガンDVDなどリメイクやディレクターズカットが出ていますね。

独特の世界観(突っ込みどころ満載)や、登場人物の魅力もすばらしい作品ですが、ほへと的にもエゴ、セルフ観点でも面白い作品です。
、、まず自分の記憶がウソなら、、自分とは?みたいな結構エゴを揺すってくれる所から、登場するクローン達(レプリカント)が寿命が4年という事で「もっと生きたいねん!」とワガママ言っていろいろ事を起す。
しかもクローンの分際で、人よりも熱く、愛するパートナーの事を激しく想う。クールな世界描写との対比でこれまたいい感じで表現されています。
それはエゴ的な側面の要求であるが、当然我々人間や自分に関して非常に考えさせられる。
最後にレプリカントが死ぬときに、「俺はお前の信じられないような世界を見て来た、オリオン座のなんちゃらとか、、有り得ん光景の説明、、、死ねば、その記憶も消えてしまう、なにもかも、降り落ちる雨のように」みたいな事を言って、軽く微笑みながら死んだと思う。
最後の最後、死を受け入れたとき、エゴ側でなく、セルフちっくな事を語り、敵対するライバル(主人公ハリソンフォード)を生かした(殺せたのに)。

なんか一度見た程度ではまったく意味が分からん作品ですが、まで見ていない人はレンタルなんかで借りてみて下さい。

posted by ほへと at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg