新着記事
>☆8月7日(水):神戸(三宮)・大阪(梅田)対面鑑定「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2007年10月28日

セルフの概念について3

セルフという言葉は「センス」と「ライフ」を足して割った造語である。

当然「わたし」という意味はありますが、私の意味を広げて、深めて、ちっぽけなエゴ性格=私から脱して欲しい。


私の性格や人格は、今まで感じた(センス)ことの人生分(ライフ)のシルエットに過ぎない。

それは太陽の光で輝く、月のようなものだ。

人の深みは、結局、このセンスとライフの質に掛かっている。

それは理解できると思う。

経験が大事などという。(実は経験が全て)

多くの人は、その人の性格、人格を見ようとして、(エゴを)見る程に、その人(セルフ)を見失うのだ。
その人の本質は、性格でなく経験であり、センスとライフが実はその人(セルフ)といっても、さほど無茶苦茶な話ではないと思う。

基本セルフの概念はそんな感じ。


人間もコンピュータも基本は同じ。
それはインプット、処理、アウトプットという概念だ。

INPUT→[処理]→OUTPUT

センスとは感受であり、インプットである。
日本語では、センスは感性っぽい意味だが、英語では五感という意味合いが強い。
ほへと弁では、センス(感受)は、感覚、感情、感性の3つを指しています。

処理は、エゴ意識である。
感じた事に関する、評価や今後の行動パターンを決定する。
通常、人はここを自分と思っている。
しかし、占い等で、ここは容易に当てられてしまうことがある。
エゴにはプログラムされたパターンがあるからだ、それを解読するのが占い師。
だからそんなものを自分と思い込まないで。

アウトプットとは何だ?
アウトプットは意志であり、行動である。
その結果がライフである。
ここが大事な点です。

ほへとは、その人とは、その人独自の状況(INPUT)と、その人独自のやろうとする意志(OUTPUT)が本当のその人と見ています。

ほへとは占い鑑定の時に、詳細な状況を聞きます。また必ず、意志を確認しようとします。(処理部は占いで分かります)

いけてない相談者は、まず状況が分かっていません、当然、それではまともな思考も出来ず、何をしたいのかも分かっていません。
さらに車のハンドルを他人や占い師などに渡そうとします。

だから、まず、ほへとは状況を聞きます。状況を説明さす事で、問題を認識してもらいます。
また、意志がなければ意志を無理矢理でも持たそうとします(喝入れと呼ぶ)
メール鑑定では、状況説明が出来ず、何がしたいのかも分からない人がいて困ることもあります。(電話鑑定を勧めすが、、)


意志が無く、感受ばかりでは、ライフの質は低下します。この場合は自律神経失調症になります。
感受が無く、意志ばかりでも、ライフの質は低下します。この場合は高血圧や心臓病になります。

ライフの質の低下は、エゴ意識の防御作用によって、よりエゴを強めます。
エゴが強くなれば、センス(感受)が低下し、間違った判断によってさらにライフの質は低下します。

そうです、エゴの強い人は、センサーが腐ってしまうのです。

それは、目と耳を塞いで、走り回る(意志と行動)とどうなるか?

エゴの強い人の行動パターンってこんな感じですね(笑)

また、最近多いのが、
感受も意志も無く、エゴだけ強いひと。
ほへと的には、存在が見えない。セルフの弱い人。
一見、穏やかでやさしいが、基本無気力な人です。

自分と思っているエゴだけを傷つけないように、ろくに撮影しない高級カメラを抱きかかえて、性能自慢しているような感じです。

でもその人が悪いわけでもなく、かといってこの文明や時代、政治のせいにしても仕方がないので、とりあえず。

注意!エゴは自分の本質ではありません。
私というものの本質はどこかという事です。
見ている側、撮影者ではない。
それは、感じている風景や世界側、同じく意志で行動で変えようとしているこの世界側。
それが本当の自分であり。
セルフです。
その被写体側であるセルフを成長させることが、生きるという事の何かのヒントなのです。

だからエゴ側をかばい過ぎないように。
いずれ、エゴ側は、時間制限があります。
またエゴが生まれ変わろうが、そんなことはどうでもいいですので、囚われないように、
(過去生、過去生というひとはエゴが強いです)
エゴを癒す暇があったら、エゴを鍛錬して下さい。
エゴなどボロボロになっても、永遠に消えない、一瞬のものを追い求めて下さい。

芸術家が、個展を開く度に、作品は成長していきます。または深化していきます。

あなたの見て、感じているこの世界と思われている現実も、芸術家の作品と何が違うのでしょうか?

少しずつセルフを成長、深化させてみて下さい。

(やっぱり説明は少し難しいですね)
posted by ほへと at 13:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このお話、ブログを拝見してれば幾度となく出てくるものなのに、やっと、なんとなくですが、腑に落ちました。

前に君はエゴが強いから気をつけないとと言って貰ってたのにも関わらず、私はせっせとエゴを育ててたように思います。

そこから出たいです。
セルフで人と接することが出来るようになりたいです。

今日のお話を参考にして、自分のセルフを自分なりに考えたいと思います。じっくりと腰を据えて。

また、エゴとライフのお話を聞きたいです^^
ありがとうございました。では!


P,S
深化って表現は素敵ですね!!
ライフを深化させる、進化させる・・・・
成長をするということ、目指したいです。
Posted by しんばし at 2007年10月28日 15:43
とても良く(?)感じ取れました。
‥と言っても自分など、言われている事の1/10も理解出来ていないのでしょうけどね。(笑)

この世に実在する 「 自分 」 という被写体を、懸命になって撮ろうとするな。
(レンズを通して自分を知ろうとするな。)
カメラのレンズに映る自分を見つけたら、有無を言わずに近くの 「 現実 」 という川や海にでも
放り込んで、浮き沈みする自分を存分に感じろ‥という感じでしょうか。
そんなふうに浮かんでや沈む自分が、今の本当の自分の姿だ‥と。
そこからさらに自分を学べ。進化させろ‥と。
Posted by ゾウ at 2007年10月28日 15:54
うぅーーーんと、
あの、最近思うのですが、色んな経験しないと、逃げてばかりじゃ、成長しないんだなぁって思うんです。
逃げて、自分を守って、保守的にばかり生きてたら、成長しないですよね?
今日書かれてた事は、そういう意味も、含まれてたのかなぁって思ったり。
でもすみません、今あんまり頭働いてないので全く違うかもしれません。
今度ほへとさんに占い鑑定してもらおうかなぁ・・。(いつも同じ様なとこでぶち当たるのです)
Posted by ゆんける at 2007年10月28日 21:26
む〜う。
難しい。
(頭マッサージしながら読んでたら、毛が何本も抜け落ちてた...。)
でも、私秘数8なので、うだうだ考えずに状況を眺めながら、目標を作って、とりあえず行動をしてみようと思います。

>芸術家が、個展を開く度に、作品は成長していきます。または深化していきます。
>あなたの見て、感じているこの世界と思われている現実も、芸術家の作品と何が違うのでしょうか?

↑これは解りました!(...多分;;)
生きている事が作品を残す事と同じって元気が出てきます。
どんどん個展を開かなくては。
Posted by たっちー。 at 2007年10月28日 22:11
>意志が無く、感受ばかりでは、ライフの質は低下します。この場合は自律神経失調症になります。
>感受が無く、意志ばかりでも、ライフの質は低下します。この場合は高血圧や心臓病になります。

私は周りの期待に応えるイイ子ちゃんで生きてきました。その結果、10代で、自律神経失調症から更年期の女性がなる自己免疫を攻撃する病気になり、今に至っています。
それに対して夫は、どんなときも(人を泣かしてでも)自分の意志を強固に貫き通してきました。そんな夫は20代から原因不明の高血圧でした。
私たちはなぜこんなに体が弱いのだろう、と思っていましたが、ほへとさんのご説明に大変納得いたしました。
2人ともエゴばかり強い人間だったのですね・・・。
私も夫もそれぞれに「作り出す」仕事をしています。しかし、今まではエゴのための仕事―エゴワーク―になっていたのだと気付かされました。「ライフワーク」ということばの重みを今は感じます。

なかなか思ってばかりで行動に移せないのですが、いつかほへとさんに占っていただきたいです。占っていただくと云うよりは、いつかお目にかかってお話をうかがいたいです。
Posted by タワシ at 2007年10月30日 10:02
『感受も意志も無く、エゴだけ強い』
そんな人はどうすればいいですか?
解決方法の糸口を教えていただければうれしいです
Posted by ai at 2007年10月30日 10:45
>意志が無く、感受ばかりでは、ライフの質は低下します。この場合は自律神経失調症になります。
…納得。すごく当たってます。

自分に不足している部分が目に見える症状として表れる。ちゃんと労わってあげないとですね。
Posted by ゆん at 2007年11月05日 14:03
お邪魔します。
何度か、セルフがテーマの際、しつこくからんでしまっていました。
てっきりセルフコントロールのセルフかと思っていましたので、うまく理解できなかったのです。
今回、セルフ→センス+ライフと聞けて、すっきり、しっくりきました。

私の職場には、「思想は暗く、生活は明るく」というのが口癖で、北条民雄を読みながら、日々溶接の技術で何かを作り、休日には崖をのぼる先生がいます。

人間、いかに生きて何をするか、そういうことにピントを合わせようという気になりました。
ありがとうございました。
Posted by rei_co_o at 2008年05月08日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg