新着記事
東京対面鑑定:3月1日(金)~3日(日)・ボディワーク教室3日(日)夜「予約受付中」
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2008年02月22日

寝室。風水以前の問題として

そもそも家の基本とは何だろう。

個人、家族にとって安らぐ場所である。

ほへとは風水鑑定において、寝室の位置を重要視する。

中にはトイレの位置が一番大切という人もいるが、
まぁ鬼門にトイレとかいろいろあるが、それではあまりに意識が低い。

何故、寝室が一番大切かというと、

トイレはなくても家だが、
家に寝る場所がばければ家ではない。

人間の営みとして、行動、食事、休息の3つのバランスが大切である。

寝ることが一番大事だ。
家は休息の場である。

それは家以外を考えれば分かる。

また、家で仕事をしたり、専業主婦、高齢者など、
家にいる時間が長い人は、寝室といつも居る場所の雰囲気を変えた方がいいですね。

出来るだけ外に出かけることが一番ですが、
寝室は暗く落ち着き、いつも居る場所は逆の明るいイメージ。

リビングやキッチンにこだわるのもいいですが、寝室が一番大事です。
くどいようだが、リビングやキッチンが無くても家だが、
家に寝る場所がばければ家ではない。

昔の家は、トイレは外にあったり、台所は土間で玄関側,寝る場所より一段低い場所にあった。

今はガスもいらないオール電化で,台所が一番家の奥など当たり前ですね。

寝室のポイント
・外へ仕事に行く人の寝室が玄関付近ではストレスが癒されにくい。
・水回りに囲まれている寝室は体調を壊しやすい。(湿度も原因)
・騒音や日光は遮光カーテンや二重窓などで調節する。
・天井が斜めや、異常な梁があるのは精神に異常をきたす場合がある。
・床に置いたビー玉が転がるところでは寝てはいけない。
・室内の壁、天井、家具等、寝室全体が真っ白、真っ赤等は精神が狂う。
・当然,清潔に掃除はマメに。換気など臭いにも注意。
・寝室は広い必要は無い。壁際や隅が落ち着く場合もある。
・腰痛持ちの人はベットより、畳で布団(煎餅布団)が基本。ウォーターベットなど厳禁。
・ベッドは安定したもの、ベットの下の収納に、金属系は入れない事。
・寝室には、基本部外者?は入れない事。

posted by ほへと at 17:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんにちは。1Kに住んでいますが、くつろぐのも食事も寝室も同じ部屋です。夜になれば押入れから布団を敷いて寝室に変身です。もちろん掃除はこまめ?にしています。こういう場合、アドバイスあればお願いします。
Posted by みなみ。 at 2008年02月23日 14:58
みなみさんへ
布団を敷いたら寝室と思ってもらって結構ですよ。

たまに寝る場所を移動してみて、体調の変化や運の変化を観察すれば、1Kならすぐ、部屋の吉方位が見つかりますよ。
Posted by ほへと at 2008年02月27日 14:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg