新着記事
東京対面鑑定:4月21日(日)~22日(月)・ボディワーク教室21日(日)夜「予約受付中
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2008年03月14日

精神世界の弊害

精神世界に溺れている人が多い。

精神と冠するが、精神の弱い人が多い気がする。

物事の入り口や、発想の柔軟、ハードな現実の癒し等、必要なことも事実。

しかし、精神世界を勉強するが、あまり、人生パッとしていないなら、さっさとその世界をぶっ壊して下さい。

妄想癖が強い
あまりに考えが甘すぎる。
言うことは良いが、現実的に少しは証明して欲しい。

非現実の意味で、精神という言葉を使っている感じ。

すぐに、魂やソウルメイト、生まれ変わり、霊的なんちゃらと、痛いファンタジーを心底信じている。

(まだその世界を語る資格はない)

意味無く、社会や現実を否定、拒否する。

一番問題なのは、人間様が生きている意味を完全に否定しバカにしている。
そして時間を無駄にしている。
現場を生きずに、夢を見ている。

魂は永遠などとワケのわからん戯れ言より、
人間など、3万日程度の寿命であることを見つめてくれ。

精神世界には、確かに、心(エゴ)に心地良い言葉が多い。
そんな麻酔で、いつまで、眠っているのですか?

起きて、嵐の海に、小舟で飛び込んで下さい。
それでも全員が平等に夢の島に辿り着けるのはありません。

精神世界は、エゴには必要だが、セルフには必要ではない。

セルフにとって、現実も、心も、相対的には分かれていない。


やればできる子です。

春だし、小舟(身体)に乗って、嵐の海(現実)へ旅立とう!

posted by ほへと at 15:16| Comment(5) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほへとさんのこの記事を読んで、
私が、将来の夢を語り、
それに向けての努力をはじめると、
母が必ず、
「夢は見るものよ。叶えるものじゃない」
と言って、私の努力の邪魔をしてきたこと
を思い出しました。

ちょっと長くなりますが、とてもこの記事
が心に響いたので書き込ませてください。

母のことばは、私にとって、
夢を叶える努力をすると不幸になる、
という呪詛のようなものでした。

呪詛に縛られた私は、母の妄想世界の
「理想の子ども」像を叶えるべく、受験や
就職をクリアしてきました。
しかし、それは、ただ単に母の「夢」と
いう名の「妄想」を強化していただけでし
た。母にとっても、他の家族にとっても、
私にとっても不幸でした。

10年ほど前、幼なじみの自殺が相次ぎ、
はたと自分の命にも限りがあること、
「夢を叶える」ということは、
自分の思う人生を、自分が生きること、
という当たり前のことに気付かされ、
ポンコツの小舟(身体)に乗って、
母の許を飛び出し、実力世界の嵐の海に
出ていきました。

しかし、船出後、遺伝子的な問題を抱え、
「妄想のコマ」として母に甘やかされた
肉体は、よく壊れました(笑)。
プロ(病院)のメンテナンスだけでなく、
生活と日々のお手入れ、重要ですね。

ほへとさんの身体風水の記事は、そんな
ポンコツ小舟の日々のメンテナンスに、
とても有益で、感謝しております。
特に、斜め45度や地面を意識する記事と
呼吸法の記事は、本当に目から鱗でした。

ほへとさん、考えさせてくれたり、面白かったり、ためになる記事を、ありがとうございます。
Posted by タワシ at 2008年03月17日 10:03
タワシさんへ

夢を見ることが目的となる状況は悲しいですね。

でも、夢を叶えようとして、失敗したことは、何も悲しくはありません。

言い方が非常に悪いのですが、死を身近に感じないことも、現代人の大きな問題です。
Posted by ほへと at 2008年03月18日 18:53
母親の存在って誰でも大きいのですね。

わたしの母親はよく「世の中は理不尽だ!」と言っていました。
わたしにも「顔に似合わないこと言ったりしたりしないこと」と日々言ってきましたね。
しかし、彼女はそう言ったにも関わらず、夢見がちで地に足の着かない子供を育ててしまったらしいです。

そんなわたしも、社会に出て現実直視しているうちに、世の中理不尽で当たり前だし、みんななんだかんだで顔に似合わないことも言ってたりしてたりするよな、とか思いました。

まだ当分先の話ではありますが、
まだ見ぬ自分の子供には、どう世の中の「現実」のことを伝えてあげればいいのかな、とか思います。
Posted by kumi at 2008年04月06日 18:48
kumiさんへ
誰でも、母親、親、身内、小さいときは何も分からないから鵜呑みにしますね。

自分で、しっかり考え方が出来たて、やっと大人です。

それぞれの現実は違いますので、最終判断は自分ということですね。
Posted by ほへと at 2008年04月08日 01:26
精神世界に関わって長くなりますが、話の噛み合う人は一人もいませんね。
精神世界の人達は、大変な勉強家で読書量だけ凄いので、妙に知識豊富で、なおかつ多少セミナーや団体を回ったり、いろいろかじっているので、質が悪いです。
屁理屈合戦、知ったかぶり合戦になりますからね。「俺の方が詳しい」「俺の方が正しい」と。
精神世界は、良い所もありますが誰にも関わらず一人でやっていきます。
Posted by 棚橋 at 2009年11月25日 16:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg