新着記事

2008年03月17日

太秦天神川駅

今日初めて、今年、1月頃から開通した。
太秦天神川駅から、地下鉄に乗った。

th_080317-180838.jpg

場所的に非常に中途半端な感じが否めない駅である。
微妙、かつ絶妙に使いづらい。

東へ行くにも、バスや嵐電で大宮から阪急だろ!

やはり、市の職員が、京都市役所に通勤しやすい為だけに、無駄に血税で造ったとの噂を勘ぐってしまう。

さらに、基本そんなドアホな計画で、毎年猛烈な赤字を出しているのに、よくここまで延長したなという感じの太秦天神川駅だが、さすがお昼か、車内は非常にゆったり、一人一席(長いやつ)は余裕で確保ですね。
それにしても、階段が多すぎ。

しかしながら、風水師としては、何か裏の流れを感じずにはいられない。

丁度、この辺りは、京都の風水上非常に重要な場所である。

太秦広隆寺、蚕の社の木島神社、探せば沢山の怪しい怪しいところがあります。
特に東西南北、地形、道のルートまぁ、ここ近所の木島神社の三角鳥居は特に謎な場所です。

なお、現在多くの人に云われている、平安京や、京都の風水といったことは、実はフェイクである。

碁盤の目が即、風水ではない。

よって、現京都御所は、風水上、なんて事はない。

まぁ表の平安京の風水、その玄武が船岡山と云われるが、
しかし本当の玄武はそこではない。

そういえば、最近、阪急も大宮は通過で、桂や長岡に特急が止まるようになって。
京都は西部が少し活性化されてきていますね。


これは来ますよ。フフフ(謎)

posted by ほへと at 19:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え〜!!なにが来るんですか〜!!

 我が家は去年から今年にかけて西の方にばかり 縁があります。ほへとさん家も 我が家から西だし、学校や職場も自宅の東側へ通っていたのが(全員)去年から1人、今年からは残りの3人が西に変わりました。

 そんな風に思っていた矢先に このブログ、、、、 ただの 偶然?それともシンクロ?
Posted by にゃおん at 2008年03月17日 21:54
太秦広隆寺、蚕の社
この近くに住んでいました。
引っ越してすぐ、ぼーっと散歩して、予備知識何も知らず(かなり無知なもので)、なんとなく広隆寺に入ったら、魂を持っていかれた気がしました。弥勒菩薩さまの美しさに30分以上は立ち尽くしました。あんなことは後にも先にもあの一度だけです。きれいですよね。。。
Posted by なみ at 2008年03月17日 22:54
にゃおんさんへ
にゃおんさんの中では西がトレンドなのですね。
フフフ


なみさんへ
あの弥勒菩薩は、国宝1号だけど、まさに世界宝ですね。
Posted by ほへと at 2008年03月18日 19:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg