新着記事
東京対面鑑定:4月21日(日)~22日(月)・ボディワーク教室21日(日)夜「予約受付中
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水は大事!>風水鑑定申し込み

2008年05月12日

軽く座禅でもしよう

なんか、中国四川省で大きな地震があったようですね。

嵐の前の静けさと思ったら、、

地震の前は、なんか妙なイライラというか、意識の散漫な感じがありますね。
これは、地盤の緊張による、プラスイオンの発生など、科学的な根拠もあるが、
さすが、ほへとの感性ですね。(たまたま)


座禅のやり方。

ポイントは有りすぎて、ちゃんと説明できないが、
やはり、姿勢である。

全神経と全知性を掛けて、良い姿勢とは?
というのを追求すること。

腰の骨から背骨を、真垂直に立てる。
脚は裏表、尻までしっかり緊張する。

顔も、ミリ単位で、顎を引いたり、頭のてっぺんも微調整する。

ぼーっと単に座っているのではない。
全身、全神経が稼働していること。

それでいて、高度にリラックスし脱力しつつ、奥の中心一点に力が宿ること。

これは、どちらかというと、曹洞宗、道元の只管打坐の方向だ。



また対極に、よく、一休さんに見る、とんち系の臨済宗の公案禅がある、
例えば、両手を叩くと音が出るが、片手ではどんな音が出る?みたいなのがある。

まぁちゃんとした師匠がいなければ答えが分からないので、個人としてはやりにくい。

また、片手の音を考える暇が有れば、どうすれば、給料が上がるか、パートナーが出来るか?など、当面の自分の問題を考えた方がよっぽど良いと思う。これは、決してバカな話ではない、十分公案禅となりうる。


あと、雑念を無くすために、数息観という方法もある。
ようは、数を数えて、雑念を無くすという技である。
まぁ数秘的な意味合いも入って来て、潜在的にもいい暗示にある。

座禅をしながら、1から100まで数えます。
時には1000まで数える。

慣れると、飽きたり、雑念が生まれるので、逆から数えたり、工夫も必要。

流行の、3の付く数字と、3の倍数の時だけ、アホになったりしてやるといい感じである。


ポピュラーなのは、お経を唱えるというのもある。
正しい姿勢で声を発するというのは、非常に身体に良い。

たまには、自分の名前を唱える事も、生年月日のエゴを抑えるためにお奨めである。


最初は、まず、やることが重要。
うまくやろうとか、間違っても悟ろうなどとくだらないことは考えないこと。
posted by ほへと at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg