2020年12月27日

サイバーパンク2077購入

photomode_27122020_174959.png
サイバーパンク2077(PC版)購入しました。
むっちゃきれいというか、すげー技術の進歩を体験中。

PlayStation 4等のゲーム機では結構ひどいパフォーマンスらしいが、PCではある程度の性能があれば楽しめるようです。

Ryzen3500とRTX2060の組み合わせで、大体フレームレート60で、重そうな場面だけ60を下回るが、55は切らない設定で遊んでいます。せっかくなのでレイトレーシングONで、40インチ東芝レグザできれいな映像を映画感覚で楽しんでます。
裏設定で、グラフィックメモリ、メインメモリを多く使用するようちょい改造してますが。

CPUはクロックアップ等はできないマザーボードですが、ゲーム中の使用率でCPUは大分余裕があるようです。
GPUも最大限に発揮できるよう画面設定のチューニングとRTX2060をOC、コアクロックを1934MHzまで上げた。(標準1680 MHz)

ついでに格安だったけどメモリはCPUと同じ3600MHzまで上げられた。(3200→3600MHz)
実際の効果より、精神的なものだ。

サイバーパンク2077は面白いというか、オープンワールドなので、GTA5のように、街なかでむちゃくちゃできるのが何よりの良い点(盗んだバイクで走り出せる)。しかも、GTA5より美しい!(なお18禁です)

なので、ストーリーは2の次だけど、 ACT1 を終了したところですが、面白そうな感じです。
まだ、いろいろとルール的なわからない部分も多いが、ちょこちょこ進めて行くか。

人体を改造するのが当たり前の社会で、逆に、人間とは?文明社会とは?問いかけていると深読みして楽しんでます。
ちょいちょい哲学のうんちくもある。

年末年始は、このPCゲームとVRと室内ボディワークでやり過ごす予定(うぅ寂しい正月や)。
posted by ほへと at 18:29| Comment(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月24日

Ryzen3500システム構築

IMG_20201201_1852327.jpg
来ました!Ryzen3500 、3600のノンターボモデル。16,000円ちょい。
京都寺町のPCショップでゲット。

IMG_20201201_1855148.jpg
CPU本体と、CPUクーラーとステッカー、

IMG_20201201_1846350.jpg
マザーボードは、ASRockのA520M-ITX/acというやつ。アマゾンで11,973円でした。
小さなPCショップじゃminiITXのマザーボードは充実してないのが残念。

IMG_20201201_1913119.jpg
早速、マザーボードにCPUとCPUクーラーをセッチング。

IMG_20201201_1914088.jpg
メモリは、32GBをこれもアマゾンで9,980円と格安でゲット。

IMG_20201201_1949426.jpg
メモリを取り付け、電源類を差し込んで、狭いmini-itxの箱に入れる。
起動−−−!、しなーーーい!
あうぅー!
もう一度取り出し、点検。
おかしいな、、初期不良か?

あぁCPU側の電源忘れてた。

IMG_20201201_2157551.jpg
無事起動!

一時は財布落とした時のような絶望感と、見つかった時の安堵感を味わう。

これでやっとサイバーパンク2077の世界に行ける。

P1590565 (1).JPG
それに伴い、古いCPU、Core i5-6500とマザーボードH110I-PLUS(miniITX)のセットをドナドナ(オク)、
思った以上に高額の15500円で売れた。Ryzen3500分だな。
さらに5000円で買ったメモリ16GBも4600円で売れた。

差額を考えると、割と、リーズナブルにパワーアップできたが、
性能は、すごくアップして満足。
これでCPUのボトルネックも解消し、RTX2060の性能をフル活用できる。

やはり、自分で組むと、動いた時の達成感や、愛着が違うね。

年末年始、あまり出歩けなさそうだから、PCの強化や、自作PCにチャレンジしてみては?
posted by ほへと at 17:01| Comment(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月20日

PC強化パート2 Ryzen 5 3500

PCVRのために、グラボをGTX1060からRTX2060へ買い替えたが、やはり今度はCPUがボトルネックになる。
CPUを交換することにするが、いろいろ情報を集め、検討し、迷いの中に導き出した答えが、

Ryzen 5 3500 6C6T 3.6−4.1GHz

だ、普通は、3600 6C12T(\25,280)か余力があれば新型の5600X(\39,380)の選択となるが、

グラボのパワーからして、5600Xは過剰スペック。
さらに電源周り的にギリかアウトっぽい。500W電源。

3600と3500は、3600のSMT(1コア2スレッド)の機能を省いたもの。
マルチ処理の速度は劣るが、ゲームや通常のアプリはそうそうマルチコアの恩恵は受けない。
3600より基本性能は少し低いが、そもそもの3600の基本性能が高いので問題ない。

逆に、発熱、消費電力と、最も優秀なのは値段!3500(\16,148)
3600より1万近く安いので、他のパーツSSDなどに回せる。
というか、このCPU性能の割にどう考えても安すぎる。

価格コムで、プロダクトアワード2020パソコンパーツ部門でこのRyzen 5 3500 がパーツ部門大賞取っとる。

先これを見たわけでなく、自分の分析が正しかったと納得だな。

また、ただCPUを交換するといっても、買ってきて差し替えて動くものでもなく、
もともとがインテルCore i5-6500 4C4T 3.2−3.6GHzだが、これ用のマザーボードでは動かないので、
新たにマザーボードを買う必要がある。

なかなか、パーツ類は情報の量が半端なく、どれがいいのか?特にAMD方面は勉強不足でわからんが、迷えば安い方を買う(笑)。

今回の目的は「サイバーパンク2077」がそこそこできること。
今、PS4版等でバグで炎上して返金騒動になってるようだけど(おいおいマジかひどいな)、PC版は大丈夫なはずだ、きっと。
ブレードランナー的な世界観で、年末年始はサイバーシティで過ごしたい。過ごせたらいいな。

posted by ほへと at 14:30| Comment(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

Quest 2 PCVR化へPC強化

Amazonでブラックフライデーやってるようだけど、
Steamでもオータムセールをやっている。

半額になれば買おうと狙っていた、スカイリムVR、7,980円税別がなんと、67%引きの2,394円(2,633円税込)安し!
当然ぽちり!

しかし、スカイリムVRはOculus Quest 2のみでは動かない。
PCとリンクさせて、スタンドアロンからPCVRとして使用することで、スカイリムVR をプレイできる。

しかし、ほへとのPCではPCVRがギリギリ動かせるというレベル、結構古いスカイリムをVR化したスカイリムVRはなんとかシステム要件を満たしていたが、

次欲しいタイトルは「Half-Life: Alyx」これは最近のVR作品で非常に評価が高い。
よりPCの性能を要求する。
システム要件が
プロセッサー: Core i5-7500 / Ryzen 5 1600  
メモリー: 12 GB RAM
グラフィック: GTX 1060 / RX 580 - 6GB VRAM
データが50GB

プロセッサー的にはほへとのはCore i5-6500でギリアウトだが、まぁ1世代の差だし何とかなるだろう!?
メモリーは今8GBだし、16GBに増やすことに。
グラフィックは、GTX 1060だが、6GB VRAMの要求、ほへとのもGTX 1060(3GBVRAM)なのでアウトだな。

今のゲームは特にVRはCPUよりGPUの方が大事。
とりあえず最小の投資で、パーツ交換し、PC強化することに。
(フルにアップデートするのは、Ryzenの5600か、下の5400、5500が出れば)

今のほへとのPCは、一番小さなマザーボード(Mini-ITX)なので、あまり強力なパーツは積めない。
電力問題で、とりあえず500W電源内で納めたい。

グラフィックカードも上を見れば切りないし、10万とか普通に行く。

最近のRTX-3070は250Wで7万以上!
今のGTX 1060(3GBVRAM)は、120W

P1580908.JPG
結局、コスパと電力とレイトレで、RTX-2060、160Wで 32,978円最安値で購入。

P1580912.JPG
上がRTX-2060、下がGTX 1060

取り換え、動作確認後、GTX 1060さんはドナドナ(1,0500円で売却)

IMG_20201122_1439226.jpg
メモリ16GBをPCショップ(ドスパラ)で中古5470円で購入。
売るのはオークションだけど、中古でも買うのは店、少し高くても1週間でも保証がある。

これで、合計、グラボ買って、売って、中古メモリとスカイリムVRで3万円ちょっとかかりました。

Oculus Quest 2をPCVR化するには公式のOculus Linkか非公式のVirtual Desktop+改造パッチを使う。
Oculus Linkは公式だが、USB3ケーブルがめんどいし邪魔。
当然無線LANで快適にVirtual Desktop+改造パッチで行こうと思うのだが、
ここで問題発生。来たか、人生そんなに甘くないの法則!

Virtual Desktop+改造パッチでOculus Quest 2とPCを無線LANでつなぐには、WiFiを2.4GHzから5GHzに変更しなければいけない。

そうしてみたら、別に快適に動くにだが、
「アレクサ!ライト消して!」が効かなくなった。

そう、アレクサ接続のスマートホーム、学習リモコンは2.4GHzのみで、5GHzに対応していなかったのだ。
ついでに、スマートLED電球も、2.4GHzのみ。
仕方ない、学習リモコンとスマートLED電球もドナドナ(オークション行)だな。


ともかく、スカイリムVR、懐かしい、スカイリムはやっていたがVRだと本当にその世界に入った感じ。
しかし、VR酔いが、、長時間プレイは無理だな、、まぁ少しは慣れるそうだが。


posted by ほへと at 21:45| Comment(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

やらかしちまぁった、仮想メモリ(ページファイル)の設定先

やらかしちまぁった、
やらかしちまぁった、
どぶろっくのネタが頭で浮かぶ、
どうしてこんなことになったのか??

Oculus Quest 2を買って、単体で遊ぶ場合と、PCVRとしてPCと接続して遊ぶ場合の2種類がある。

PCVRの接続先のPCは、結構性能がいる、ゲーミングPCが必要だ。
フルHD(1920×1080)より高密度 1,832×1,920が両目分、つまりx2.

VRreadyの最低ランクの
GTX1060(3G)とCore i5-6500だが、ギリギリ使えるが快適ではない。
ローディングに時間がかかるので、CPUか、メモリ周りか?と思いつつ、

タスクマネージャーでCPU、メモリ、GPUの状態をモニターしてみる。
意外と、CPUは思ったほどはマックスまでは使用していない。
メモリだ、やはりPCVRで重いゲームは8GBで足りていない。
メモリが100%となり、溢れた分が仮想メモリ(ページファイル)機能で外部記憶にスワップする。

ゲッ!
なんじゃこれ?

起動ディスク(C:)のSSDに負荷は全くかからず、なぜか保存用HD3TB(D:、E:)が激しく上昇しピークまで行っている。

おいおいおい!違う違う!そっちやない。えっ!なんでHDの方やねん!
WINDOWS10アホ過ぎやろ!

仮想メモリ(ページファイル)先が、なんで、起動ディスクの高速SSD(C:)でなく、勝手に保存用の低速HD3TB(D:、E:)を使ってるねん。

何のための高速SSDや、これ買ってから、てっきり仮想メモリ(ページファイル)機能も快適にやってると思ってたら、完全にサボってたのね。_| ̄|○

意味わからんが、多分、最初HDが起動ディスクで、後にSSDを追加して、こっちを起動ディスクに変えたのだが、当然自動で仮想メモリ(ページファイル)先も変わると思い込んでいたのだが、、
まさか、前の設定のまま?確かに前のHDのシステムをSSDにコピーしたけど、、
_| ̄|○

むせび泣きながら、無事、仮想メモリ(ページファイル)をSSDに変えたら、メモリ8GBが溢れた時も、サクサクとSSDに退避して、しかも一瞬使用率メーターは上がるがすぐ下がる。まったく速いやないか、HDの使用率ピークに張り付くのと全然違う。

無事、ゲーム中のローディングが嘘のように軽くなりました。

皆さんの中で、途中からSSDを追加した人は、仮想メモリ(ページファイル)先がちゃんとSSDか確かめよう、
でないと宝の持ち腐れとはまさにだ。


検索「windows10 ページファイル 設定」
posted by ほへと at 17:08| Comment(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

Oculus Quest 2ゲット!

新型コロナが流行しだしましたね、みなさん連休をどうお過ごしですか?

このままでは、また不要不急の外出自主規制が来るかもしれません、
もしものために、

IMG_20201016_1538075.jpg
Oculus Quest 2ゲットしました。(誕生日に届いた、同時にプレゼントのスピリタス!?)

本当は、もっと前に購入したのですが、初期不良とOculusのサポートの最悪ダメダメ、返品返金手続きでアマゾンのミス等が重なり、ようやく今しがた再チャレンジです。

製品の完成度は値段に対して非常に良いですが、その分サポートに問題あり、
Facebookアカウントの停止や、初期不良等に当たっても、交換や返品には応じず、修理するから香港に送れといわれても納得できる人にはお勧めです。

まぁ愚痴も吐いたので、Oculus Quest 2のレポートとして、

VRには驚く。
こんなに、世の中は進んでいるのか?
とカルチャーショックを受けます。

良く、ひとりの世界に入りたいときに、イヤフォンで音楽聞いたりする事があるが、
それの、耳ではなく、視覚(+聴覚)バージョン。

没入感というか、夢というか、マトリックス、アバターという映画の世界が来たという感じ。

通常VR機(PCVR)はPCと繋いで使う物だけど、このOculus Quest 2はPC無しで使える、スタンドアローン型VRヘッドセットです。
※但し、スマートフォン、WIFI、Facebookアカウント、リスクに対する勇気と責任が必要です。

外部PCは使わずに、PCパワーは本体に内蔵、ハイエンドのスマートフォン用のCPUを載せているようです。
スマートフォンは高性能化しているが、やはりグラフィックはPC、ゲーミングPCに比べると非力です。

しかし、違う、次元が違う。

プレステ2とプレステ3の違い的なライン上の進化(エボリューション)ではなく、革命(レボリューション)です。

特に驚いたのは、PCやゲーム機は、モニターの前に座ってやるが、このVR機は、前後左右何もない空間で、動きながらプレイできるのだ。座ってできるゲームもあるが、有名なビートセイバーやボクシングのゲーム(The Thrill of the Fight)など、想像以上にフィットネスで、死ぬほど疲れるし、筋肉痛にもなります。もはやゲームの域を超えてますね。

また、このOculus Quest 2は、表はスタンドアローン型VRヘッドセットだけど、裏では「Oculus Link」という技で、長めのUSB3ケーブルをゲーミングPCにつないで、PC能力全開のPCVRゲームをプレイできる。
まぁケーブルがかなり邪魔ですが、想像以上にきれいな世界に行けます。
さらに、このケーブル無しの無線LANでPCVRゲームを行う闇の荒業もあります。

当然、ほへとは闇の無線LAN(VD)でPCVRゲームもやってますが、ある程度のPCスキルは必要です。

PCVRゲームは、高いPCスペックが必要で、ほへとのPCではギリギリ動かせるというレベルなので、
パーツの交換を考えています。

以上

posted by ほへと at 21:22| Comment(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

Amazon Echo Flexのその後

呼び名を変更
「アレクサ」は発音というか言霊的にアレなので、
「エコー(Echo)」で起きるようにした。
他に、「コンピュータ」と「アマゾン」しか選択肢が無いので苦渋の選択である。

IMG_20200824_1534342.jpg
会話継続モード
連続で話す時、再度名を呼ばなくて良い。

リクエスト音
起きた時、寝た時が音でわかるので、ライトの点灯を確認しなくていい。

話す速度
少し速く話させている。

Amazon EchoはBluetoothスピーカとしても使用できると前回書きましたが、
AmazonMusicアプリから「デバイスに接続する」で、簡単にEcho Flexに接続できた。
Bluetoothいらずで便利。

ちなみに、これを期にAmazonMusicUnlimitedに再入会した。
とは言っても、3ヶ月無料のやつ、本来はそんなキャンペーンはとっくに終わっているのだが、OCNモバイルONEが8月31日迄でやっている。

SwitchBotがたまに動かなくなるトラブルですが、
{ ご提供の情報により、おそらくUSBアダプターの出力不足のことです。お手数ですが、ハブミニを5V1AのUSBアダプターに繋いでください。
SwitchBot Team }
サポートにより、無事解決。

スマートライトも購入

IMG_20200824_1518238.jpg
「水槽のライトつけて、水槽のライトを緑に変えて」等でコントロールできる。

声で操作は、やはり目的通り、声出しは重要。
たまに、言葉が通じず、イラつき大声で話すときもあるが、それもまた面白い。

宗教等で、朝、お経や祝詞を声に発しているのは、それだけでも実はとても意味があると思う。

言霊解析
「アレクサ」「エコー」「コンピュータ」「アマゾン」

「アレクサ」 アエ、ウア↑ 前向きに
「エコー」 エオ→ 判断力UP
「コンピュータ」 オン、ピゥーア 吸収力アップ
「アマゾン」:アアオン↓ 明るさとちょいおバカ









posted by ほへと at 16:02| Comment(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月12日

Amazon Echo Flexを購入

Echo Flexがセールだったので購入した。
もともとグーグル派なので、 Google Homeを狙っていたのだが、
Amazonに寝返ったのは、「Echo Flex」が安かったからだ(笑)。期間限定 1,980円!

しかし、結構、「Echo Flex」は当たりであった。
・外部AUX端子がある。
・基本機能はまったく劣ってない。
・逆にUSB拡張がある。


本体からも、音が出る。
悪いだろうと思って聞けば、そこそこ頑張ってる音が出ている。

IMG_20200812_1329576.jpg
AUXから家のスピーカーシステムに接続。
うむうむ、良い音じゃ。

Amazon Prime Musicが標準だが、Spotifyも使えるようだ。

「アレクサ、〇〇の曲をかけて」「アレクサ、盛り上がる曲をかけて」というのが微妙だな。

たまには、こういう感じの音楽掛けてで、新鮮な曲に出会えるのも良いが、
基本、音楽を聞く場合は、自分で音楽を管理したいというのがある。

というかね、クラッシックとかも聞くし、
サンサーンスの交響曲第三番ハ短調作品78オルガン付きマエストーソアレグロ、 小澤 征爾指揮のやつね。
とか言ってられないし認識も無理だろう。

手元のスマフォ(BlackBerryKEY2)には、iPodから、歴代のスマフォに語り継がれた多くの曲が入っている。

実はなんと!Echo FlexはBluetoothスピーカとしても使用できる!おぉこれだけで元取れるやん!

Echo Flexとスマフォを ペアリング(Bluetooth)して、
スマフォから音楽を選んで再生すると、曲がBluetooth経由でEcho Flexとつながってるスピーカーシステムから音が出るというカラクリだ。

(アレクサに)声で音量も操作できるが、10段階という雑なボリュームではなく、スマフォで微調整できるのも良い。

というか、Prime Musicとか、声より、スマからのほうがやり易い。本末転倒だが、、

さらに、調べていくと、「アレクサスキル」というのがある。
なんぢゃいそれ?だが、イマイチ理解していないが、ネット情報によれば、ニュースや料理、カラオケもできるとのこと。

早速、「カラオケJOYSOUND」スキルをインストールし有効化というのを試行錯誤してやり、
「アレクサ、JOYSOUNDを開いて」
で使用できるようになる、曲数は限定で、米津は充実しているが、サザンはTSUNAMIだけか。
まぁ無料で、スマフォに歌詞も来るので便利。


そして、ここからが本番。

SwitchBot スマートホーム 学習リモコンも同時に購入。
IMG_20200811_1709239.jpg
8月16日までは、Echo Flexは1000円引きの1980円!SwitchBot セットで5560円

これを使えば、あの夢の「アレクサ、テレビつけて」「ライト消して」の未来がやってくるのだ。

設定には、知恵と根性が若干必要だ。
少し癖があるので、SwitchBot は、面白いが、万人には勧められないか。

とりあえず、部屋のエアコン、テレビ、ライト、ライト2、扇風機が無事、音声で操作できる。

IMG_20200812_1330353.jpg
SwitchBotはたまに、動かなくなったり、場所によっては、リモコンが効かないなど、設置場所も一苦労。

リモコンを妖精さんに隠された場合も、声で操作できる。

そんなSwitchBotはスマフォから操作できる。
Echo Flex、アレクサへの音声命令だけでは、あまり細かいことができないが、
スマフォからは登録したボタンなら全部使える。
まぁ、アレクサ、テレビつけて、○チャンネル。くらいはできる。


そもそも、本当にこれを購入した理由は、コロナ禍で、部屋にいることが多くなる。
便利さや暇つぶしもあるが、声だ。
人と会わなくなれば、声が知らずに小さく、また滑舌も錆びてくる。
少しでも、声を出す機会が増えるというのが実の理由です。
一人暮らしの人にはおすすめです。

とりあえず、Echo FlexとSwitchBotのレポートでした。





posted by ほへと at 14:26| Comment(1) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

Zoom飲み会をやりました。

Zoom飲み会をやりました。
とっても、面白かったです。

Zoomは、まったくはじめてで、しかも幹事で、日時を予約して、みんなに参加などのメールを送ったりする。

今回はほへと入れて8人でのZoom飲み会、
スマフォなら縦に4人並び、横にスワイプして見えてなかった4人が現れ、
先に見えてた4人が隠れるというシステムだ。

今回、スマフォで参加は8人中ほへとだけだった。
他の人は全員PC、PCでは、8名一覧できたり、録画できるようだ。
さらには、背景を加工してジャングルや宇宙を背景に参加する人もいた。
カメラはスマフォの方がきれいなようだ。

IMG_20200418_1958186.jpg
チューハイとコンビニのチキンを買って来て、適当に高野豆腐とほうれん草や、ピーマン炒め等を適当にこしらえて、Zoom飲み会に挑む。

20時に始まり、みんなで画面越しの乾杯、意外に距離を感じずに、話も盛りがった。
むしろ実際8人で居酒屋等で話すより、みんなで話せるメリットがある。
居酒屋では、隣や正面で、向こうの人と話せないとか、声が聞こえないなどあるが、
Zoomでは、順番に話を振ったり、その声が全員に聞こえるし、声だけでなく、チャットで文章も流れる。

素晴らしいね。
まぁ、中央集権になるという問題もある。

当初40分の予定で、というのは40分超えたら有料なのだ。
しかし、なぜか、40分超えても、問題なく?(まさか後から請求こないよね?)
Zoom飲み会はできた。
しかも、盛り上がって結局22時半まで、2時間半ものZoom飲み会でした。

みなさんも、是非Zoom飲み会やってみてください。(もうやってる?)

posted by ほへと at 20:03| Comment(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

BlackBerry KEY2 Silver 試運転

P1560404.JPG
早速、強化フィルムと透明のケースがアマゾンから届く。

P1560407.JPG
これで、一安心。思い切って使える。

IMG_20190502_1707318.jpg
写真を撮ってみた。
ダブルレンズなのでボカせる。

IMG_20190503_0210298.jpg
ネット情報では、BlackBerry KEY2のカメラ性能はイマイチ、特に暗所ではとあったが、
とても暗いBarおもい川でも、この程度は撮れた。

IMG_20190503_0215474.jpg
太一もこの店でこれほどスマフォで映るのかと驚いていたが、
カメラはさほど期待していなかったが全然使えるやん。
スマフォのカメラに求めすぎやろ。

BlackBerry KEY2は暗い場所でもキーボードにはバックライトが光るので問題なく入力できますね。
評判の良い日本語入力アプリ「AquaMozc for BlackBerry」を導入、有料だけど確かに便利。
と店でチマチマ打つ。

Screenshot_20190503-210400.png
久々に音楽アプリ、Powerampを立ち上げたが、リバーブとか細かいイコライザーとか使えるようになっててて嬉しや。

さらにいろいろ設定は続く。
posted by ほへと at 21:20| Comment(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

BlackBerry KEY2 Silver(SIMフリー)ゲット!

平成最後の日に、新スマフォを注文し、令和2日目の今日届きました。

P1560400.JPG
BlackBerry KEY2 Dual SIM 64GB Silver(SIMフリー)

P1560403.JPG
なんと、物理キーボード搭載!

今まで使用した、HUAWEI Mate9も当時フラッグシップで高性能で、今も全然問題は無いどころか、
この BlackBerry KEY2よりCPU/GPUスコアは上だ。
カメラ性能もMate9の方が上っぽい。

しかし、このBlackBerry KEY2には、物理キーボードという、マニア・狂人には耐え難い魔性のアイテムを搭載している。

平成が終わり、令和が始まるこの時期に、スマフォに何を求める?
と改めて問いただしたとき、やはり思いついたことを文章に残したいと思った。
5.9インチの大画面でタッチパネルのソフトキーボードも落ち間違いが多く、外付けキーボードも買ったが、運用程度は低いままだった。

なので、スマフォのCPU性能や大画面、ライカダブルレンズのカメラよりも、
どこでも気軽に文字が打てるキーボードが欲しいと素直に思うのであった。(要はポチる言い訳)

もともとは、Willcomでシャープ製の物理キーボード搭載のW-ZERO3シリーズをずっと愛用していた。
思えば、あの頃のZERO3が面白かったな。

本当は、シャープにこのBlackBerry KEY2 のようなスマフォを出して欲しかったと思う。

とにかく今から設定じゃ!
posted by ほへと at 14:43| Comment(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

Google レンズ

昨日から、「Pixel 3」でしか使えなかった「Google レンズ」機能を、他のAndroid端末でも利用できるようになった。

実は、ひそかにこの機能を使いたくて、「Pixel 3」を購入しようかと迷っていたのだが、このMate9でも使えるようになった。

「Googleレンズ」日本語版、「Pixel 3」以外のAndroid端末でも利用可能に(ITmedia)

「Google レンズ」は、「写真や周囲のものに関する情報を表示する」という機能を提供する。

具体的には、Google フォトから、調べたい対象の情報をゲットできる。
Screenshot_20181123-170142.jpg
今まで撮った写真の中で、名前のわからない野鳥などの名前を表示してくれる。
100%信用できないけど、十分に参考になる。

Screenshot_20181124-155946.jpg
これは、リアルタイムに、散歩中に見つけた花の名前を教えてくれる。

自然系だけでなく、モノや商品もその情報を教えてくれます。
人のカバンなどを何気に、調べると、意外に高いやつ持ってるやんとかがわかります。

アップルの株価が落ちているらしいが、アップルが革新的だったのは少し前までだと思ってる。
今では、グーグルが常にチャレンジしている感じで威勢がいい。

android派の人は是非つかってみよう。


「Googleレンズ」日本語版、「Pixel 3」以外のAndroid端末でも利用可能に(ITmedia)
posted by ほへと at 20:46| Comment(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

「HUAWEI Mate 9」カメラテスト・北野天満宮

IMG_20170824_190300.jpg
メーカーサイトからマニュアルをダウンロードして、いろいろ設定を試してみる。

IMG_20170824_084441.jpg
北野天満宮に来ました。

IMG_20170824_084356_1.jpg
牛さんを下品にならない程度にボカす。

IMG_20170824_084737.jpg
モノトーン。色彩は無い分、濃淡の階調が際立つ。

IMG_20170824_085430.jpg
七夕がまだ残ってた。

IMG_20170824_090249_1.jpg
道路脇のひまわり。

IMG_20170825_123003.jpg
近所の錦鯉。美しく力強い。

IMG_20170825_111529.jpg
飛んでるアゲハをスマフォ(Mate 9)で撮るのはこれが限界か!?

posted by ほへと at 22:28| Comment(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

「HUAWEI Mate 9」到着!

P1510740.JPG
「HUAWEI Mate 9」が到着したか?
いかんせん、プライムマークなしの中古販売業者なので、
まだ、中を確かめなければ、安心できない状態。

P1510743.JPG
「Mate 9」だ、画面に白いのは、指紋ではなく、後から保護シートを張り直したようだ。
商品情報の通り、本体は使ったのだろうが、付属品は新品のようだ。

P1510746.JPG
ケースが付属のやつと、手帳タイプとクリアタイプの計3つと、ガラスの保護シートが入っていた。
嬉しい半面、何があった、前のオーナーさん!?

P1510748.JPG
大きさは、左から、初代GalaxyNote、Mate 9、SH-01G
5.9インチと大きそうだけど、それほど大きくはない。とは言え、小さくは決して無い。

P1510749.JPG
なお、久々にGalaxyNoteを見たら、エライことになっていた。
これ、もうちょっとで爆発するやつやん。

Mate 9をセッティングする。データの移行や指紋の登録など、指紋認証とかする気なかったが、むっちゃ便利だな。考えを改めた。

しかし、むっちゃ速いな、ブラウザとか全然PCに負けてない。

IMG_20170823_120223.jpg
カメラテスト。
見せてもらおうか、ライカダブルレンズの性能とやらを。

自家製の茄子のぬか漬け。
ワイドアパーチャという機能により基本F2.2の絞りをF0.95、ノクティルックスレベルまで引き上げれられる。
恐るべし自然なボケ。

IMG_20170823_133606.jpg
鯉ちゃん達。植物栽培用LEDの淫靡な色と、鯉の素早い動きで、やや被写体がブレてはいるが、スマフォとは思えない、芯のある絵になっている。

IMG_20170823_114621.jpg
近所の、平安京、大極殿跡。
色が軽くないな。

IMG_20170823_114533.jpg
限界テスト10倍ズーム。
本来スマフォで10倍ズームなど使えたものではないが、ちゃんとハトちゃんの目が撮れている。
なお、Mate9は望遠レンズは持たなくて、10倍がこのレベルだし、3倍や5倍までなら十分実用だな。

IMG_20170823_114831.jpg
樹を撮ってみたが、マジかスマフォじゃないな。ミラーレスのGX7超えてる??

IMG_20170823_114906.jpg
白黒で撮ってみた。

Leica2000万画素モノクロセンサー。
ライカは、モノクロ専用のデジカメがあるが、
スマフォ(Mate9)でその気分を味わえる。

うむうむ、ライカダブルレンズの性能は噂以上のバケモノでした。

とりあえず、ここでようやく、Mate9の動作確認が完了。
販売店様、疑ってごめんなさいでした。
そしていい機種を安くでありがとう。
posted by ほへと at 15:54| Comment(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

SIMフリースマートフォン「HUAWEI Mate 9」を注文!

無事、格安SM OCNモバイルONEへ乗り換えも完了し、料金的も安くなって満足している。

しかし、docomoからOCNモバイルONEに乗り換えたことにより、
・「アップデート確認失敗 docomo ID の登録が必要です」と頻繁に怒られる。
・テザリングができないので、Chromebookが外で運用できない。

SH-01Gも2年半経過し、そろそろ新しいスマフォ、それもキャリアに縛られない、SIMフリースマートフォン端末を買うことにした。

価格コムなどで、一番人気の「Huawei HUAWEI P10 lite SIMフリー」が大体2万8千円弱で十分な性能だったので、まずはこれを基準に他を調べた。

HUAWEI P10 liteの上位機種が、HUAWEI P10で、ライカダブルレンズというカメラ売である。
むっちゃ欲しいが、なんと一気に6万円ちょいに跳ね上がる。P10 liteの倍以上だ。

他のメーカーでもダブルレンズが流行っている。最新のZenfone4など、サブレンズに広角や望遠を装備していたり、3Dが撮れる機種もある。
が、そんなものは少しカメラをかじった?人間からすればどうでもいい。

この、P10の第2世代Leicaデュアルレンズの性能は、
・カメラ リア:Leica2000万画素モノクロ+1200万画素RGBデュアルカメラ,F2.2

「Leica2000万画素モノクロ」このレンズの意味は素人にはわかるまい。
カラーをモノクロに変換するのではない。RGBに別れていない単色ピクセルの2000万画素!
こいつは、モノクロ2000万画素でデッサンし、その上にカラーRGB1200万画素で色を塗るのだ!

・驚異的な描写力 他に類をみないシャープな撮影画質を実現。
・かつてないほど細やかな描写で、あなたの写真をアートの領域に進化させる。
とある。

さらに、上位のP10 Plusになれば、画面サイズが5.5インチ(他は5.2インチ)と今のSH-01Gと同じで見やすいだろうし、F2.2のライカレンズがF1.8ズミクロンというマニア心を串刺しにする仕様だ。
がお値段7万円ちょいという、さすがにお高い。

他のメーカーも一通り調べたが、脳内ひとりミーティングで、指針がある程度だされた。
・圧倒的なカメラ性能のライカダブルレンズをゲットするか、しないのならP10 liteに決定。
・ライカダブルレンズなら、 P10、5.2インチ、F2.2で6万ちょいか、P10 Plus 5.5インチ、F1.9で7万ちょいかの二択となる。

ライカダブルレンズなら、GX-7のミラーレスを持ち歩かなくても、野鳥さん以外なら十分満足する絵が取れるので、後者にしよう。
また、今より画面サイズが小さくなるのもいやなので、P10 Plus、7万ちょいか、まぁ格安SMに変えたから、7万ちょいも二年使えば十分元を取れるはず、
清水の舞台から飛び下りるか?

そう決心しながら、なにげにウェブで、いい情報をゲットした!

「Mate 9」まて9?

ほんの半年前まではフラッグシップだったモデル。
最新のP10、P10 PlusとCPU性能などは同じ、しかも画面サイズは5.9インチ、ライカダブルレンズはP10と同等レベル、第2世代Leicaデュアルレンズカメラだ。
そして、お値段が、5万2千円程度!マジか!お買い得やな!

Youtubeで、このMate 9で撮影された圧巻の正月画像を見て、購入を強い意志で決意。

そして、アマゾンで、決心してポチるわけだが、ふとそこに中古の文字が、、
「44,000円 コンディション: 中古品 - 非常に良い - 正規代理店の国内キャリアにて本体を一括購入した物です。 主に室内使用で、落下やぶつけも無く、本体にもキズ一つ無く非常に綺麗です。 本体以外の付属品(保証書、ケース、sim抜き、充電器、ケーブル、イヤホン、変換アダプタ)はすべて未使用の状態で揃っています。 おまけで画面の保護フィルム2枚(新品未開封)をお付けします。

ムゥ〜、非常に良い新品で、44,000円! 一瞬、騙されるのではないだろうか?と疑うが、価格コムの最安値は、4万円後半、中古なら十分普通な価格帯だ。

深呼吸して、中古の方をポチッとな。
まぁ、当初の清水の舞台(P10 Plus:7万ちょい)から、ハードルはかなり下がった、中古のMate 9:4万4千円になった。

後は、ちゃんと来るかな?(ドキドキ)


HUAWEI Mate 9 MHA-L29 Mate9 年末年始に撮影した写真!忍の動画さまより
posted by ほへと at 14:59| Comment(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

格安SM OCNモバイルONEへ乗り換え

愛機のスマフォ、AQUOS ZETA SH-01Gを手に入れて、はや2年。
4月1日で、docomoの2年縛りが終わる。これを機会に、今話題の格安SIMに乗り換えることにした。

ここで、注意点というか罠にはまる。
NMPを予約しようとdocomoショップに行ったら、カケホーダイプランは4月1日以降に解約しなければ、違約金9500円かかるとのこと。しかし、カケホーダイプランは日割り計算しないので、4月1日に解約しても丸々1ヶ月の料金を取られてしまう。
とのこと。!??ん?
一体何を言っているのか、本当に最初理解できなかった。

こっちは、単に、2年縛りが終わる4月1日から格安SIMメーカーに乗り換えたいだけだ。
なので、今のdocomoのプランを3/31で終了したいというごくごく普通の希望なのだが、、

4月1日までに解約手続きをすれば、違約金が発生。
4月1日以降に解約すれば、日割り計算無しでカケホーダイプランが丸々4月分掛かる。
要するに違約金か、一ヶ月分の料金か、どっちか絶対に掛かるという無常。

全然納得しないのだが、世の人間が作るルールとはそんなものだ。
仕方なく、違約金ではなく、3月中に、4月1日以降に解約するという手続きを取る。
ブーブー。

さて、気を取り直して、格安SIMメーカー選びだが、
当初、UQモバイルに決めていたが、なんと、なんと、SH-01Gに対応していない!(涙)

仕方なく、SH-01Gに対応している、マイネオ(mineo)に決めかけたが、
話し放題5分プランを希望だったが、
なんと、同じような値段で、OCNモバイルONEは、話し放題が10分!
大抵は5分だが10分というのは大きい。

あと、ネットで、通信速度や満足度などを確認し、ここOCNモバイルONEに決定。

通常事務費用が3000円ほど掛かるが、アマゾンで買えば、3240円→228円という破格。

早速これを購入し、ネットで申し込んで、それからSIMが昨日届いた。
そして、今日1日、MNP開通し、無事、docomoからocnモバイルoneへ乗り換えました。

ちなみにプランは、ちょっとややこしいのだけど、
開始月、4月は無料らしい。3G/月のプラン1800円が、なんか今4Gで1100円らしい。
通話部が、10分間かけ放題で+850円、その後は普通の携帯電話の半額の通話料という感じ。

4G/月、しゃべり放題10分で2650円、税込みで2862円だな、

本当か、安すぎて、信じられないが、、ランニングコストは半分以上下がったな。バイクに回せるぜ。

あと050プラスが無料でついてくるなどもあるし、データ量がかからないモードなどもある。
とりあえず、問題なく使えているが、たまにdocomoIDを登録しろと云われたり、テザリングができなくなった点は痛い。


posted by ほへと at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

スマフォでVR体験

VRとは、バーチャルリアリティ、仮想現実のことだけど、
この前、PlayStation VRが発売され、いろいろ話題になっていたが、
実は、スマフォを持っていれば、手軽にVRを体験できる。
しかも、想像以上にクオリティが高い。

スマフォ(無論新しいのがオススメ)と、Cardboardというのが必要で、ダンボールのチープなものは数百円からある。
ただ、レンズが取れやすかったり、ピント合わせなどが必要なので、プラスチック製のサイバーな水中メガネ型を勧めます。1000円程度からあります。

アプリは、GooglePlayから「VR アプリ」等で非常にたくさんヒットします。
アプリでなくとも、360度動画など、スマフォ用Youtubeに「360度動画」などと検索すればたくさん見れます。

とりあえずのアプリのオススメは、
Stories
クオリティ高い。スゴイ。

なごみの耳かきVR
初体験者に受ける。画像、キャラが綺麗で、狭い部屋の人にオススメ。
キャラと、広い和風の部屋に癒やされます。

あと、いろいろなアプリがありますが、GooglePlayで探すより、検索で、Andorid VR オススメ等で探したほうが良い。


P1450088.jpg
この前の千本会で、ゆかポンもVR体験。
えいみちゃんなど、12歳以下の子供には面白くても使用させないように注意。

P1450096.jpg
ダンボールと違って、安定してるだろ。
前に、ゆうやにダンボールタイプをプレゼントした。

P1450094.jpg
太一も、驚いていた。

ホームパーティでウケます。VRを体験している方も面白いが、それを見ているのも面白い。
あと、回転するイスは必要だな。

PlayStation VRも良いが、安価でVR体験できるこのシステムは、今後広がるでしょうね。
Googleも「DayDream」というスマホを使ったVRヘッドセットを標準化を発表しているので、
今後のアプリに期待です。


ダンボールタイプ。


現ベストセラー、オススメかな。


ほへとが買ったやつ。
posted by ほへと at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

ポケモンGO

話題のあの「ポケモンGO」をインストールしました。
基本時間がもったいないので、スマフォのソーシャル系のゲームはまったくやらない派ですが、
今回の世界的なブーム、日本での報道など、とりあえず知っとくかなければいけないなと、言い訳する。

早速やってみた。
何が面白いのか、、と思いながら、、徐々にのめり込むのがわかる。なるほどね。
まぁ正直ゲームとして、面白いか?というとそんなに完成度が高いわけではない。
しかし、何か、人間の根源的な欲求に訴えてくるポケモン集め。
意外にみんなやっているな。

まぁ任天堂の大逆転ゲームだな。(中身は違うが)
任天堂安心の平和的でほのぼのキャラも良いね。

ふと、日本古来の「妖怪」や海外での「妖精」などの存在を思い出した。
古来から、目に見えない代表としての、人間系の「幽霊」や「悪魔」などと違う、小さい存在を語ってきた。
日本の妖怪は不明だが、海外の四大、グノーム、ウンディーネ、シルフ、サラマンダーは各、土、水、風、火の属性という概念を持つ。

ポケモンも属性とかあるのかな?

とにかく、外に出ると史跡などがポケストップ担っている。
自宅からたまにGPSが迷うと「平安京朝堂院大極殿跡」からアイテムが取れる。

ハード的に、
思ったよりデータ通信はしていない。
しかし思った以上にバッテリーが鬼のように減る。
このアクオスフォンに変えてからエコ技とか、省エネ液晶ドライブとか初めて設定した。

ポケモンGO中に固まる。
ポケモンGOを起動する前に、メモルやキャッシュをクリーンナップすること。
→結局原因は、設定のバッテリーセーバー、これはオフに。さらにバッテリーが鬼減るな。

不満
卵を孵化させるのに、歩く必要があるが、例えば5キロだと、
千本丸太町→二条駅が約1キロ。丹波口駅までが2.5キロなので、丹波口駅まで往復。きついな。
問題は、ただ歩くだけではなく、ポケモンGOを立ち上げて、歩きスマ◯ォが前提となっている。(オイ)

画面オフだと、歩いた距離が加算されない。
本体の万歩計機能を利用して欲しい。不正防止かな?日々6,7千歩は余裕で歩いているのに。

昨晩の木屋町に呑みに出たら、いつもは迷惑にキャッチしてくる黒服などが、、スマフォ(ポケモンGO)に夢中になっている、、
また、声をかけてきても、こっちもスマフォ(ポケモンGO)に忙しいんだという感じで無視がしやすい。

木屋町は、季節外れの桜吹雪が舞ってました。 魔界都市京都に出るはポケモンか。

ポケモンに出会うには、家を出る、さらに人が集まる場所へ出かけろ、できればそこまで歩け。という感じか。
確かに近所では恥ずかしいが、街では普通にできるね。ただ事故などトラブルには注意しましょう!
posted by ほへと at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

スマフォブラウジングで広告がウザい。

「ほへと占いとは何か知りたくて、読んでる最中に広告がでます。下のほうで、移動しないならいいのですが、読んでる文字の上に❌をしても、常にでてくるので、読めないので困ります。イライラします。不具合を直してください。広告は迷惑です。」
というご意見を頂きました。

Q:こちらでは、スポンサー広告は一切していません。ほへと

HP(geocities)の方は、有料で広告が出ないはずなので、ブログ(seesaa)の方だろう。

確かに、「ほへとのブログ」をスマフォで見た時に、フローティングの広告が出る。
これは本当に迷惑ですね。絶対広告主の株下がるね。
ネットで調べるとやはり結構評判悪いですね。

一応ブログの設定で広告が出ない設定にしているのですが、スマフォ版は強制的に出るようです。
PC版サイトでは広告が出ないもよう。

FBやTwitterもそうだけど、無料でやってくれているのでありがたい。
スマフォだけ広告が出るのも仕方ない部分です。

seesaaブログのスマフォの広告を消す方法などもありますが、規律違反でアカが消されても困るので、
オススメは、スマフォのページを見るのではなく、PC版サイトを見ることで解決します。
スマフォ版は強制的に広告が出るので、スマフォでPC版サイトを見るということ。

PC版サイトを見る場合、ブラウザが「スマフォ」ではなく「PC」と閲覧者を偽装する、ユーザーエージェント偽装工作をします。
とはいえ、最新のブラウザでは標準装備されていますので安心して下さい。

アンドロイドは、Chromeのメニューから「PC版サイトを見る」でオーケー。
アイフォンは、iOS8のSafariに待望のユーザーエージェント切り替え機能が実装されたそうです。
「デスクトップ用サイトを表示」というので切り替えて下さい。

またシーサーブログにスマフォでアクセスすると、下に「PC版を見る」という文字が出ますが、これはダメです。
PC版サイトは見れますが、残念ながら広告が出ます。「スマートフォン専用ページを表示」が今度は上に表示されるので、スマフォからとバレていますので意味は無い。

PC版サイトの方が、字などが小さいので、拡大して読むように。
また、スマフォに比べ情報量が多いのでパケット数が増えるかもしれません。
この点は注意して下さい。(まぁ広告も結構パケット数多い)
posted by ほへと at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

DIME(5月号)の広角&接写スマホレンズ

DIME 2016年3月16日(水)発売 定価:750円(税込)
に、創刊30周年で、特別付録として、[2in1]広角&接写スマホレンズが付いてくるのゲットしました。

ネットを見てると、大反響で売り切れ続出らしいが、近所の本屋では、普通に積んであった。

P1400049.jpg
本体はすごく小さく軽い。クリップに広角&接写レンズ付いている。
さっそく、SH-01Gにセットしてみた。

DSC_0566.JPG
まずは、接写レンズで10円玉を撮る。いい感じだね。
これから桜撮るのに良いかも。

DSC_0580.JPG
水槽を撮る。広角は四隅がケラれる。ちょっとズームすれば直る。
でも、魚眼レンズっぽくてこれはこれでよいよな。

DSC_0571.JPG
ドア覗いているみたい。新聞いらないですよ。

結構、こんなもんでも楽しく使えるものですね。
まぁ、DIMEの付録ですが、広角&接写スマホレンズはスマフォのアクセサリーとして普通に売ってますね。


posted by ほへと at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォンなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg