2011年09月27日

丹田をゲットしよう!(1)

丹田というものを自分の身体内に作り出そう企画です。

丹田とは、並行・相反する方向の意識を、上位次元に引き上げひとつに統合していく思考能力を作り出します。
2番目のチャクラのことであり、数秘3に相当します。
まぁ健康維持や美容にも効果はありますが、もう少し高尚な目標設定です。


丹田に必要な条件。
・ある程度の健康と筋力はいる。
・上半身の脱力と重心の安定はいる。
・多少の身体や精神の病みでも、継続し続ける意志こそ一番大事。


基本的なロジック。
・伸筋という1と屈筋という2を調整統合し、1でも2でも無い、3と成すということだ。
4の伸筋、屈筋の同時緊縮とは違う。

1:伸ばす
2:曲げる
3:透明な力(虛)、勁。
4:関節の固定:両方


伸筋のターミナルポイントは、
かかとー(脚の裏)ー腰ー(上半身伸筋)

屈筋のターミナルポイントは、
つま先ー(脚の表)ー腹ー(上半身屈筋)

最初に吸気しつつ、伸筋のターミナルポイントを充填する。(1)
そして、呼気しつつ、屈筋のターミナルポイントを充填する。(2)
気合にて、統合する。(4)->(3)

という感じです。

伸筋のターミナルポイントである腰は、
多分、あなたが思っている腰は腰椎、ウエストではない。
腰を据えるの腰であり、尻や骨盤の上方位置。へその反対側。
重要な筋肉は殿筋。

同じく腹も、腹筋や単純なへそ下の腹でもない。
股関節から腰椎に走るインナーマッスルである大腰筋が重要。

それらを、まずはつま先、かかと、脚と協調して緊張していくトレーニングをしていきます。
まぁパート練習ですね。


次回は実際のトレーニング。
それまでには、基礎筋力を付けるために、スクワットや腹筋など、弱わった筋肉は鍛えておいてください。
posted by ほへと at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

塩分摂取

どうも、塩分摂取量というのが謎である。

塩分を取り過ぎると血圧上がって体に悪いとかいう。

でも、汗を多くかく仕事や、夏場などは塩分を十分補給しろという。
いったいどれだけ取ったらいいのか、どこからが摂り過ぎなのか?わからない。謎だ。

最近はよく汗をかくのだが、どれだけ塩分量を増やせば良いのか?
寝苦しい夜に、そんなことを考えていれば、不眠症にもなるので調べてみた。

一般に、健康な成人男子は10g、女性は8gが1日の食塩摂取量である。

これは、意外に多いと思う。
京都人の薄味だからか?

小さじ(5cc)= 食塩5gである。
また、ペットボトルのキャップも丁度小さじと同じ5ccだそうだ。

目の前のペットボトルのキャップを眺めながら、これ2杯分も塩取ってねーよと思う。
無論いろいろな食品や調味料に塩が入っていることは分かっているが、思ったより多そう。

100g入の食塩の小瓶、10日分。いつ買ったか分からないな。


塩分が不足するとどうなるか?
循環系統の機能不全が現れて、頭痛、めまい、疲労感、吐き気、噂吐、筋肉痙れん、失神となるようだが、そこまでに至らなくても、無気力、食欲不振等が起こるようです。

どうも最近の人に勢いというか、パワーが無いのは実は塩分不足ではないのか?


そもそも、基本を調べよう
塩分濃度(約)
海:3.4%
人体:0.9%
血液:1.1%
汗:0.4-0.5%

海水は1リットルあたり34gの塩が溶けているということですね。

よく、生命体の塩分濃度は、海水と同じと言うが、4倍近く違うやん。
と思ったら、生命誕生当時の海の塩分濃度は0.9%だったらしい。
すごい一緒やん。
生命体の塩分は1リットルあたり9g
生理食塩水も同じく1リットルあたり9g

なお熱中症等に理想的な経口補水塩(ORS)は1リットルあたり3gとやや低い。

血は若干濃いのね。

汗が0.4-0.5%ってことは、汗を1リットルかけば4,5gの塩が排出されるということ。

スポーツでは成人男性で1時間に1〜2リットルもの汗をかくそうです。
ということは激しいスポーツでは2時間で、1日の食塩摂取量が消えてしまうことになる。

通常の食生活、もしくは低い塩分では、頭痛、めまい、疲労感、吐き気、噂吐、筋肉痙れん、失神くるのが納得ですね。
(ちょっとお母さん、子供の麦茶にはちょっと多めに塩入れといて)
プロスポーツの世界では食塩目標摂取量は15〜20gという話もある。



経口補水塩(ORS)

そんなわけで、今日も暑い中、汗をかいて帰ってきました。
しかも、あえて水分補給を絶ち、追い込んできました。
熱中症初期の頭が少し痛い感じです。(まねするなよ)

経口補水塩(ORS)を薬局で買ってきたので、期待して飲んでみます。
P1070669.jpg
OS-1
あれ、もっと塩辛いと思ったら意外とそうでもないのですね。
身体が、塩分求めているのかな?
味的には、なんかトマトジュースっぽい塩分濃度かな?
スポーツドリンクより甘くないね。

なるほど、これが理想的な経口補水塩(ORS)ね。

自宅で簡単にORSを作るには、水1リットルに砂糖40gと塩3gを溶かすそうです。


また健康であれば20g程度は問題な塩分を排出できるようです。

P1070668.jpg
そんなわけで、今年の夏は、例年より汗をかきそうなので(節電等もあり)、塩を買ってきた。というかアマゾンで注文。
セルマランドゲランド ゲランドの塩(顆粒)1kg
健康の為というより、料理によいというのが理由。


また、ORSは飲み過ぎにも良いそうです。飲み助は二日酔い時の為にも用意しておこう。

バーテンの太一に、塩分の事を聞くと、飲み過ぎた客には、水だけではなく、塩も入れるそうです。
あと、スイカに塩を振るのも、その方が後でお腹が張らないからという意味もあるそうです。

塩分を取ることが不健康と思って、血圧の低い人。昔のヨーロッパでの血圧を上げる薬は、ただの塩だったそうです。

そんなわけで、塩って割ととっても大丈夫ということが分かった。
ただし、高血圧の方や、塩分摂取を制限されている人は、お医者さんの言う事をちゃんと聞いてください。






posted by ほへと at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

丹田(重心)を利用した身体操作へ

3才、4才の小さなこどもが、GalaxyTab(7インチタブレット382g)をもってゲームしていた。
その小さな腕と手でそれを持っているのだけど、決して肩の筋力を使う感じはなく、自分の体重の反発力で全身でGalaxyTabを持っている。
小さくしかし真っ直ぐに立ち、腕を前に伸ばす姿勢は、リラックスと美しくかなり上手い站樁(立禅)のポーズだった。

昨ボディワークの教室があって、剣道経験者に、剣は肩や腕の腕力で振らないことを説明して、自身の体重というか重心というかを急激に変化させ、それを源とする力で剣を振って見せた。
素振りも気をつけないといけない。
根性で回数では、反復練習の弊害もある。
即ち身体が剣術ではなく、
反復素振りに適した身体となる。
必ず振る時は一歩前に出る。
同じ場所で反復での素振りはしないように。


丹田(重心)を利用した身体操作は、
筋力を源としたものとはアルゴリズムが違う。

子供は天使だったが、成長して人間になるのだなと思う。

比較すれば、多くの人はロボットのように身体を動かしている。

勉強、デスクワーク、ゲーム、携帯で姿勢は崩れている。
身体を起因とした、また問題が身体を蝕んでいる。

ほへともコンピューターエンジニア(SE)で身体を壊したが、
おかげで、身体の探求ができたことは大きかった。

筋力に頼らない身体操作を研究し、肥田式強健術を中心にヨガや合気、中国拳法などを研究実践した。

別に不可解な事や、非科学的なことではない。
重力や慣性や遠心力や物理法則と解剖学によって説明できるもので、
無論教えることができる。
教わるには、理解力はいるが、信仰心は逆に要らない。
そんなものだ。

ある日それができたとき。
封印が溶けた感じがした。
地に足が付くのではなく、地面との一体感。

身体を動かすのは意志であり、心(エゴ)ではない、
身体と心では、身体が上位であることがわかった。

心の奥に魂などがあって、転生するなどというエゴなミクロの方向は完全に袋小路と悟った。
逆だ、身体を通じて、現実とか、相手とかを統一していく、マクロな方向が、精神的なのだ。

それにより、思考、発想を抑えるシールドも外れた感じ。
後の占術研究にも、大きく影響したと思う。

皆さんも是非、そういう感じを、感じてほしいな。
posted by ほへと at 17:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

体の鍛え方について(1)

そもそも、健康のために身体を鍛えるというものは近代のようです。
それは明治以降、「体育」という概念が生まれ、健康のために身体を鍛えることが始まった。

明治以前は武士等が武術向上ために鍛錬はあった。
また仏教や修験道や宗教的に、修行というのはあった。

一般的には、日常生活即鍛錬的な、水をくみ、薪を割り、田畑を耕し、今からすれば、すべてが重労働のようなものです。

現代、都会において、日常生活で重労働は無いとは言わないが、少なくなってきている。
(介護とかすごい重労働はある)


ともかく、現代人は身体を鍛えなければいけない。
ホモサピエンスが設計された時より、遥かにエコな筋力で生活できる。

しかし、生活に筋力は要らなくなったかもしれないが、姿勢維持に筋力はいるのだ。

二足歩行、無駄にデカイ頭。
筋力が衰えるとまず姿勢が悪くなり、骨格系トラブルのみでなく、様々な問題が吹き出してきます。
最低限、姿勢を維持する筋力は、健康に生きる上で必要なのだ。



深夜のテレビの健康器具通販も、エクササイズビデオも、効能は素晴らしく、よく研究されていると思う。

でも、最大の問題は、そう、続けられないのだ。

別に優勝するとか、痩せて褒められるなどの、目に見える飴も人参もない。

別に、トレーニングをしなければ、すぐ死ぬわけでもなく、
やったからといって、すぐに、劇的な効果が現れるわけではない。

そう、いつも思う。
どのトレーニング法が優れているとか論ずる前に。

習慣として、続けられるかどうかが、最大のポイントなのだ。

ほへとは、基本、トレーニングの服に着替えたりはしない。
そして、大層な器具は使わない。
なにより、日々は長時間トレーニングをしない。

すべて、「続ける」為にそうしている。


よく、腕立て伏せや、腹筋は身体に悪い的な話をする人がいる。
さも、高度なトレーニングが素晴らしいなどという。

が、初心者にまず必要なのは、そんなことではなく、継続力があるか否かだけである。

だから、継続するためには、まず非常にシンプルで、短時間でなければいけない。
次なにするのか?考えながらでは続かない。

とりあえず一週間毎日、スクワット30回してください。

それができない人に何をいってもダメだということです。

スクワット30回、腕立て10回、腹筋20回。
これを、1週間お試しください。無料です。
時間にして、3分以内です。


慣れたら、スクワット50回、腕立て20回、腹筋30回。と増やしていけばいいのだが、
スクワット200回、腕立て50回、100回ともなると、バランスとして、ここも鍛えないと、ここもと、さらに時間が掛かってくる。
時間短縮のために、ウエイトを使おうか、器具を使おうかとなっていく。

その段階に達してから、質的なトレーニングやボディワークに行けばいいのだが、
それまでは、まずは継続できること、身体のトレーニングが習慣となること。

その前に、無駄にいろいろ勉強しても、続けられないうちは、何やっても結局はダメなのです。

今は腕立てで十分。来年、再来年、もっと高度なことをするために準備です。

というわけで、頑張りましょう。
posted by ほへと at 17:37| Comment(1) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

東京ほへとボディワーク教室8月28日(土)&29日(日)

明日から東京へ行きます。
8月28日(土)・29日(日)の夜7時から、表参道での東京ほへとボディワーク教室は両日とも空きがあります。
対面鑑定は少し空きがありますが、ボディワークは思いっきり空きがありますので、興味のある方は是非参加してください。

東京ほへとボディーワーク教室
参加費 3,000円 (2858円+税)
日時:8月28日(土)& 29日(日)/19時〜20時45分
場所:表参道周辺
持ち物:軽く運動できる服装、タオル等


また、新宿での対面鑑定に、各日夕方に若干空きがあります。対面鑑定希望の方は早めにお願いします。

東京対面鑑定◇8月27日(金)・28日(土)・29日(日)
対面鑑定の空き状況
27日(金) 16:30〜17:30 1時間
28日(土) 14:30〜16:00 1時間半
29日(日) 16:30〜18:00 1時間半

25分 5,250円 
55分 9,450円


>>申し込みはこちら

posted by ほへと at 10:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

腹と胸

寝て、足(足裏)を意識すると、丁度感覚的に頭との中間に腹(下腹)が来る。
骨盤内に球状のボールを意識的に作り出し、その中心点をさらに集中するように。
身体動作における、バランスの中心的位置である。
丹田やコアといったりするが、ほへとは単に「腹」と呼んでいるが、
下丹田という言い方もする。

腹が座っているという、重心や精神の安定感という側面のイメージが強いが、
バランス感覚、精神面、行動面共にある。
バランス感覚の良さは、時には常人の理解を超えた、思考の飛躍や行動も同時に持つということ。

今度は、腹を意識する、すると(頭との)中間に胸が来る。

まずは、足裏を意識して、腹をまず感覚的に意識できること。
それが十分できてないのに、先に胸を作ると、いろいろ大変だ。

胸と言っても、女性の乳房とかではなく、また、壇中など表層でもない。
胸郭中心的位置である。
感情的感覚を、下方向に腹に流し抑えたり、それこそ胸を突き上げるなど。
ここがうまく機能していないと、、いろいろ辛かったり、苦しかろ。
または、感情的なイベントが皆無だったりする。(現代人はこっちが多いかも)

胸、別名、中丹田、または、アナハタ(チャクラ)などと呼ぶがそれはどうでもいい。

感情の中枢と云われたり、感情エネルギーをキャッチするアンテナなどいろいろ云われるが、
それも、話半分に参考にすれば良いと思うが、そのものではないと思う。

現実側、ほへと用語ではセルフ側がエゴ側に成長を促す場合に必要な場所である。

腹ができてなく、胸だけできていれば、単に現実にバタバタするだけ。
身になるには、まず、腹をこしらえなければいけない。

腹は、女性は妊娠・出産、生理痛を体験することで出来てくる場合もある。
男性等は意識的に、腹を鍛えるのが重要。
身体的な鍛錬や、我慢することはやはり重要である。

そういう意味では、もともと女性は、胸や腹を会得しやすい。
だから、本質的に女性に勝つとか無理だし。と思っておいたほうがいいかもしれない(?)

とはいえ男女関係なく、腹や胸が出来ていない人は多い。
ただ、ささえきれない頭でっかちで、悩み、切れる、知識には行動が伴わない。
ふらふらと何をかを求め迷う。

たまには、姿勢を正してみよう。
姿勢とは、腹と胸と頭をまっすぐにすることである。


丹田について、、とりとめなく。

身体風水HP

-----------------
◇次回の東京対面鑑定は6月18日(金)・19日(土)・20日(日)
東京ボディワーク教室はは6月19日(土)・20日(日)の夜7時からの予定です。
>>申し込み

posted by ほへと at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

下駄での歩行

祇園祭に久々に下駄で歩いた。

よく足の親指のところ、鼻緒のところが痛くなる人が多いが、
そこはまったく、まったくなんともない。
それより、ちょっと、ふくらはぎが痛い。


下駄で歩く事は、ボディワークの研究の一環として以前によく行っていて、東京へいくのも下駄の時があった。

祇園祭も、年々下駄人口比率は減少というか天然記念物状態、浴衣の男性はほとんどが雪駄である。
これには、せっかくの浴衣も残念なところだ。

しかし現代人には下駄で歩く事はかなり困難だと思う。
西洋の靴とは、基本的な考え方が違いすぎる。
下駄にとっては、靴のように歩きやすいようにとか、衝撃を吸収しようとか、人間工学とか、足に合わすとか意味分からない。

靴で日常歩いている人も、一度下駄で歩く難しさをしれば、いかに靴に歩かせてもらっていたのかがわかるかも。

逆に、下駄でうまく歩く事ができれば、日頃の悪い姿勢や歩く時の悪い癖が直る可能性がある。
そして、歩く技術が格段にアップするだろう。(だったらいいな)

まぁでも闇雲に下駄で歩いても、足の指を痛めて終わりだろう。
それでも、下駄も祭りや花火大会の今ならナチュラルに履けるので、是非トライして欲しい。
本当は女性にもすっごくおすすめで身体には良さそうなのだが、、


下駄での歩行訓練。
・鼻緒のところが痛いのは歩き方が悪い。痛くなったら無理せずに訓練中止。
・カランコロンと音が出すぎるのも良くない
できるだけ、音が出ないように歩く事。
階段を降りる時など、全身で衝撃を吸収すること。

・下駄はたえず水平を意識する。特に下駄の前を擦るような歩行はダメです。これは歩いた時に後ろの脚が粘れていないのだ。

・重心は靴の時より前で。下駄の歯->脚->背骨と垂直を意識する。
・かかとやつま先で地面を蹴らない。
・そっと下駄を前から後ろへ平行にスライドさせる感じ。ついでにいうとその時に、やや内側へ内転させつつ内々に引き寄せる感じ。だから前に出す時はややガニマタとなる。


最後に下駄の形はすばらしいものです。考えた人は天才と思います。
うまく歩けない人は、下駄の形がなぜそうなのかをよく考えてみよう。
posted by ほへと at 17:48| Comment(1) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

夏バテ対策。

まずは下半身の基礎筋力から。

スクワット
1分あれば30回位はできる。
しんどいの10回より、ハーフスクワットでもいいから3分(100回ほど)ほどするのがおすすめ。
あまり急激に高負荷をかけないように注意。(血管切れるぞ)

暑いか雨で、歩く事が減っている分、1日何回か行う。

腹筋や腕立ての前にもスクワットも入れる。


冷房で顔がいい感じ冷える時。足は冷えすぎているのだが、顔と比べて感覚が鈍感なので冷えすぎている事に気づかない。
しかも、暑いので、湯につからずシャワーで済ます事が多い。
たまにはしっかりお湯につかり下半身を温める事。


水を飲み過ぎない。
最近水分補給とよくいわれますが、
汗が出ないほど、水分が足りない事より、
水分を取り過ぎで、胃が冷えたり、胃液が薄まったりで消化器系が弱ることに注意。

アイスコーヒーや緑茶でカフェインの取り過ぎにも注意。


栄養のあるもの=元気が出るのではない。

風邪引いて、熱が高い時には食欲が無いはず。
それと同じように、身体が暑く火照っているときに、
濃い食事は当然身体が受け付けません。

そうめん、冷や奴などあっさり系で乗り切ろう。

胃腸が回復したら食欲が出てきます。
その時にしっかり食べるように。

スパイスなどで無理矢理食べる事も注意。
薄味で、美味しく感じるなら食欲はある。


蒸し暑くて眠れない事、目が覚める事もある。
時には冷房が効きすぎる時もある。
毎日どうすれば快適に眠れるか試行錯誤しよう。
設定温度やタイマー、冷房かドライかなど

サ−キュレーターって結構使えますね。
posted by ほへと at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

肩甲骨

昨日のボディワークでは、肩甲骨のトレーニングをした。

基本は肩甲骨を上下に動かす。(広げる・閉じるもする)

それに、腕を連動したり、呼吸(胸式)と連携させたり。

肩甲骨は、天使の羽。
が、背中から生えているわけではない。

肩甲骨は肩関節、鎖骨を経て、胸骨の上部につながっている。
背中ではなく、胸につながっているのだ。

腕は肩関節から鎖骨と肩甲骨と複雑な構造をしている。
ガンダムやリカちゃん人形のようなシンプルな形状ではない。

背中ガチガチ、鉄板状態のおばさんいるね。

肩甲骨が、背中と一体化。
すると、肩も鎖骨も動かない。

腕は、肩から窮屈に動くことになる。

腕は本来、肩から動くのではなく、鎖骨から動かすのだ。

だって、肩を動かせるでしょう。
肩が自由に動けば、肘の位置も自由になり、
仕事範囲と効率がアップします。
表現力もアップします。
ダンサーから営業マンまで必須のスキルですよ。

また背中は、愛情を受けるアンテナ。

背中が寂しいとか、哀愁ただよう背中と表現があるように。

背中がこっている人、変に盛り上がってる人、骨が出ている人は、愛情が不足するような現実を呼び寄せます。

まず、腰骨、背骨が地面に対して垂直か。
多くの人が、後ろに反っている。
垂直運用するように設計されているので注意していただきたい。

慣れれば、呼吸とともに、肩甲骨を上げて、重みを胸側に落としたり、
肋骨を広げて、背中側に落としたりしてみよう。
背中と胸が柔軟になります。

腕が自由に動けば、発想も自由になりますね。

ーーーーーーーーーーーー
まずは肩甲骨を感じる事。
パートナーにマッサージしてもらったり、孫の手使ったり。

鎖骨を中心に肩をまわす。
肘をいろいろ動かす。

肩甲骨を肩をすくめるように上げる、肩を下げて、肩甲骨も下げる。
できれば、まず肩甲骨を上げて、肩が上がる。肩甲骨を下げて、肩を下げる。
posted by ほへと at 19:19| Comment(1) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

寝る姿勢

立つ姿勢、歩く姿勢。
姿勢は重要だけど、寝る姿勢というのも非常に重要で、奥が深いものがある。

例えば、仰向けで寝る場合でも、
手の位置。首の位置。

楽な姿勢で寝なければ、楽な息ができない。

寝るときの呼吸も研究すると良い。

背中の筋肉(伸筋)が強いと頭は枕に押さえつけられる。
腹の筋肉(屈筋)が強い、また猫背、肩こりがひどいと、頭は枕から浮こうとする。

寝たときに、背骨がSの字はウソ。
それは立ったときの重力に対抗するため。
寝れば、背骨はまっすぐ。でないと疲れはとれない。

腰骨は浮かない事。
浮く人は、足を曲げてから、徐々に伸ばす。

眠れないときは、呼吸が狂っているのかもしれない。

足がだるいときは、ふくらはぎをマッサージしたり、伸ばしたりしてから、眠りに着くとよい。

環境も大事。

ベッドの横に、タンスとクローゼット置いて、窓際の騒音が直接入らないようにしたら、すごく眠れるようになった。などの話もある。

基本、寝るベッドの近くに、不快なモノは置かない。

また、怖い夢や霊系には、近くに、水(陰)などが無い事。
水晶なども陰なので、あまり陰に傾きすぎないように。

なかなか寝付けなかったり、眠りが浅ければ、ベッドの位置を変えてみる。
枕は基本、頭寒足熱をテーマで決める。

よく眠るには、良い寝具を買って終わりではない。
よく眠るにも、スキルというものが必要。

良い睡眠は、起きている時間を良くします。

より良い睡眠とはを、問いかけて、試行錯誤してみてください。
posted by ほへと at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

一輪車の達人

昨日ボディワークの教室で、某現在教諭で、一輪車クラブ顧問の人から一輪車の達人の話を聞いた。

学生の頃、すごい一輪車の達人が来たそうだ。
それまでの一輪車がうまいというのとは一線を引く達人だそうで、
その達人曰く一輪車は完全脱力で乗るそうです。

ある研究所で、今までに、一輪車を乗る時に使用する筋肉というのは研究されていた。
その一輪車の達人が実際どの筋肉を使っているかを機械を使用して測定したら、
おかしい?、機械が壊れたと思ったらしい。

そのくらい、完全に脱力して一輪車を走らせていたそうだ。

その人の一輪車の指導を受け、一輪車をうまく乗れるようになったそうだが、
さらに、不思議なことに?、今まで全く足など速くなかったそうだけど、
いきなり、短距離走が高校で一番になったそうだ。
陸上の短距離の人と走っても勝ったそうです。
これにはとても驚いたそうです。

なるほど、脱力が短距離走まで速くする、理屈はわかるが、すごいね。

脱力って説明が難しい。
だらけている、休憩しているのとは違う。
力を貯めているのでもない。

リラックス、力を抜く、体内を意識する。などいろいろ表現はある。

子供の頃に、一輪車や竹馬やゴムとびなど、そういう体験は大事な事だと改めて思った。
と同時に、それを教える人が現在は少なくなっているのだな。
(でもいい先生はいるのだな)

ほへとボディワーク教室では、少しでも脱力するヒントを教えられたらと思います。
posted by ほへと at 19:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

続・東京ボディワーク開催について

東京ボディワーク開催ですが、結局、4月17日(土)と18日(日)の両方にほへとボディワーク教室を開催することになりました。

アンケートでは、18日(日)が圧勝だったので、18日(日)に決定と思ったけど、その日だけでは、すでにほぼ定員が見えているのと、関西人(?)ならではの値引き交渉術で、連日にするから、スタジオレンタル料金を負けてとお願いの結果、京都から来られるのならと、快く(?)負けて頂きました。

というわけで、4月17日(土)と18日(日)の両日、同じ時間に開催します。

メールを直接頂いた方はまた案内を送ります。

参加希望の方はフォームより申し込んで下さい。
17日(土)の方が余裕がります。

また、東京対面鑑定(新宿)も16日(金)・17日(土)・18日(日)と連日行ないます。
(17日(日)・18日(日)は夜6時までです)


ボディワークの場所は、表参道周辺のレンタルスタジオ
4月17日(土)と18日(日)
時間 PM 7時〜8時45分
場所 表参道周辺:
明治神宮前駅4番出口徒歩5分/表参道駅A1出口徒歩7分/原宿駅表参道口改札徒歩7分
定員 15名
会費 3,000円 (2858円+税)

運動のできる服装、もしくは運動できる着替え。タオル等。
(軽めの運動ができる服装であれば良いです。)

どんなボディワークかというと、
身体がいろいろな問題を引き起こします。
例えば、腰が悪いー>人間関係のトラブル。胃が悪いー>近未来の心配など。
それをボディワークによりその部位を調整/鍛錬し、現実の様々な問題を解決に向かう、身体風水というやつです。

基本的には、姿勢に着目し、脱力できる、そして、力の出る姿勢を目指します。
それによる精神面での安定も期待します。

ツールとして、主に肥田式強健術やヨガ、その他各種ワークを駆使します。


今回はまだ定期的な教室ではなく単発ですので、あまり深いことはできませんが、以下のメニューを考えています。基本初心者向け(ソフト)です。

・足/脚マッサージ
・準備運動
・姿勢についてレクチャー
・呼吸法
・下体トレーニング
・上体トレーニング
・タントウ功/スワイショー
・肥田式強健術第1動〜第5動
・ゲーム等

姿勢の重要性と、いかに今までの姿勢が問題だったかを知る機会となれば良いですね。


>申し込みフォーム
(問い合わせは:hoheto@gmail.com)
posted by ほへと at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

東京ボディワーク開催についてとアンケート

東京で、4月17日か18日にほへとボディワーク教室を開催することになりました。

今、17(土)か18(日)のどちらがいいか検討しています。
参加希望でこの日がいいというのがあればコメント下さい。

場所は、表参道周辺のレンタルスタジオの予定です。

お待ちかね、場所を探していて、なかなか決定打が無い中、
小太郎さんからのおすすめ情報で現在進行中です。

予定
4月17日(土)か18日(日)
時間 PM 7時〜8時45分
場所 表参道周辺:
明治神宮前駅4番出口徒歩5分/表参道駅A1出口徒歩7分/原宿駅表参道口改札徒歩7分
定員 15名
会費 3,000円 (2858円+税)

(仮)参加希望やご意見ご要望は hoheto@gmail.com 
>日時決定時に定員優先しますので案内メール必要な方はメール一応下さい。
posted by ほへと at 20:32| Comment(5) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

3月だけど寒いですね。

鼻風邪と花粉症なのか、ズルズルだな。(涙)

まぁ雨に濡れたり、この寒かったりで仕方無しか。

真冬の寒さと違い、同じ気温でも湿度が高いですね。

湿度が高いと、芯まで冷えてしまいますね。

しっかり足が冷えているな、ゆっくり湯でもつからねば。


とにかく、鼻がすっきりしないのですが、こんな時におススメは、
ミントのど飴かな。
それと少し上のグレードのティッシュを使う。

この前、ある研究所の人と話したのだけど、
その人は、人の妊娠・出産の研究をしている方で、実は当たり前の妊娠も、身体からすれば子供という細胞は異質の存在。免疫作用によって体外に排出、すなわち流産するはずだが、
今でもまだこの当たりが謎らしく、神秘的な力によって、流産せず、子宮内で育つそうだ。
人体には、免疫の強い部分と、弱い部分があるそうで、鼻や目は、常に外界に接しているので、わりと免疫機能がファジーだそうです。
いつも、いつも免疫機能がガチガチなら、常に涙や鼻水が大変だからね。なるほど。

花粉恐るべしだな。


タバコの煙にしても、知人の煙なら気にならなくても、知らないオッサンの煙はやたらケムイ時があったり、それをカユく感じたりします。
(調べたら強いタバコなだけだったりの可能性もあるが)

意識も大切なのだろうね。
どうしても、意識というやつは、何かと分けたがりなので。
友人などは、内、そんなおっさんは外とオニのように感じているのだね。

そういえば、天河神社の節分は、鬼は内、福は内と善も悪も受け入れようコンセプトだったな。

人間時には、毒も大切。人生にそんなことも起こる。

極端な意識は、アレルギー反応を過敏にする。

治癒力を一番アップするのは、何も考えないこと。
たとえ、ネガティブではなく、ポジティブなことを考えるより、何も考えない方が、身体は良くなる。人生も案外そうかもしれない。

あと、温めることも、治癒力アップですね。
身体もだけど、心も温めるようにしないとね。

posted by ほへと at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

まず座禅しろ

今日も某所でボディワークの教室でしたが、
そこの生徒さんがいろいろ学びすぎて、
混乱していた。

どうも、こういう人は座禅をさす。

ボディワークは頭でやるものではない。
理屈や理論が先行してはいけない。

何も考えずに座禅しましょう。


座禅の仕方。ほへと式

今回は座布団など尻にひかない。
足を組むが、初心者は膝が決して浮かないように、
体重を前に掛けます。
膝が1mmでも浮いたらアウトです。
しっかり地面につけます。

尻に何かひくと、膝に体重が掛かりやすいが、
あえてそれはしないのがポイント。

前屈みで結構。続けていれば分かる。

あとはどうでもいい。

最初は足首とか痛いけど、ヤメたらそこで終わる。
座禅は一生できるボディワークです。
何年掛かっても、座れるようになりましょう!

本当は30分から1時間ほど座るのだが、10分程度。

その人の顔はすっきりしていて、
頭で考えていた座禅とは違ったようだ。

次の名古屋のボディワーク教室でも座禅をちょこっと入れることにしよう。
posted by ほへと at 20:35| Comment(6) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

名古屋・ほへとボディワーク教室(10/29)

名古屋で有志による協力でボディワークの教室を開催することとなりました。
ボディワークに関心のある方は是非申し込みください。

名古屋・ほへとボディワーク教室 
日時:10月29日(木)19時〜20時45分
会費 3,000円 (2858円+税)
場所:ウィルあいち 愛知県女性総合センター
(愛知県名古屋市東区上竪杉町1番地 052-962-2511)

運動のできる服装、もしくは運動できる着替え。タオル等。
(軽めの運動ができる服装であれば良いです。)

どんなボディワークかというと、
身体がいろいろな問題を引き起こします。
例えば、腰が悪いー>人間関係のトラブル。胃が悪いー>近未来の心配など。
それをボディワークによりその部位を調整/鍛錬し、現実の様々な問題を解決に向かう、身体風水というやつです。

基本的には、姿勢に着目し、脱力できる、そして、力の出る姿勢を目指します。
それによる精神面での安定も期待します。

ツールとして、主に肥田式強健術やヨガ、その他各種ワークを駆使します。


今回はまだ定期的な教室ではなく単発ですので、あまり深いことはできませんが、以下のメニューを考えています。基本初心者向け(ソフト)です。

・足/脚マッサージ
・準備運動
・姿勢についてレクチャー
・呼吸法
・下体トレーニング
・上体トレーニング
・タントウ功/スワイショー
・肥田式強健術第1動〜第5動
・ゲーム等

姿勢の重要性と、いかに今までの姿勢が問題だったかを知る機会となれば良いですね。

申し込みはこちらか 
(※定員になり次第閉め切る場合もございます。お早めに)
posted by ほへと at 10:27| Comment(3) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

足マッサージ

秋になり、これから寒くなってきます。
上半身が寒いと感じる前には、すでに足は冷えています。

足が冷えきる前に、足をちゃんと暖めましょう。

足が冷えて、こってしまうと、確実に健康問題と精神問題を引き起こします。

このあいだも、ふくらはぎから足首がガチガチの人がいた。
心臓にそうそう負担かかってるよ。
さらに、頭のストレスというのはこの足首に出るので、
相当頭イライラきているはずだよ。

>ハイ、心臓病の家系です。
>さらに、最近頭がぼーっとして考えられないです。
>生理痛もひどいです。
との回答。

○基本知識1
血液や体液(リンパ液)等は重力によって足に集中しやすい。
これがわからない人は、コップに水を入れて、その水を胸前から足もとにこぼしてみてください。
すごい勢いで、床が水びたしになるでしょう。

通常の物理法則では、液体は上から下に落下するには力がいらないが、下から上には力が必要なのです。
(重力を負かさないといけない)

そんな理由で、ほっとけば足に血液がたまりそうだけど、人体のすばらしい機能で、心臓、呼吸、血管、各筋肉の働きで、滞り無く、血液は全身を巡ります。

だが、冷えたり、足にこりなどがあり、血流が悪くなると、一見、足に血液が来ないイメージがあるが、
そうではなく、やってきた血液が、心臓に戻らないのです。
心臓はがんばって血圧などをあげたりしますが、それで血流が上がらないと、
非常に疲れます、そのうち、不整脈や発作を起こします。

こり、冷えを無くして、足の血流は良くしましょう。

○基本知識2
気温、暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へ行きます。
普通、心地よい温度と判断する場合、上半身の方が温度に敏感なので、
上半身基準になっています。
その場合、下半身は、想像以上に冷えています。
まぁ当たり前ですけど、足は冷えやすいということを再確認しておいてください。
シャワー派の人は、足湯して、しっかり足を温めてくださいね。


足がむくんだ経験のあるひとはわかると思うけど、
しんどいのは足だけではなく、全身がだるくなるのです。
頭もすっきりしませんね。

というわけで、今から、足の血行を良くするように、
たまにマッサージでもしましょう。

セレブはマッサージ屋に行くのもいいが、基本は自分でかパートナーとマッサージし合うことをお勧めする。


マッサージ例
(1)足の指を反らす、曲げるを50回。
(2)土踏まずをマッサージ
(3)足首を入念にマッサージ(痛みがなくなるまで)
・三陰交(うちくるぶし周辺)
・足首の真後ろの線に沿って、ふくらはぎまで。
・足首の内側(すね)に沿って、ふくらはぎ内まで。
(3)ふくらはぎをマッサージ
・ふくらはぎの真後ろのラインを意識して痛いくらいにもみほぐす。
・そのときはすねの骨の後ろを押さえるつもりで。

トレーニング例
・つま先立ち
・後ろ歩き
・スクワット(森光子さんの回数はやろう)
・前屈(脚の後ろをのばす)
・アキレス腱のばし
posted by ほへと at 16:54| Comment(3) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

首の話し

夕方から雨。さすが梅雨だね。


今日は歯医者いって、無事前歯を入れてもらい、感謝。
快適に生活が出来るね。
でも、ひとつ、ウソを覚えたような感じ。
身体は、多少異物を入れても大丈夫なのが凄いね。

今日は、高野(京都の北東の方)で、定期のボディワークの教室へ行く(教えに)。

そういえば、東京の友人が、残念ながら、整体へ行って、首をいじってもらったそうだ、その後頭痛とめまいで、病院でメニエルかもって言われたそうだけど、
いやいやいや!メニエルちゃうだろ!原因は分かるだろ!ちゃんと首いじったこと説明しろな!とアドバイスをした。

今日も教室で、首の話が出て、首の位置、頸椎と頭蓋骨、噛み合わせのことを説明した。

そして、一番最後に調整するもの。

例えば、かかとに体重が偏って、骨盤が前に出て、胸を反ったような姿勢では、首は自然と前に傾斜する。それを正すには、足裏の重心を真ん中にして、脚を垂直に立たせ、骨盤の位置を決定しなければいけない。そうして、腰を真っ直ぐに立て、上半身は脱力してかつ、自然と首を真っ直ぐになるように、時間をかけてトレーニングしていくものだ。

それを、安易に頸椎の何番がずれていると、調整すれば、運が悪くなくても、当たり前に、身体はおかしくなるに決まっている。

なお、首が痛いとか、首に問題があれば、即その人の金運に関係する。
ほへとの身体風水では、首=金だったりすので、首は大切にしよう。
お金も、いろいろ考えて行動して、成長して、手に入る物だ。
お金が無いと、安易に、借金すれば、人生はおかしくなるかもしれないのと一緒。
土台が大切。

ほへとのボディワークの教室は、肥田式強健術というプログラムを使用して、重力や身体の使い方を一から学び直す。

人間最後は身体が資本なので、なにより身体は大切にそして、身体(エゴ)をうまく使いこなしましょう。
posted by ほへと at 21:21| Comment(10) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

花粉症対策

こないだ、東京行ったときに、鼻水がでました。
関東の方が花粉が舞うのが早かったようです。

こっち関西でも、花粉が激しく、舞ってきました。

目が特に辛い、なんかすごくイヤな感じになる。
外出先のトイレでも、目を洗ってしまいます。

花粉症が酷くなる時。
・寝不足、深酒
・甘いモノ、糖類の摂取
・冷え。上半身(鎖骨、胸上部)&足

甘いモノを取ると鼻アレルギーになりやすいですね。
花粉症の症状が出ているときは、結構、胸上部が冷えていますね。
免疫機能アップの為に温めましょう。
また、長めお風呂で足をしっかり温めましょう。

ほへとの場合は、それほど酷くないので、マスクはしていませんが、ティッシュ多め(外で切れたら大変)とミント飴(無糖)はしっかり装備して外出します。

結構みんな花粉症で辛そうですね。

まぁいつも言ってるど、花粉症ってアレルギーではなく中毒です。
症状がアレルギー反応だけど。

花粉の取りすぎないように注意ですね。
posted by ほへと at 19:47| Comment(4) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

丹田について、、とりとめなく。

丹田とはなんだろう。
人体下腹部にあるが、解剖学上にはそんなものは無い。
あえて言うと、女性の子宮位置、膀胱裏の自律神経叢か?
というか、ある人と無い人がいる。

その点、比較的女性は丹田を獲得しやすい。

女性で重心の上がっている人は生理痛になりやすい。
子宮を、痛みをしっかり見つめるように意識する事。
妊娠、出産で、丹田瞑想のカリキュラムは組まれている。

丹田で微笑みを感じてみよう。


丹田には力を入れてはいけない。
丹田には力が入っているのだ。
緊張というよりは、脱力に近い。
しかし、力は入っている事。
力を抜かなければ、力は入ってこない。

上半身が緊張しがちで、脚も重いなら、
どうすれば、下腹に力が入るか考えよう。ヒント、姿勢。

丹田は、下腹だけではない。
脳幹部、心臓も大事だ。
これを、上丹田、中丹田と云っていた。

下腹、丹田だけ作ればいいものではない。

丹田が出来ても、コミュニケーション能力や、現代の雑多な情報処理能力が無いと、
生きていくのは大変。それで食えるモノではない。
確かに、多少じゃ動じなくなるが、それで成功する保証はない。

現代は、丹田より、中丹田、上丹田の時代かも知れない。
とはいえ、団子三兄弟のベースである丹田は、一番大事。
丹田無く、上丹田だけ、発達したら、確実に精神が病む。
だから、まずは丹田を作るのだ。

呼吸法で丹田が出来るというのもウソだ。
呼吸は必要だけど、
それだけで、丹田が出来る事はない。
横隔膜を下げ、腹圧を掛けた下腹を、
それを、丹田と結びつけるのは微妙。

そして問題の重力・反発力を利用するには、正しい姿勢がいる。

座禅は、丹田(重心)の位置を探求する。

変に丹田という言葉を知っている方が丹田から遠ざかるかもしれない。
只、何も考えず、座ってみる。
正座で良いから。

丹田と悟り、丹田と健康、気功、武道などと安易に結びつけるんじゃない。
丹田があれば、即健康になったり、強くなるといった性質のモノではない。

肥田式強健術という、丹田鍛錬法がある。
ほへとがライフワークで研究しているテーマでもある。

肥田式は、動作より、丹田部へ力を集める。
呼吸は後から付いてくる。
丹田部に、繰り返し、衝撃をあたえる。
それは、呼吸法、逆腹式等の腹圧とは別衝撃である。

なお、肥田式では、さらに丹田を正中心と進化させている。

現代人には丹田どころか、犬腹が良いという風潮がある。
丹田腹はメタボでもある。
健康増進し、胃腸の消化吸収が良くなる結果、多少メタボにもなるよ。
無論、普通一般なメタボとは、格?が違うが。


日本人の体質と、丹田というのは、うまくマッチしていたのだろう。
でもそれは、昔の話。
丹田、丹田では、世界に適わなかっただろう。
仕事も社会も変わったのだから。

腹の底の正義は無く、只、下らん法律だけが、世を縛るのであった。

丹田とは、身体内の陰陽を統一したものだ。
身体内の陰陽統一は、身体外、現実のバランスへと向かう。
現実への働きかけが、エゴ的パワー重視ではなく、
調和の中に存在する、頑張らない力を利用する。

中丹田は、刻々と変わる世の状況に、あなたが対応できるようにする。
丹田だけではやはり、時代に遅れるのだ。

それでも今あなたが直面している問題解決の為に、丹田の獲得は有効だと思える。

posted by ほへと at 17:38| Comment(4) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg