2010年05月25日

肩甲骨

昨日のボディワークでは、肩甲骨のトレーニングをした。

基本は肩甲骨を上下に動かす。(広げる・閉じるもする)

それに、腕を連動したり、呼吸(胸式)と連携させたり。

肩甲骨は、天使の羽。
が、背中から生えているわけではない。

肩甲骨は肩関節、鎖骨を経て、胸骨の上部につながっている。
背中ではなく、胸につながっているのだ。

腕は肩関節から鎖骨と肩甲骨と複雑な構造をしている。
ガンダムやリカちゃん人形のようなシンプルな形状ではない。

背中ガチガチ、鉄板状態のおばさんいるね。

肩甲骨が、背中と一体化。
すると、肩も鎖骨も動かない。

腕は、肩から窮屈に動くことになる。

腕は本来、肩から動くのではなく、鎖骨から動かすのだ。

だって、肩を動かせるでしょう。
肩が自由に動けば、肘の位置も自由になり、
仕事範囲と効率がアップします。
表現力もアップします。
ダンサーから営業マンまで必須のスキルですよ。

また背中は、愛情を受けるアンテナ。

背中が寂しいとか、哀愁ただよう背中と表現があるように。

背中がこっている人、変に盛り上がってる人、骨が出ている人は、愛情が不足するような現実を呼び寄せます。

まず、腰骨、背骨が地面に対して垂直か。
多くの人が、後ろに反っている。
垂直運用するように設計されているので注意していただきたい。

慣れれば、呼吸とともに、肩甲骨を上げて、重みを胸側に落としたり、
肋骨を広げて、背中側に落としたりしてみよう。
背中と胸が柔軟になります。

腕が自由に動けば、発想も自由になりますね。

ーーーーーーーーーーーー
まずは肩甲骨を感じる事。
パートナーにマッサージしてもらったり、孫の手使ったり。

鎖骨を中心に肩をまわす。
肘をいろいろ動かす。

肩甲骨を肩をすくめるように上げる、肩を下げて、肩甲骨も下げる。
できれば、まず肩甲骨を上げて、肩が上がる。肩甲骨を下げて、肩を下げる。
posted by ほへと at 19:19| Comment(1) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

寝る姿勢

立つ姿勢、歩く姿勢。
姿勢は重要だけど、寝る姿勢というのも非常に重要で、奥が深いものがある。

例えば、仰向けで寝る場合でも、
手の位置。首の位置。

楽な姿勢で寝なければ、楽な息ができない。

寝るときの呼吸も研究すると良い。

背中の筋肉(伸筋)が強いと頭は枕に押さえつけられる。
腹の筋肉(屈筋)が強い、また猫背、肩こりがひどいと、頭は枕から浮こうとする。

寝たときに、背骨がSの字はウソ。
それは立ったときの重力に対抗するため。
寝れば、背骨はまっすぐ。でないと疲れはとれない。

腰骨は浮かない事。
浮く人は、足を曲げてから、徐々に伸ばす。

眠れないときは、呼吸が狂っているのかもしれない。

足がだるいときは、ふくらはぎをマッサージしたり、伸ばしたりしてから、眠りに着くとよい。

環境も大事。

ベッドの横に、タンスとクローゼット置いて、窓際の騒音が直接入らないようにしたら、すごく眠れるようになった。などの話もある。

基本、寝るベッドの近くに、不快なモノは置かない。

また、怖い夢や霊系には、近くに、水(陰)などが無い事。
水晶なども陰なので、あまり陰に傾きすぎないように。

なかなか寝付けなかったり、眠りが浅ければ、ベッドの位置を変えてみる。
枕は基本、頭寒足熱をテーマで決める。

よく眠るには、良い寝具を買って終わりではない。
よく眠るにも、スキルというものが必要。

良い睡眠は、起きている時間を良くします。

より良い睡眠とはを、問いかけて、試行錯誤してみてください。
posted by ほへと at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

一輪車の達人

昨日ボディワークの教室で、某現在教諭で、一輪車クラブ顧問の人から一輪車の達人の話を聞いた。

学生の頃、すごい一輪車の達人が来たそうだ。
それまでの一輪車がうまいというのとは一線を引く達人だそうで、
その達人曰く一輪車は完全脱力で乗るそうです。

ある研究所で、今までに、一輪車を乗る時に使用する筋肉というのは研究されていた。
その一輪車の達人が実際どの筋肉を使っているかを機械を使用して測定したら、
おかしい?、機械が壊れたと思ったらしい。

そのくらい、完全に脱力して一輪車を走らせていたそうだ。

その人の一輪車の指導を受け、一輪車をうまく乗れるようになったそうだが、
さらに、不思議なことに?、今まで全く足など速くなかったそうだけど、
いきなり、短距離走が高校で一番になったそうだ。
陸上の短距離の人と走っても勝ったそうです。
これにはとても驚いたそうです。

なるほど、脱力が短距離走まで速くする、理屈はわかるが、すごいね。

脱力って説明が難しい。
だらけている、休憩しているのとは違う。
力を貯めているのでもない。

リラックス、力を抜く、体内を意識する。などいろいろ表現はある。

子供の頃に、一輪車や竹馬やゴムとびなど、そういう体験は大事な事だと改めて思った。
と同時に、それを教える人が現在は少なくなっているのだな。
(でもいい先生はいるのだな)

ほへとボディワーク教室では、少しでも脱力するヒントを教えられたらと思います。
posted by ほへと at 19:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

続・東京ボディワーク開催について

東京ボディワーク開催ですが、結局、4月17日(土)と18日(日)の両方にほへとボディワーク教室を開催することになりました。

アンケートでは、18日(日)が圧勝だったので、18日(日)に決定と思ったけど、その日だけでは、すでにほぼ定員が見えているのと、関西人(?)ならではの値引き交渉術で、連日にするから、スタジオレンタル料金を負けてとお願いの結果、京都から来られるのならと、快く(?)負けて頂きました。

というわけで、4月17日(土)と18日(日)の両日、同じ時間に開催します。

メールを直接頂いた方はまた案内を送ります。

参加希望の方はフォームより申し込んで下さい。
17日(土)の方が余裕がります。

また、東京対面鑑定(新宿)も16日(金)・17日(土)・18日(日)と連日行ないます。
(17日(日)・18日(日)は夜6時までです)


ボディワークの場所は、表参道周辺のレンタルスタジオ
4月17日(土)と18日(日)
時間 PM 7時〜8時45分
場所 表参道周辺:
明治神宮前駅4番出口徒歩5分/表参道駅A1出口徒歩7分/原宿駅表参道口改札徒歩7分
定員 15名
会費 3,000円 (2858円+税)

運動のできる服装、もしくは運動できる着替え。タオル等。
(軽めの運動ができる服装であれば良いです。)

どんなボディワークかというと、
身体がいろいろな問題を引き起こします。
例えば、腰が悪いー>人間関係のトラブル。胃が悪いー>近未来の心配など。
それをボディワークによりその部位を調整/鍛錬し、現実の様々な問題を解決に向かう、身体風水というやつです。

基本的には、姿勢に着目し、脱力できる、そして、力の出る姿勢を目指します。
それによる精神面での安定も期待します。

ツールとして、主に肥田式強健術やヨガ、その他各種ワークを駆使します。


今回はまだ定期的な教室ではなく単発ですので、あまり深いことはできませんが、以下のメニューを考えています。基本初心者向け(ソフト)です。

・足/脚マッサージ
・準備運動
・姿勢についてレクチャー
・呼吸法
・下体トレーニング
・上体トレーニング
・タントウ功/スワイショー
・肥田式強健術第1動〜第5動
・ゲーム等

姿勢の重要性と、いかに今までの姿勢が問題だったかを知る機会となれば良いですね。


>申し込みフォーム
(問い合わせは:hoheto@gmail.com)
posted by ほへと at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

東京ボディワーク開催についてとアンケート

東京で、4月17日か18日にほへとボディワーク教室を開催することになりました。

今、17(土)か18(日)のどちらがいいか検討しています。
参加希望でこの日がいいというのがあればコメント下さい。

場所は、表参道周辺のレンタルスタジオの予定です。

お待ちかね、場所を探していて、なかなか決定打が無い中、
小太郎さんからのおすすめ情報で現在進行中です。

予定
4月17日(土)か18日(日)
時間 PM 7時〜8時45分
場所 表参道周辺:
明治神宮前駅4番出口徒歩5分/表参道駅A1出口徒歩7分/原宿駅表参道口改札徒歩7分
定員 15名
会費 3,000円 (2858円+税)

(仮)参加希望やご意見ご要望は hoheto@gmail.com 
>日時決定時に定員優先しますので案内メール必要な方はメール一応下さい。
posted by ほへと at 20:32| Comment(5) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

3月だけど寒いですね。

鼻風邪と花粉症なのか、ズルズルだな。(涙)

まぁ雨に濡れたり、この寒かったりで仕方無しか。

真冬の寒さと違い、同じ気温でも湿度が高いですね。

湿度が高いと、芯まで冷えてしまいますね。

しっかり足が冷えているな、ゆっくり湯でもつからねば。


とにかく、鼻がすっきりしないのですが、こんな時におススメは、
ミントのど飴かな。
それと少し上のグレードのティッシュを使う。

この前、ある研究所の人と話したのだけど、
その人は、人の妊娠・出産の研究をしている方で、実は当たり前の妊娠も、身体からすれば子供という細胞は異質の存在。免疫作用によって体外に排出、すなわち流産するはずだが、
今でもまだこの当たりが謎らしく、神秘的な力によって、流産せず、子宮内で育つそうだ。
人体には、免疫の強い部分と、弱い部分があるそうで、鼻や目は、常に外界に接しているので、わりと免疫機能がファジーだそうです。
いつも、いつも免疫機能がガチガチなら、常に涙や鼻水が大変だからね。なるほど。

花粉恐るべしだな。


タバコの煙にしても、知人の煙なら気にならなくても、知らないオッサンの煙はやたらケムイ時があったり、それをカユく感じたりします。
(調べたら強いタバコなだけだったりの可能性もあるが)

意識も大切なのだろうね。
どうしても、意識というやつは、何かと分けたがりなので。
友人などは、内、そんなおっさんは外とオニのように感じているのだね。

そういえば、天河神社の節分は、鬼は内、福は内と善も悪も受け入れようコンセプトだったな。

人間時には、毒も大切。人生にそんなことも起こる。

極端な意識は、アレルギー反応を過敏にする。

治癒力を一番アップするのは、何も考えないこと。
たとえ、ネガティブではなく、ポジティブなことを考えるより、何も考えない方が、身体は良くなる。人生も案外そうかもしれない。

あと、温めることも、治癒力アップですね。
身体もだけど、心も温めるようにしないとね。

posted by ほへと at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

まず座禅しろ

今日も某所でボディワークの教室でしたが、
そこの生徒さんがいろいろ学びすぎて、
混乱していた。

どうも、こういう人は座禅をさす。

ボディワークは頭でやるものではない。
理屈や理論が先行してはいけない。

何も考えずに座禅しましょう。


座禅の仕方。ほへと式

今回は座布団など尻にひかない。
足を組むが、初心者は膝が決して浮かないように、
体重を前に掛けます。
膝が1mmでも浮いたらアウトです。
しっかり地面につけます。

尻に何かひくと、膝に体重が掛かりやすいが、
あえてそれはしないのがポイント。

前屈みで結構。続けていれば分かる。

あとはどうでもいい。

最初は足首とか痛いけど、ヤメたらそこで終わる。
座禅は一生できるボディワークです。
何年掛かっても、座れるようになりましょう!

本当は30分から1時間ほど座るのだが、10分程度。

その人の顔はすっきりしていて、
頭で考えていた座禅とは違ったようだ。

次の名古屋のボディワーク教室でも座禅をちょこっと入れることにしよう。
posted by ほへと at 20:35| Comment(6) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

名古屋・ほへとボディワーク教室(10/29)

名古屋で有志による協力でボディワークの教室を開催することとなりました。
ボディワークに関心のある方は是非申し込みください。

名古屋・ほへとボディワーク教室 
日時:10月29日(木)19時〜20時45分
会費 3,000円 (2858円+税)
場所:ウィルあいち 愛知県女性総合センター
(愛知県名古屋市東区上竪杉町1番地 052-962-2511)

運動のできる服装、もしくは運動できる着替え。タオル等。
(軽めの運動ができる服装であれば良いです。)

どんなボディワークかというと、
身体がいろいろな問題を引き起こします。
例えば、腰が悪いー>人間関係のトラブル。胃が悪いー>近未来の心配など。
それをボディワークによりその部位を調整/鍛錬し、現実の様々な問題を解決に向かう、身体風水というやつです。

基本的には、姿勢に着目し、脱力できる、そして、力の出る姿勢を目指します。
それによる精神面での安定も期待します。

ツールとして、主に肥田式強健術やヨガ、その他各種ワークを駆使します。


今回はまだ定期的な教室ではなく単発ですので、あまり深いことはできませんが、以下のメニューを考えています。基本初心者向け(ソフト)です。

・足/脚マッサージ
・準備運動
・姿勢についてレクチャー
・呼吸法
・下体トレーニング
・上体トレーニング
・タントウ功/スワイショー
・肥田式強健術第1動〜第5動
・ゲーム等

姿勢の重要性と、いかに今までの姿勢が問題だったかを知る機会となれば良いですね。

申し込みはこちらか 
(※定員になり次第閉め切る場合もございます。お早めに)
posted by ほへと at 10:27| Comment(3) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

足マッサージ

秋になり、これから寒くなってきます。
上半身が寒いと感じる前には、すでに足は冷えています。

足が冷えきる前に、足をちゃんと暖めましょう。

足が冷えて、こってしまうと、確実に健康問題と精神問題を引き起こします。

このあいだも、ふくらはぎから足首がガチガチの人がいた。
心臓にそうそう負担かかってるよ。
さらに、頭のストレスというのはこの足首に出るので、
相当頭イライラきているはずだよ。

>ハイ、心臓病の家系です。
>さらに、最近頭がぼーっとして考えられないです。
>生理痛もひどいです。
との回答。

○基本知識1
血液や体液(リンパ液)等は重力によって足に集中しやすい。
これがわからない人は、コップに水を入れて、その水を胸前から足もとにこぼしてみてください。
すごい勢いで、床が水びたしになるでしょう。

通常の物理法則では、液体は上から下に落下するには力がいらないが、下から上には力が必要なのです。
(重力を負かさないといけない)

そんな理由で、ほっとけば足に血液がたまりそうだけど、人体のすばらしい機能で、心臓、呼吸、血管、各筋肉の働きで、滞り無く、血液は全身を巡ります。

だが、冷えたり、足にこりなどがあり、血流が悪くなると、一見、足に血液が来ないイメージがあるが、
そうではなく、やってきた血液が、心臓に戻らないのです。
心臓はがんばって血圧などをあげたりしますが、それで血流が上がらないと、
非常に疲れます、そのうち、不整脈や発作を起こします。

こり、冷えを無くして、足の血流は良くしましょう。

○基本知識2
気温、暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へ行きます。
普通、心地よい温度と判断する場合、上半身の方が温度に敏感なので、
上半身基準になっています。
その場合、下半身は、想像以上に冷えています。
まぁ当たり前ですけど、足は冷えやすいということを再確認しておいてください。
シャワー派の人は、足湯して、しっかり足を温めてくださいね。


足がむくんだ経験のあるひとはわかると思うけど、
しんどいのは足だけではなく、全身がだるくなるのです。
頭もすっきりしませんね。

というわけで、今から、足の血行を良くするように、
たまにマッサージでもしましょう。

セレブはマッサージ屋に行くのもいいが、基本は自分でかパートナーとマッサージし合うことをお勧めする。


マッサージ例
(1)足の指を反らす、曲げるを50回。
(2)土踏まずをマッサージ
(3)足首を入念にマッサージ(痛みがなくなるまで)
・三陰交(うちくるぶし周辺)
・足首の真後ろの線に沿って、ふくらはぎまで。
・足首の内側(すね)に沿って、ふくらはぎ内まで。
(3)ふくらはぎをマッサージ
・ふくらはぎの真後ろのラインを意識して痛いくらいにもみほぐす。
・そのときはすねの骨の後ろを押さえるつもりで。

トレーニング例
・つま先立ち
・後ろ歩き
・スクワット(森光子さんの回数はやろう)
・前屈(脚の後ろをのばす)
・アキレス腱のばし
posted by ほへと at 16:54| Comment(3) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

首の話し

夕方から雨。さすが梅雨だね。


今日は歯医者いって、無事前歯を入れてもらい、感謝。
快適に生活が出来るね。
でも、ひとつ、ウソを覚えたような感じ。
身体は、多少異物を入れても大丈夫なのが凄いね。

今日は、高野(京都の北東の方)で、定期のボディワークの教室へ行く(教えに)。

そういえば、東京の友人が、残念ながら、整体へ行って、首をいじってもらったそうだ、その後頭痛とめまいで、病院でメニエルかもって言われたそうだけど、
いやいやいや!メニエルちゃうだろ!原因は分かるだろ!ちゃんと首いじったこと説明しろな!とアドバイスをした。

今日も教室で、首の話が出て、首の位置、頸椎と頭蓋骨、噛み合わせのことを説明した。

そして、一番最後に調整するもの。

例えば、かかとに体重が偏って、骨盤が前に出て、胸を反ったような姿勢では、首は自然と前に傾斜する。それを正すには、足裏の重心を真ん中にして、脚を垂直に立たせ、骨盤の位置を決定しなければいけない。そうして、腰を真っ直ぐに立て、上半身は脱力してかつ、自然と首を真っ直ぐになるように、時間をかけてトレーニングしていくものだ。

それを、安易に頸椎の何番がずれていると、調整すれば、運が悪くなくても、当たり前に、身体はおかしくなるに決まっている。

なお、首が痛いとか、首に問題があれば、即その人の金運に関係する。
ほへとの身体風水では、首=金だったりすので、首は大切にしよう。
お金も、いろいろ考えて行動して、成長して、手に入る物だ。
お金が無いと、安易に、借金すれば、人生はおかしくなるかもしれないのと一緒。
土台が大切。

ほへとのボディワークの教室は、肥田式強健術というプログラムを使用して、重力や身体の使い方を一から学び直す。

人間最後は身体が資本なので、なにより身体は大切にそして、身体(エゴ)をうまく使いこなしましょう。
posted by ほへと at 21:21| Comment(10) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

花粉症対策

こないだ、東京行ったときに、鼻水がでました。
関東の方が花粉が舞うのが早かったようです。

こっち関西でも、花粉が激しく、舞ってきました。

目が特に辛い、なんかすごくイヤな感じになる。
外出先のトイレでも、目を洗ってしまいます。

花粉症が酷くなる時。
・寝不足、深酒
・甘いモノ、糖類の摂取
・冷え。上半身(鎖骨、胸上部)&足

甘いモノを取ると鼻アレルギーになりやすいですね。
花粉症の症状が出ているときは、結構、胸上部が冷えていますね。
免疫機能アップの為に温めましょう。
また、長めお風呂で足をしっかり温めましょう。

ほへとの場合は、それほど酷くないので、マスクはしていませんが、ティッシュ多め(外で切れたら大変)とミント飴(無糖)はしっかり装備して外出します。

結構みんな花粉症で辛そうですね。

まぁいつも言ってるど、花粉症ってアレルギーではなく中毒です。
症状がアレルギー反応だけど。

花粉の取りすぎないように注意ですね。
posted by ほへと at 19:47| Comment(4) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

丹田について、、とりとめなく。

丹田とはなんだろう。
人体下腹部にあるが、解剖学上にはそんなものは無い。
あえて言うと、女性の子宮位置、膀胱裏の自律神経叢か?
というか、ある人と無い人がいる。

その点、比較的女性は丹田を獲得しやすい。

女性で重心の上がっている人は生理痛になりやすい。
子宮を、痛みをしっかり見つめるように意識する事。
妊娠、出産で、丹田瞑想のカリキュラムは組まれている。

丹田で微笑みを感じてみよう。


丹田には力を入れてはいけない。
丹田には力が入っているのだ。
緊張というよりは、脱力に近い。
しかし、力は入っている事。
力を抜かなければ、力は入ってこない。

上半身が緊張しがちで、脚も重いなら、
どうすれば、下腹に力が入るか考えよう。ヒント、姿勢。

丹田は、下腹だけではない。
脳幹部、心臓も大事だ。
これを、上丹田、中丹田と云っていた。

下腹、丹田だけ作ればいいものではない。

丹田が出来ても、コミュニケーション能力や、現代の雑多な情報処理能力が無いと、
生きていくのは大変。それで食えるモノではない。
確かに、多少じゃ動じなくなるが、それで成功する保証はない。

現代は、丹田より、中丹田、上丹田の時代かも知れない。
とはいえ、団子三兄弟のベースである丹田は、一番大事。
丹田無く、上丹田だけ、発達したら、確実に精神が病む。
だから、まずは丹田を作るのだ。

呼吸法で丹田が出来るというのもウソだ。
呼吸は必要だけど、
それだけで、丹田が出来る事はない。
横隔膜を下げ、腹圧を掛けた下腹を、
それを、丹田と結びつけるのは微妙。

そして問題の重力・反発力を利用するには、正しい姿勢がいる。

座禅は、丹田(重心)の位置を探求する。

変に丹田という言葉を知っている方が丹田から遠ざかるかもしれない。
只、何も考えず、座ってみる。
正座で良いから。

丹田と悟り、丹田と健康、気功、武道などと安易に結びつけるんじゃない。
丹田があれば、即健康になったり、強くなるといった性質のモノではない。

肥田式強健術という、丹田鍛錬法がある。
ほへとがライフワークで研究しているテーマでもある。

肥田式は、動作より、丹田部へ力を集める。
呼吸は後から付いてくる。
丹田部に、繰り返し、衝撃をあたえる。
それは、呼吸法、逆腹式等の腹圧とは別衝撃である。

なお、肥田式では、さらに丹田を正中心と進化させている。

現代人には丹田どころか、犬腹が良いという風潮がある。
丹田腹はメタボでもある。
健康増進し、胃腸の消化吸収が良くなる結果、多少メタボにもなるよ。
無論、普通一般なメタボとは、格?が違うが。


日本人の体質と、丹田というのは、うまくマッチしていたのだろう。
でもそれは、昔の話。
丹田、丹田では、世界に適わなかっただろう。
仕事も社会も変わったのだから。

腹の底の正義は無く、只、下らん法律だけが、世を縛るのであった。

丹田とは、身体内の陰陽を統一したものだ。
身体内の陰陽統一は、身体外、現実のバランスへと向かう。
現実への働きかけが、エゴ的パワー重視ではなく、
調和の中に存在する、頑張らない力を利用する。

中丹田は、刻々と変わる世の状況に、あなたが対応できるようにする。
丹田だけではやはり、時代に遅れるのだ。

それでも今あなたが直面している問題解決の為に、丹田の獲得は有効だと思える。

posted by ほへと at 17:38| Comment(4) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

鍛錬しましょう

寒くなってきました。
知らぬ間に、猫背に。
肩は上がり、肘を曲げ気味になります。
(ストレスなポーズです)

また、年末年始の暴飲暴食で、胃腸もヘラヘラ。
そして、寒さで運動不足に陥る時です。

部屋におこたなどあれば、外出どころか、おこたから出ることまでおっくうになりますね。

おこた、座椅子、TVのある生活は危険ですね。

あえて、積極的に外出し、身体を動かしてみましょう。

※おこた:こたつの京都弁、ちなみに寒いは京都弁で「さむいさむい」、「さぶいさぶい」等二度いいます。


歩く
寒いと歩かなくなります。

胃腸の経絡は脚の前面にあります。
外側が胃の経絡。内側が膵臓の経絡です。
とにかく、歩けと言うことです。

寒いけど、ここは気合いを入れて、一枚薄着になって、元気に歩きましょう。
最初は寒いけど、10分も歩けば温かくなってきます。
いきなり口呼吸は厳禁。
一気に肺から身体が冷えますよ。

かなり身体が温まり、もう一枚脱ぎたいと思うときに、
口呼吸して、体温を下げます。


呼吸
空気が乾燥しているので、むやみに激しい呼吸をすると、気管などを痛めかねません。
湿度の高い、お風呂場などで、呼吸法をしてみるのはどうでしょうか?

但し、長く吐く呼吸法は風呂場では危険なので注意して下さい。(酸欠)

風呂場では、胸式呼吸法がお奨めです。

呼吸法をする部屋では湿度にも気をつけて下さい。


鍛錬
現代人にとって、筋肉の鍛錬というのは重要である。

トレーニングとオシャレに言わず、鍛錬と言って行うのがポイントである。(クールポコ風に)

下半身のスクワット、特に足のつま先を鍛えるように行って下さい。

寒いとかかと重心になりやすい。

腕立て、腹筋など、一気に行わず、3〜5セットほど行う。
1セットは自分の体力に合わせて、10〜50回。

また、回数は絶対ではない、その時々の体調や気分に合わせて適当に行う事。
回数を数える余裕があるなら、もっと気にする事はある。

脚の裏側が弱くなるので、仰向けで寝て、ヒップアップのポーズ。
ヨガの前屈のポーズなど。

雑誌やボディワークの本を見るのは良いことだけど、上半身ばかりに鍛錬が偏ると、腰痛を引き起こします。
鍛錬とは地味なモノ。足腰が大切。

腰の悪い人は腹から息を吐きながら行うこと。
ダンベル等の上半身トレーニングはやめること。

また、スワイショーなど、反復動作を200回〜500回ほど行う。(100回で1分程度)


丹田(分かる人向き)
丹田を意識する。
といっても、頭で丹田部、下腹部を意識している人が多い。
それでは、いつまでたっても、頭重心は変わりません。
本当に丹田を意識するとは、頭はオフ。

例えば全身で、部屋を、天井を床を、意識、感じてみましょう。
その全身の中心である丹田で、それらを意識するのです。

丹田は、物事を認識するレベルを変えます。

いろんな問題を、頭から意識するのと、丹田から意識するのでは、まったく変わりますね。

posted by ほへと at 20:52| Comment(4) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

歩こう!足の裏

スポーツの秋ですね。

夏場はちょっと動いても汗だくでしたが、ようやく運動に適した気温になってきました。

いろいろスポーツもしたくなりますが、まずは歩きましょう!

いつもより、多めに歩いてみましょう!

歩く。
あなたはちゃんと歩けますか?

ほへとも歩くということは、15年以上研究していますが、まだまだ発展途上中です。
そうそう、だから、人の歩いている姿を見れば、生年月日占いを使うまでもなく、
その人のエゴは良く分かりますね(まぁある程度だけど)。

そんな理由で、あなたはいつもより歩くことになると思いますが、
今回は特に足の裏に注目してみて下さい。(意識)

足の裏は3つの部位に分けられている。

つま先、土踏まず、かかと、上、中、下ですね。

つま先は、指先ではない。
しかし、つま先の中心は親指。

一度、つま先立ちをしてみて下さい。
指先立ちではありませんね。

かかとは後ろに重心がいかないように。かかとのやや前に体重が掛かるように。
かつ足裏にべたっと均等に体重が掛かるように。

そう足裏にかかる体重が重要です。

足裏のどこに力が入っているかと、どこに体重が掛かっているかは違う。

体重のかけ方がまずいと、まずい力の入れ方になる。

悪いかけ方は、かかとの外側、外くるぶしの下辺りに体重が掛かっていれば、
完全にアウトです。全身の骨格系はうまく機能しません。
特につま先、親指に力が入りませんね。
足首が、太い場合は、その辺りを研究してみよう。

良いかけ方は、内くるぶしの下に体重を掛ける。
内くるぶしは、外くるぶしより、前に位置する。
先のかかとのやや前に体重が掛かるように。というのがこれだ。

この場合、すねの骨(脛骨)を垂直にすること、
大抵の人は、腰を後ろに引かなければいけない。

そして、しっかり親指に力を入れる。

また親指の力の入れ方は、丸めるのではない(屈筋ではなく)
例えるなら、画鋲を押しつける手の親指のイメージ。


歩きながら、親指の力の入れ方や、足裏に掛かる体重を意識してみて下さい。

そして、かかとと腰をつなげてみる。腰は反らさない。
つま先と、下腹、みぞおちとつなげてみる。みぞおちを反らさない。


テンポは
いちっにっ、いちっにっ、のような、2拍子や4拍子より

いち、に、さんいち、に、さん、
いち、に、さん、し、ご、いち、に、さん、し、ご、
というような、3拍子、5拍子の方が、左右差を無くしやすい。

たまに走ったり、凄く重く歩いたり、いろいろ試して下さいね。


posted by ほへと at 12:22| Comment(15) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

本当の腰

名前も大切だが、もう一方、身体も大事である。
身体の中心的場所は骨盤内にあるのが理想的だ。

多くの人は、胸や肩、中には、頭重心も多い。

腰を鍛えるというが、腰とはバーチャルなもので、本来筋肉や骨ではない。
同じように、腹もそうだ。
だから、単純な腹筋運動や、義務的なロードワークでは腰を鍛えることは出来ない。

(まぁ、腰の弱い人には、とりあえず、必要ですが)


腰の感覚的位置は骨盤の裏側、仙骨と腰椎(5番)の境目である。

身体の重心を、脚を通じて地面に落とすのだ。
落とすと言ってもその感覚はなかなか言葉に出来ない。

ボールを落とすという感じではなく、
身体の中心から、地面と串刺しされているような、
その串も、レーザーかビームのような感じだ。

本来腰を鍛えるというのはそういう、地面との関わりを勉強することだ。
腰が出来れば、大抵の姿勢で、地面を押す感覚を持つことが出来る。

地面を押せれば、その反発力を利用して、いろいろ出来る。


身体とエゴは一体である。

身体は常々、重力と、エゴは何かのプレッシャーにつぶされそうになっている。
落ち込む、気分が重い、ローテンション。

腰が弱ければ、重力とプレッシャーにすぐくじけてしまう。
だからそういう人は過剰防衛する。
(弱い犬ほど良く吠える)


その重い何かを、腰によって、地面にアースし、かつ、反発力でその重みを飛ばすことも可能だ。
気分が軽い、晴れる。ハイ。浮かれるのはまずいか。


実例として、誰かにプレッシャーを掛けられる。
それは、家族かも、上司かも、観客の期待かもしれない。

それを、うわべで跳ね返そうとすれば、アウト。腰は砕ける。

それを、身体中心に受け入れて、それを地面に流すのだ。
(それが出来ているときの感覚では、身体感覚は消えているが)

その時、身体は重力とプレッシャーから解放されている。

プレッシャーの元を、反発力にて自在にコントロール出来る。

これができる人は、人の掌握も、ピンチもチャンス変えられる。


エクササイズ

尾てい骨から、仙骨、腰骨、背骨、頸骨、を徹底的に意識する。

息を吸いながら、尾てい骨を意識する。
吐きながら、尾てい骨を意識する。

息を吸いながら、仙骨を意識する。
息を吐きながら、仙骨を意識する。

また、息を吸いながら、腰骨の下を意識する
また、吐きながら、腰骨の下を意識する。

といった感じで、背骨の下から上に向かって、
息を吸って吐いて、イメージの熱で、その部分を解凍していく感じ。

部分に対する呼吸は、3回〜、解凍出来るまで。
解凍出来れば、上にポイントを少しづつ移動させて繰り返す。

重要なポイント

尾てい骨
仙骨と腰椎の境目(腰)
胸椎の5番(胸の裏側)
胸椎の1番(大椎)

慣れれば、通勤中や仕事中(?)でもどこでも出来る。
背骨がまっすぐにすること。丸めない、反らさない。
しかし、初心者は丸めた方が良い。

ヨガの前屈のポーズ等をしながら行えば効果は倍増かも。


風水的に、北東は腰を反映している。
北東向きの玄関、北東位置の玄関。
北東位置の風呂トイレ、階段等の住居は腰を悪くしやすい。

腰が悪くて、治らない人は、風水が原因のひとつの可能性があります。
(もう一つの原因は父の家系というのもある)

古来この北東(鬼門)を重要視して家を設計したものだが、
最近の設計士は嘆かわしい。


身体が動くということは、現実に働きかけること。

影響力の及ぶ範囲、その強さ。
それは、真に自分の力であり。
それは腰に掛かっている。

posted by ほへと at 16:56| Comment(5) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

軽く座禅でもしよう

なんか、中国四川省で大きな地震があったようですね。

嵐の前の静けさと思ったら、、

地震の前は、なんか妙なイライラというか、意識の散漫な感じがありますね。
これは、地盤の緊張による、プラスイオンの発生など、科学的な根拠もあるが、
さすが、ほへとの感性ですね。(たまたま)


座禅のやり方。

ポイントは有りすぎて、ちゃんと説明できないが、
やはり、姿勢である。

全神経と全知性を掛けて、良い姿勢とは?
というのを追求すること。

腰の骨から背骨を、真垂直に立てる。
脚は裏表、尻までしっかり緊張する。

顔も、ミリ単位で、顎を引いたり、頭のてっぺんも微調整する。

ぼーっと単に座っているのではない。
全身、全神経が稼働していること。

それでいて、高度にリラックスし脱力しつつ、奥の中心一点に力が宿ること。

これは、どちらかというと、曹洞宗、道元の只管打坐の方向だ。



また対極に、よく、一休さんに見る、とんち系の臨済宗の公案禅がある、
例えば、両手を叩くと音が出るが、片手ではどんな音が出る?みたいなのがある。

まぁちゃんとした師匠がいなければ答えが分からないので、個人としてはやりにくい。

また、片手の音を考える暇が有れば、どうすれば、給料が上がるか、パートナーが出来るか?など、当面の自分の問題を考えた方がよっぽど良いと思う。これは、決してバカな話ではない、十分公案禅となりうる。


あと、雑念を無くすために、数息観という方法もある。
ようは、数を数えて、雑念を無くすという技である。
まぁ数秘的な意味合いも入って来て、潜在的にもいい暗示にある。

座禅をしながら、1から100まで数えます。
時には1000まで数える。

慣れると、飽きたり、雑念が生まれるので、逆から数えたり、工夫も必要。

流行の、3の付く数字と、3の倍数の時だけ、アホになったりしてやるといい感じである。


ポピュラーなのは、お経を唱えるというのもある。
正しい姿勢で声を発するというのは、非常に身体に良い。

たまには、自分の名前を唱える事も、生年月日のエゴを抑えるためにお奨めである。


最初は、まず、やることが重要。
うまくやろうとか、間違っても悟ろうなどとくだらないことは考えないこと。
posted by ほへと at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

食欲がないなど(占い封印!?)

知り合いからの紹介で、この人を勇気づけて欲しいというのがあった。

どうやら、病気のようで、かなり落ち込んでいるようです。

もともと健康が自慢の人だったそうで、今まで大きな病気をしたことが無かったそうです。
また、ここ数年に、マンションを建てたらしい。

病気等の場合は風水が原因の場合が多い、
風水を変えたり、その病気に有利な風水の場所へ引っ越しは驚くほど効果を発揮する。
特にマンション建てたと来たら、さらに怪しい。

しかし、その人は、占いとか風水は嫌いなので、占いとか風水の話は隠してくれということだ。

えーな、なんと!、風水どころか、占いも封印!マジですか??
これでは、翼がもがれたも同然か?どうする?


否、紹介者は、ほへとの事をよく知っている人、なんとか期待に応えたい。


その病気の人と合う。
ほへとの事は、何でもいろいろなことを知っている人という話だ。

いろいろ、状況を説明して頂く。

まず、現代医学や薬についての話をする。
これは決して否定ではなく、肯定的な話だ。
うさんくさい療法より、実績ある病院や自分に合う薬を探すことを話した。

それから、基本の呼吸法を教えた。
・温かい息を吐いて下さい

そして、基本的な姿勢を教えた。
・みぞおちを緩めて下さい、胸は決して張らないこと。

このことはかなり衝撃的な事だったようだ。

それから、いろいろ相談に乗った。

Q:食欲が無い
話を聞くと、がっかりな事が多い、とりあえず箇条書き。
・食べ過ぎないこと、栄養を取るより、不要なモノを排出する方が身体には負担。
・食べなければ元気が出ないのは幻想。ボクサーやアスリートは非常に激しいトレーニングをするが、食べる量は驚くほど少ない。
・沢山食べないこと、逆に食事を抜くように。(弱った胃腸を休める)
・食べるときは、100回噛むこと。
・とにかく少量、玄米はスプーン何杯かレベル、野菜も葉っぱ3枚とかのレベル。
・生の肉や刺身を少量取る。
・食欲があれば食べたらいい、無ければ食べないこと、最悪病院で点滴でオーケー。
・消化器系を疲れさすより、休めること。但し下半身の筋肉はスクワット等で鍛えること(消化器系の経絡は全て脚)。
健康な場合はいいが、病人は、食べられなければ、茶碗に残った一口のご飯も、ひと飲みの水も、必ず残すこと。もったいないなどといっている場合では無い、また頑張って食べても、消化不良を起こし、栄養を吸収しなければ、今まで食べたものも無駄になります。

Q:眠れない
・まず、世の忙しい経営者などは数時間しか寝れない。
・睡眠薬等は出来るだけ控える、当然逆作用のカフェイン、コーヒー、紅茶、緑茶等も厳禁。
・心配な気持ちは分かるが、心配して病気は治らない。何も考えないのが一番免疫が上がる。それは、良くなることを想像するより、何も考えない方が良くなると言うことだ。
・本を読んだり、何かする時間に充てる。
・短時間しか寝るれなければ、東向きの枕。


Q:咳や痰が出る
・非常にいいことです。身体の免疫、排毒作用で、しっかり機能していると言うことです。逆に痰が出ずに血液から吸収すれば、肝臓や腎臓の負担は計り知れない。
・咳や痰がでるということは、身体を褒めるべきことです。
当たり前のことなのに、みなさん咳や痰を悪者に考えている人は多いです。
咳止めなどもってのほかです、身体への裏切り行為です。

Q:ジュース
・リンゴジュースやにんじんジュースなんか飲めば、当然ほへとでもご飯は食べられないです。(カロリーは意外に高い)
・ジュース飲めば一食減らすか、ジュースの量はおちょこレベル。
・良いモノを取れば、良くなるのは幻想。
・また、ジューサーは厳禁、手ですり下ろしてガーゼで絞ること。味の違いは分かりますね?
ジューサーのリンゴジュースは、腸を下すが、手ですり下ろしは、腸の薬。

後半は明らかに、目の輝きが違いましたね。
とりあえず、なんとか勇気づけは出来たようです(占い封印)。

そして、時間があったときに、体操を教えに行くことになりそうです。
(占いはいつバラそうかしら)
posted by ほへと at 13:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

入れ歯とボケ

ほへとも専門家ではないので、よく分からないのですが、入れ歯とボケは関係するようです。

入れ歯の良し悪しは、合っている合っていないはもちろん。
歯のかみ合わせは、顎の位置の変化、骨格関係や骨盤のゆがみ、脳内の圧力、その他いろいろ影響を及ぼすものです。


歯というのは、生きていれば、すり減っていくものです。
入れ歯にする、直前の歯の高さにするより、やや高めの方が良いそうです。

そうすることにより、後頭部の緊張を緩和したりするそうです。
逆に変な入れ歯にすれば、後頭部が緊張し、脳に行く血液の流れを阻害し、ボケや、肩こり、腰痛、膝痛の隠れ原因になる場合もある。



さっき、風水鑑定で、70歳を過ぎたお母さんが、今年に入って、急に、老けてボケてきたという話があった、また膝痛などで歩行困難。それでバリアフリーなどのリフォームの話だが。

ピーンと来て、入れ歯の話をした。そうしたら、去年の10月〜11月に歯槽膿漏で歯を抜いて、入れ歯にしたそうだ。

やはり、思った通りか、まぁ確実とは言いませんが、入れ歯が原因の可能性は高いですね。と話した。

そして、リフォーム以前に、ちゃんとした(?)歯科で新たに入れ歯を作ることをアドバイスした。


そんな分けで、何も老人の入れ歯の話だけではない。

やはり、最近の小中学生の姿勢の悪さには驚いています。

正しい噛み合わせが全然出来ていない感じですね。

若いから、ボケる事は無いが、脳の健全な発達が心配です。

まぁ青年から中年の人も注意。


◎今日のボディワーク
(1)お札をくわえる。
(出来ればピン札が身体にやさしい)

・それを、唇でくわえ、しっかり固定します。
・顎先を意識して、やや顎を引きます。
・手でお札を引っ張ります。
・お札が、取れないように、口に力を入れて下さい。

(実はお札で無くても応用できます、当たり前)

(2)ペットボトルくわえ。

空のペットボトルをくわえて下さい。
でも歯で噛まないように。

ややペットボトルを水平より下で固定。

後頭部と顎を意識しながら、数分耐えること。
慣れれば、中に水を入れていく。


期待する効果として、噛み合わせの改善、口半開きの抑制、姿勢の調節

※注意点
親等に見つからないように。(笑)








posted by ほへと at 21:27| Comment(3) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

花粉症?

朝起きたら、鼻が詰まっている。
花粉のせいっぽい。

どうも、朝方、花粉のせいか?、胸の上部辺りが冷えている気がする。
その為、免疫機能の低下で、鼻風邪のような症状だ。

起きてしばらくして、その辺りが暖まってくると、ましになる気がする。


というか、そもそも花粉症はアレルギーというのもどうも納得がいかない。

アレルギーなら、反応する人としない人は、はっきり分かれるはずだ。

今年はいつもの年の何倍です、で、花粉症になる人が増えたりする。

それって、逆に、例えば今の100倍になったら、ほぼ全員、花粉症になるのではないか?

それって、アレルギーではなく、単なる中毒症状じゃないのか?

アレルギーなら、量に関係なく、ほんの微量で、アレルギーが発生するはずだ。

まぁカニアレルギーのように、食べ過ぎたら、強く出るというのもあるし、あっちか?


外へ出かけるにも、マスクをするほどでもないが、たまに、くしゃみが出る。
鼻も出る。まぁそんなに酷くはないけど。

でも、これは、ある意味で正常な身体の免疫機能が働いている気もする。

私は花粉症の症状が全くなく、健康だというのも注意だ。

車のボンネットにうっすらと花粉が積もっているような環境で、
まったく、鼻や目、のどに違和感が無いのも、免疫系がさぼっているかもしれない。

重大な病気が無いか?進行していないか注意が必要です。

やっぱり身体にとっては、杉の花粉など、異物の何物でもない。
外に排除しようとしても、それはそれでちゃんとやっている気もする。

あまり、強力な薬で、症状を抑えたら、変な異物が進入してきそうで、それも怖い。

そういえば、春先に眠たくなるというが、
暖かな陽気のせいか?花粉のせいか?

花粉症の酷い人は、花粉予報をしっかり見て、花粉対策をちゃんと行いましょう。


posted by ほへと at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

呼吸法、「ダブル胸式呼吸」

寒さと、花粉、時には黄砂等で、なかなか思いっきり息が吸えませんね。

でも、そういって浅い呼吸ばかりでは、気分もイマイチ乗りません。
せっかくの春の訪れですから、冬眠から覚めるように、深呼吸をしましょう。

動物の中で、人間の呼吸機能は高くはありません。
一番進化しているのは鳥類といわれています。

しかし、鍛えていかなければ、強くはなりませんね。
鳥のように自由に世界を羽ばたけるように。

今回は「ダブル胸式呼吸」です。
それは、胸式呼吸を連続2回行うものです。
つまり、吸って!呼吸停止3秒、また吸って!、脱力して吐くというやつです。

身体を覚醒させる胸式呼吸です。


ダブル胸式呼吸はいくつかのプロセスに分かれます。
[プロセス1]
・心を穏やかに鎮めます。
・まず息を吐き切ること。

[プロセス2]
・息を吸い込んでいきます。
・吸い込む場所意識は腰から背中。
・絶対に腰を反らさないこと。また背中も反らさない。
・体重は前のめり、腰を後ろに引くように力を入れる。
・十分胸郭を開いて下さい。
・このとき、胸側(前)を意識すると、胸郭が開きにくいので、腰、背中(後ろ)を意識すること。

[プロセス3]
・さらにもう一息吸い込みます。
・プロセス2の胸一杯に息を吸ってから、呼吸停止3秒程度。
・その後、口を大きく開け、伸びるように、胸上部にもう一息吸い込む。
・この時、肩を下げる、鎖骨辺りを広げるつもりで行う。
・その後、自然に任せ、息を吐き出します。

補足
プロセス2
・手の指先を地面に向ける
・手の位置は合掌の位置か、両脇辺り。
・肩が少し上がる
・かかとを引くように。

プロセス3
・手の指先を上に向けます。
・手の位置は合掌の位置か、両脇辺り。
・肩を肘を下げます。
・つま先に力を込めます。

上半身の緊張を解き。
肩、首、鎖骨周辺がほぐれれば良いです。

期待する効果
・気分転換
・花粉症の病状の緩和
・軽いノイローゼや軽い鬱に効果があります。

注意点
・多くても10回程度、普通3から5回ほど。
・空気の悪いところではやらない。
・きつい下着やコルセットは外した方が良い。
・寝る前にやると眠れないかも。
・文章を読みながら行うと、窒息するので、行う前にしっかり記憶して下さいね。

posted by ほへと at 13:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg