2024年03月25日

今日の料理、筍など

IMG_20240325_183226537.jpg
筍わかめを作りました。

IMG_20240325_184201977_HDR.jpg
格安、小さい筍X5コを300円(半額)でゲット!

いつもは、そのまま1時間ほど下茹でしていたが、
今回は皮をめくり、半分に切って、小さいので、下茹で10分間に挑戦。

乾燥わかめ、厚揚げを、鰹節でさっと出汁をとり、かえし少々、みりん追加。

なるほど、皮めくって、半分にしても、味は大丈夫だ。
時間的にも簡単にできたぞ。

IMG_20240324_205109254.jpg
今日は、ノー肉食デーなので、野菜の天ぷらを作った。

IMG_20240324_205658655_HDR.jpg
ナスを揚げる。液は薄めで、皮には付けずに揚げる。
少し長めで、柔らかめが好み。

IMG_20240324_205059915_HDR.jpg
かぼちゃと、タンパク質に豆腐も揚げて、揚げ出し豆腐にしようと思ったけど、そのままでも十分美味かったので、そのまま食っちゃった。

IMG_20240324_001533576_HDR.jpg
あぁ、蟹安いから、酒のあてに買ったら、もしかして生?
すでにボイルしてる色だけど、紅ズワイの元の色か!
たまに、生きてるやつがいて、ボイルされてると思ってると動くから、ゲッ!っと心臓止まるほどビビる。

IMG_20240324_002552491_HDR (1).jpg
今からボイルする。
塩入れて、必ず甲羅は下に。

IMG_20240324_004025576_HDR.jpg
ボイルしたが、まったく見た目が変わらん!
さすが紅ズワイ。

IMG_20240324_004715377_HDR.jpg
なるほど、こいつは、脱皮したての「水ガニ」と呼ばれるやつだ、味噌がほどんど入ってないハズレ。それでも一番重いパック選んだのだが。
しかし、「水ガニ」は、蟹特有のエグいアクがないので、とても食べやすい。お子様にはおすすめ。誰がおっさんじゃ。

posted by ほへと at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月02日

今日の料理、アン肝など

IMG_20240228_204424280.jpg
ホタテを片栗絡めて油で焼いたもの&サラダはトマトとキャベツ&わさび菜

IMG_20240221_195150408_HDR.jpg
この日は、豚肉焼いて、椎茸とブロッコリーとネギだ。

IMG_20240109_183413107.jpg
少し前だけど、アン肝を手に入れたので、洗って、酒をふる。

IMG_20240109_183701507.jpg
本当はラップも巻くのだが、邪魔くさいので、アルミホイルだけを巻いて、蒸す。

IMG_20240109_191340319.jpg
出来た!

IMG_20240109_191539560.jpg
ネギと、自家製ポン酢で頂きます!


posted by ほへと at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月02日

2024年、おせち料理(後半)

>2024年、おせち料理(前半)の続き

IMG_20240101_210931830_HDR.jpg
「焼き物」

焼きエビ

IMG_20240102_002359304_HDR.jpg
焼きサバ


IMG_20240101_205419723.jpg
有頭海老(半額)は、ワタを取るために、殻の部分にハサミを入れる。

JoRvOOyJQHCak04xJwcVfQ.jpg
鯛か鰤の切身でも焼いてあればと思ったがなく、焼き鯖が安かったので購入。
100円だが、ここ(アイマート)の焼き鯖は他の店の萎びた焼き鯖と違ってマジ美味しい。

IMG_20240101_210818463.jpg
「酢の物」
紅白なます。スライサーで人参と大根を細く切って、すし酢とリンゴ酢に漬けるだけ。

IMG_20240102_124142866.jpg
かぶら千枚漬け
スライサーで薄く切って(指も切ったが)
昆布とすし酢、柚子の皮

「酢の物」は、「焼き物」と同時に頂き、口直し。
焼き鯖に大根おろしポン酢、みたいなものだ。

なるほど、こういう食べ方は勉強になるな。

IMG_20240102_124150294_HDR.jpg
いくら完成、昨日の筋子。

IMG_20240102_124232201_HDR.jpg
いくらご飯!!ほうじ茶

最高っす先輩!わさびも添えて、
うまいな、筋子でも全然オッケーやな。

IMG_20240102_154923451_HDR.jpg
「煮しめ」
クワイの建長汁(けんちんじる)風

普通に美味しいのだけど、クワイのプレミアム感が良い。
余った出汁で蕎麦と思ったが全部なくなった。
ごちそうさまでした。

IMG_20240102_141147642.jpg
クワイうまいなぁ、クワイはダッチオーブンで皮ごと焼いて食うのが最高にうまい。
小芋との食感の対比も素晴らしい。
年明けいつものクワイの叩き売り見たら買おう。

大根、人参、椎茸を出汁で煮て、柔らかくなったら、そこにこの焼いたクワイと小芋を投入。
カブの葉と、潰した豆腐を入れて完成!


2024年、おせち料理でした。
以上
posted by ほへと at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年、おせち料理(前半)

おせち料理といっても、正月に食べる縁起ものか、験担ぎが、おっさんのダジャレ?というものまであるが、多くの品数がある。
だが調べると、おせち料理は、5つの種類に分かれているようです。

最近は、料理を作ることの重要性と面白さに気づいたので、
今年はそれを意識して、おせち料理を作り、食べたいと思います。

とはいえ、出来たものを買ってくるならまだしも、材料から揃えると無駄に多いので困る。
厳選して、おせちを作る。
例えば、魚卵部門、数の子、イクラ、鯛の子などあるが、一つに絞る。引き算だ。
でないと、普通に全部、材料からスーパーで買ってきたら、通風になるわ。

最近、料理が少し上達したと思う。
それは、そんなに気合を入れなくなったからだ。
手を抜いているとか、効率とかでもない。
基本、無化調(化学調味料は入れない)

作戦としては、31日に買い出し、柔軟に割引率などを重視し材料を揃え、
大晦日は、見るTVも無いので、おせちを作りながら、新年を迎える計画だ。

IMG_20231231_222617500.jpg
年越し蕎麦

IMG_20231231_194246031.jpg
焼き用の有頭海老4匹から、一匹年越し蕎麦用に天ぷらであげる。
串を刺して丸まらないように。

IMG_20231231_222115993_HDR.jpg
出汁は、昆布、削り節、煮干し。最近は、濃い出汁ではなく、淡い出汁(薄いのではない)を意識。
蕎麦は、本当に五割か怪しい袋そばを3つ100円でゲットしたもの。

IMG_20231231_225201180.jpg
負傷、千枚漬けにカブラをスライサーで切ってたら、指も切った。左手親指。
大したことは無いが、流血で、料理で塩を摘むなど、我慢の範囲を超える(傷に塩を刷り込む)

ほへとは左利きなので、お節づくりは終了、正月が始まる前に終わった。


IMG_20240102_154848642.jpg
明けましておめでとうございます。 2024年、あなたの運気が昇龍の如く上昇しますように。

年末、うちでの忘年会で、東京からサズの藤井さんからもらった(置いていった?)酒を開けました。

IMG_20240101_143959483_HDR.jpg
お雑煮
ものすごく、うまい、うまく出来た。
思った通り、それ以上の味で大満足。

IMG_20240101_143244775.jpg
ダイソーのダッチオーブンで、小芋を焼きながら、鍋に、大根と人参を入れて煮る。(基本は大根と人参の出汁)

焼けた小芋の皮を剥き(指負傷で剥きにくい)、鍋へ、少し昆布も入れる。
100円ローソンの小さめの角餅を入れて、柔らかくなったら火を止め、味噌を入れ、
器に移して、鰹節で完成!
味噌は白味噌ではなく、普通の合わせ味噌。でもバッチリ問題なし。

餅は関西では、丸餅だが(角を立てないように)、昔実家では、角餅と丸餅があったのを思い出した。
丸餅は、手でこねたもの。角餅は、大きな鏡餅を、のこぎりのような包丁で切ったものだった。

なので、角餅でおっけい。

昨日指を負傷しましたが、今日はもう出血は止まったので、
おせち料理は、元旦当日ライブで作ることになりました、よろしく!

おせち料理、5つの種類と今回の料理品目

祝い肴:筋子、ごぼうの胡麻和え
口取り:かまぼこ
焼き物:焼きエビ、焼きサバ
酢の物:紅白なます、カブラ千枚漬け
煮しめ:クワイの建長汁(けんちんじる)風

IMG_20240101_165001580_HDR.jpg
「祝い肴」
塩見筋子
切っただけ。うまいが塩辛いな。

IMG_20240101_182357796_HDR.jpg
ごぼうの胡麻和え
食物繊維大事、特に正月は、

IMG_20240101_002013947_HDR.jpg
塩見筋子は、結構な量178gで1050円という掘り出し物。普通に考えて安すぎ。
味の付いたイクラも売っていたが、生が欲しかったが無かった。
さすが塩見筋子は4日まで持つか、結構日持ちするな。
しかし塩辛い。

IMG_20240101_170516485.jpg
まだ3分の2ほど残ってるので、60度のお湯に漬けて、塩抜き&いくらへ

IMG_20240101_165840054.jpg
ごぼうは、蒸して、すりごまと返しで和えるだけ

IMG_20240101_183029328_HDR.jpg
「口取り」
かまぼこ

IMG_20240101_182518338_HDR.jpg
かまぼこは、すり身が売っていたら、自分で蒸そうと思っていたが売ってなかったので、市販のかまぼこを買うかと、しかし、正月用のアホみたいな値段のかまぼこを買う気にならなかったところ、ローソン100で110円で購入。これで十分。


前半終了、

>2024年、おせち料理(後半)に続く
posted by ほへと at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月24日

アンコウ鍋からブイヤベース

PXL_20231222_161322851.MP.jpg
今日はほへと亭で呑み会があります、お高いが良さげなアンコウのパックがあったので購入。割引なし(涙)

PXL_20231222_163813194.MP.jpg
ちゃんと、アラの部分と肝の部分が入っています。
アラは軽く下茹でし、肝は蒸して、アン肝にしました。

PXL_20231222_143252021.MP.jpg
イカとエビを軽く茹でて、オリーブオイルと白ワインで炒めます。味は塩と白胡椒

P1640051.JPG
アンコウ鍋、昆布のだし汁から、アンコウのアラと、クズ野菜でしっかり煮込んで出汁を取る。味付けは、かえし(醤油とみりん)

自家製ポン酢で頂きます。

それから、演出で、次は牡蠣鍋にするけど、この美味しいアンコウの出汁に、何を入れたらいいかな?味変で!

1:味噌 2:トマト缶 3:マヨネーズ

とここで、今回はあえて3:マヨネーズにしましょう!と、えっ味噌のほうが良いのじゃない!?という声を無視して、マヨネーズと牡蠣を投入する。

案外、美味しかったようだが、実は味はどうでもいい、どうせポン酢で食ってるのだから。
牡蠣は、出汁用である。

saved_file_1703404625331.jpg
そこから、トマト缶と、にんにくチューブを入れ、そこに、ブンブンでみじん切りにした、玉ねぎと人参とセロリを投入。
白ワインを入れたかったが、案外だし汁が多かったのでそのまま。
アサリ、セロリ葉を入れ、
ローリエ、オレガノ、コリアンダーなどをそれっぽく適当に入れ(適当かよ!)
サフランは高いので、代用の安価なターメリックを入れて(笑)、先のイカ・エビを入れ、味見して、塩、白コショウ。
そこに、割引の袋のキャベツ(焼き用)とじゃがいもを入れて、

saved_file_1703404639797.jpg
ブイヤベースの完成!!

えー、ブイヤベースの元とか入れなくて、こんな味になるの?とみんな驚き!

最後は、軽くターメリックを入れた固めのご飯で、リゾットで締めました。

多分、アンコウ鍋からのブイヤベースの演出は、ほへとオリジナルだぞ。

ぜひ皆さんもやってみて
posted by ほへと at 17:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月15日

ゆず、ゆずポン酢作りB

PXL_20231204_194058296.MP.jpg
冷蔵庫で2日寝かした、ゆずポン酢を小瓶に移す。

PXL_20231203_180350952.MP.jpg
完成した自家製ゆずポン酢!
雲子で試し切り。

うまいが、塩見が薄い、というかゆずが勝り過ぎだな。
醤油と、ほんの少しみりんを足す。

多分、すごく良い醤油なら、いい勝負だったんだけど、量産型の醤油では、100%天然柚子には負けるか、、

PXL_20231204_195156371.MP.jpg
出汁に使った、鰹節は柚子を再吸収して、これまた美味しい調味料に

PXL_20231127_161939382.MP.jpg
PXL_20231127_142637766.jpg
今日は、家で呑み会なので、鶏鍋をする。
ベースは、鶏ガラとクズ野菜のスープ。
基本、無化調よ。

PXL_20231127_191454558.MP.jpg
味調整した自家製ゆずポン酢、なんだろう、通常の市販のポン酢が、川の中流から下流の水質(?)として、
これは、川の上流、渓流の水の透明度だ!エメラルドグリーン(イメージ)
高級なお店の味だが、、

甘みは殆どないので、賛否両論かもしれない。

と思ったが、呑み会メンバーには絶賛だった。
まぁ呑んべぇは、甘いもの好きは少ないしな、、

saved_file_1702641058293.jpg
鶏鍋、鍋を食べながら、どんどんスープを濃縮していき、最後の締めは、胡椒とラーメン!完璧。

今回は、柚子5つだったけど、12月22日金曜日、冬至の後に、売れ残った割引柚子を買い占めて、大量(?)の柚子ポン酢を作ろうと思う。
posted by ほへと at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月25日

ゆず、ゆずポン酢作りA

PXL_20231125_125625733.MP.jpg
ゆずを手に入れたので、ゆずポン酢作りをすることにしました。

>ポン酢に挑戦(1) >ポン酢に挑戦(2)

>ポン酢に挑戦2-A  >ポン酢に挑戦2-B

過去に、ポン酢に挑戦しているので、今回は挑戦というほどでもないけども、
ゆずを使うのは初めてなので、いろいろ調べました。

>ムダなく風味よく!柚子の絞り方。絞り汁を上手に絞る3つのポイント。(やまでら くみこ のレシピ)

ここのやまでら くみこ のレシピ様のサイトは非常に参考になりました。感謝!

PXL_20231125_130210993.MP.jpg
レモン絞るやつで、ゆずを絞っていきますが、ゆずの種は化粧水としても使えるそうなので、実験で作ろうとおもう。まぁ化粧水使ってないが、、

今回の作戦は、できるだけ手間をかけない&素材を無駄にしないという方向性でおこなっています。
基本、ゆずを絞ったら、大体同量か、少し多めの醤油を加えて、そこにだし昆布と鰹節をぶち込んで、冷蔵庫で数日寝かして、瓶に移す。
以上!

ゆず一個絞って、25mlほどか

PXL_20231125_130911740.MP.jpg
ゆずを絞っていくと、種とは別に、ワタの部分が結構出てくる。
5つ絞って160ml

PXL_20231125_133157691.MP.jpg
ゆず絞り汁160mlに対して、醤油を180ml、そこに、ゆずのワタの部分も投入し、昆布と鰹節を入れる。
冷蔵庫で数日寝かします。ちょっと味見したけど、十分美味しいポン酢だ!

PXL_20231125_131829354.MP.jpg
ゆずの皮は、早速天日干しへ、ゆず入浴剤!しかも10回分

PXL_20231125_132613703.MP.jpg
ゆずの種は、焼酎(蕎麦焼酎刈干)

>柚子の種で自然派コスメ!柚子化粧水のレシピ。焼酎か日本酒に漬けるだけ

ゆずポン酢に、入浴剤と化粧水で美肌やん、どうなる?楽しみだ!
posted by ほへと at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月03日

今日の料理、アジフライとカブラの天ぷら

PXL_20231102_185613065.MP.jpg
今日はアジフライとカブラの天ぷら

PXL_20231102_183425274.jpg
スーパーで、フライ用に開いた小アジが半額だったので、購入。

自分で開かかなくて良いし、安いし、店で揚げたアジフライは味や食感がイマイチだが、家で揚げたものは非常に美味しい。

PXL_20231102_183853037.MP.jpg
骨まで食べられるように少し長めに揚げる。
ちまみに、手抜きで、コツの要らない天ぷら粉にパン粉をまぶします。
できるだけ薄く、少なめに

PXL_20231102_184734636.MP.jpg
溶いたコツの要らない天ぷら粉が余ったので、カブラを天ぷらにしてみた。
最近野菜が高いので、葉つきのカブラは重宝します。葉は鍋や、粥にいれます。

アジフライは、ソース。
カブラの天ぷらは塩で頂きました。
posted by ほへと at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月28日

今日の料理、焼肉!(A5等級の黒毛和牛のミスジ焼肉用)

P1630976.JPG
今日はA5等級の黒毛和牛のミスジ焼肉用を頂いています。

うっ嘘やろ、マジウマイ!

スーパーで手に入れたのだが、いつもはA5等級というのも見たことがないが、
ちなみに、いつもの売ってる、国産混雑牛霜降り焼肉用1,352円の半額も一緒に買ったのですが、もちろん十分美味しいのですが、
それとは味の次元が違う。

ここで肉の焼き方、
いい肉は、焼き過ぎるなといいますが、それは赤身。
霜降りの脂身が多いものは、しっかり焼きましょう、焦げ目が付くくらいが食べ頃です。

PXL_20231028_172155749.MP.jpg
A5等級の黒毛和牛のミスジ焼肉用の値段がバグってる、、633円、、えっ?

原価無視の肉の日セールとのことだが、
ちなみにあとひとパック、A5等級特選霜降り焼肉用がこっちは126gで627円、、これもやばいくらいうまかった。

おそらく、考えられるのは、肉の日セールのイベントに、
京都市内を襲った雹をともなうエグいゲリラ豪雨。
おそらくそのせいだろう?
あんな激しい雨はなかなか無いしな、

なお、雨の直前に買い出し終了したので、雨にはまったく濡れていません。
ラッキー。方位も良かったもんな。

ともかく、A5の美味しいお肉が外国産並の値段で頂けたので、天に感謝です。
posted by ほへと at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月22日

今日の料理、海鮮焼き!

P1630926.JPG
今日は、特別豪華に海鮮焼きをします。

活サザエと、活ホタテ、活名称不明な貝(はまぐり、アサリ系)。

サザエは写真を取り忘れたが、、

P1630932.JPG
活ホタテ、意外と安かった。でも中身はしっかり大きい。
バター醤油で。ウマウマ。

P1630944 (2023-10-22T11_37_58.023).JPG
よくわからない、名称不明な貝も食す。
美味しい。

日々の食事が、当たり前になり、飽きても来る。
たまに、贅沢すると気づくこともある。

特別な日の食事は記憶に残るけど、

日常の食事こそ、記憶に残るように、頂かないといけないと。
posted by ほへと at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月17日

イクラに挑戦!

近所のスーパーで、筋子(小粒)が売っていたのだが、確か、120g程度で1300円ほどの値段だったかな?
買おうか迷ったが、臆してしまってスルーしたのだった。

だいたい近所のイクラ(小分けのパック)の価格は、30gで600円ほどで、しかも、やけに小粒のやつだ。
たった30gで600円の食材は、正月か誕生日くらいにしか手が出ない高級品である。

PXL_20230916_123234704.MP.jpg
マジか!確かに価格が破壊されている。
小粒ではない、イクラの生筋子、冷凍ではないやつが、夢の243gで1433円(税込1547円)

これを買うには勇気はいらない。

PXL_20230916_123849656.jpg
筋子の状態で、醤油漬けにするという選択肢もあったが、
やはり、イクラ丼を食べたい。イクラ丼でたっぷり満足するイクラは50gは必要らしい。(ご飯の1/3以上)

冷凍ではなく、生の筋子なので、アニサキスが怖いので、60度のお湯で1分でアニサキスを殺します。

このお湯の中で、筋子から、イクラをほぐしていきます。

熱い。非常に熱い。アチアチっ!60度は熱いです。もう少しで手が死ぬところでした。

PXL_20230916_124650915.MP.jpg
細かな、筋を取って、水で何度か洗います。
この量すごいな。

PXL_20230916_125030977.MP.jpg
自家製のかえしを加えます。(かえしは、醤油とみりん、砂糖を煮て寝かしたもの)

冷蔵での保存を考えないのと、むしろご飯少なめイクラ多めを想定して、かえしは少なめで、

PXL_20230916_193449185.MP.jpg
生なので、鮮度にこだわり、6時間後には、イクラ丼に。
見てこの美しさ、宝石や!

うまいわ。
久々に、卵黄の味がするイクラを食ったぞ、しかも妥協無い量のイクラ。

わさびやのりも追加する。

PXL_20230916_202052082.MP.jpg
茶碗蒸しも作った。最近納得するレシピが完成した。


イクラの冷蔵は、塩加減で変わるともいますが、3~5日程度。
冷凍は約1ヶ月持つようなので、小分けにして冷凍すると良いみたいです。

皆様も、是非筋子を見つけたら、自力でイクラに挑戦してみてください。(コスパ高いよ)
posted by ほへと at 15:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月03日

最近の料理、岩牡蠣、ナス煮浸し、オーブン焼き

PXL_20230726_201701754.jpg
岩牡蠣を40%オフ360円、レシート合計は色々買って、1,111円也

PXL_20230726_201814450.MP.jpg
さすがに加熱用の牡蠣で、40%オフ品なので、生食は諦め、蒸すことに。
が、しかし、デカすぎて、蒸せない、鍋に入らない!

PXL_20230726_202108723.MP.jpg
フライパンに、水を張って、ふたして蒸す!

PXL_20230726_202716920.MP.jpg
完成!
磯の匂い、夏だな。
ウマウマ。また貴重な栄養補給だ。

PXL_20230710_150931394.MP.jpg
ナスを油でしっかり炒める。そこに蕎麦つゆ(自家製)入れて煮るだけ。

PXL_20230710_172704215.MP.jpg
ナス煮浸し、自家製、紅生姜をのせて完成!ナスを食ってから、残りの汁にそうめんを入れて食べます。

PXL_20230710_172707461.MP.jpg
ダッチオーブン(DAISO)で、かぼちゃを焼く。
美味い、シンプル。

PXL_20230716_165905406.MP (1).jpg
夏は、こういう感じ、オーブンで、オクラ、ゴーヤ、長芋を焼き、枝豆と酒で優勝!
posted by ほへと at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月09日

紅生姜に挑戦!

今年は、梅干しを漬けようか、らっきょにしようか?と悩んだ結果、
紅生姜を漬けることにしました。

PXL_20230707_140313127.MP.jpg
新生姜を買ってきした。とりあえずきれいに洗います。

PXL_20230707_140958644.MP.jpg
レシピには皮を剥く的な事がありますが、皮と実の間に栄養があるの法則によって、
皮はむかずに、適当な大きさに切っていきます。

また、細切りにはしません、細切りが必要なときはその時にします。

PXL_20230707_141045264.MP.jpg
塩をして、重しをして水を抜きます。

結構水が出ます。
ちょっと塩がきつそうなので、酢で洗いました。

PXL_20230707_152503582.MP.jpg
瓶に入れて、梅酢と、少しのリンゴ酢とみりんを入れました。

PXL_20230709_172439145.MP.jpg
3日ほど漬けました。

恐ろしいほど美味い。
マジで美味い、岩下の新生姜より美味いぞ。
これからは、紅生姜は自家製だな。
posted by ほへと at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月28日

ダッチオーブン(DAISO)パート2

>ダッチオーブン(DAISO)

ダッチオーブン(DAISO)1,100円也は、結構重宝している。

PXL_20230605_195708502.jpg
シンプルの極み、20分ほど、極弱火でダッチオーブン(DAISO)を火にかける
今回はサツマイモ

PXL_20230605_201342645.MP.jpg
うまいぞ

じゃがいももよくします、バター一つで高級料理です。

PXL_20230628_190826775.MP.jpg
そら豆も野生の味

PXL_20230626_195728326.MP.jpg
今回は、じゃがいも、人参、大根

大根がうまい。

大根って、出汁吸わんでも、こんなに味が豊かだったのか
味が濃縮するので、塩もいらない。

ヘルシーかつ、最高の酒の肴

ちょっと重いのと、出来上がり、蓋とかアツアツなのは気をつければ最高です。
posted by ほへと at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月12日

ラーメン「大勝軒まるいち(新宿東南口店)」

ラーメンを食べるなら、いつも、おなじみの天一(天下一品チェーン店)を食べることが多い。

ほへとはラーメンに関しては、物凄いこだわりとか、まったく無いので(笑)
基本、美味しくても、並ぶくらいなら、チェーン店でええわ派である。

しかし!今回、せっかくの東京なので、美味しそうなラーメンを食べることにした。

当初は、色々調べて、ラーメンの鬼、佐野 実の「支那そば」を食べようと考えてた。
場所が横浜ということで、いつもは新幹線で品川から新宿だけど、横浜から新宿に行くルートもあるので、
新横浜で降りで食べに行こうと思ったが、場所が横浜市でも戸塚というところで、新横浜から戸塚は結構遠いので、今回は諦めた。

佐野 実が唯一頭が上がらない人物として、ラーメンの神様、山岸一雄の「大勝軒」がある。
実はもう二人共亡くなっているが、その味は、弟子たちに継承されているようだ。

今回は、大勝軒、山岸一雄の最後の弟子の店、大勝軒まるいちに行くことにしました。
まぁ新宿からすぐだし。

大勝軒は「つけ麺」の発祥ということで、大勝軒まるいちも、看板メニューが「つけ麺」、それを注文する。
ここでの注文は、店前の券売機である。券を買って中へ。

PXL_20230611_141150864.jpg
あれっ、店間違った?
店員さんが天一(天下一品)のシャツ着てる??
慌てていたわけでも無いが、間違っていつもの天一(天下一品)に入ったか??
いやいや、なんで、進入禁止の天一のロゴと一緒やねん。(まぁ白黒だが)

PXL_20230611_140654570.jpg
座ったカウンターの上に、伝説のラーメンの神様、山岸一雄の書が

基本、「つけ麺」は苦手である。
味が濃く、塩辛い。こんなもの毎日食って、汁を飲み干していたら、アカンやろと。

PXL_20230611_141256987.MP (1).jpg大勝軒まるいちさんの、「つけ麺」が来ました。
早速頂きます。

まず、自家製の太麺をそのまま頂きます。
うんうん食べごたえのある太い麺だが豊かな味だ。

そして、スープ、つけ汁も一口。
おっ!塩辛くない!つけ麺独特の強いファーストアタックもなく、柔らかく優しい味だ!

麺をつけて頂く。
蕎麦のように、鼻からも息を吸いつつ、麺をすすり食う。

おぉ味が変わっていく、立体的だ!味にベースがあり、メロディがあり、爽やかな装飾も邪魔しない。
それにしても、麺が太い!、食い慣れていないから、ちょっと大変。

出汁はさすがに最後までは飲み干せなかったけど、凄く好みの味でした。
是非、ここにも、また京都でも、大勝軒系のラーメン屋に行ってみたいですね。

旧ラーメンレポート
>なんつッ亭(2006年06月28日)
posted by ほへと at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月06日

食べ物とステージ

例えば、ボディビルダーが、プロテイン(タンパク質)を重視するのは、身体の(運動)筋肉を育て、ケアする為です。

多くの人は、糖質が好きですね。それは実は、エゴ(大脳)のエネルギー源なのですね。

おさらい
エゴはステージ2
身体はステージ3
内臓はステージ4
細胞はステージ5

ステージ2
エゴを主体とした食事は、エゴ(大脳)の大量のエネルギー源。糖質や美味しさ、贅沢など、満足感など、エゴの満足やストレス発散など。
しかし、極端な糖質接種は、糖尿病やガンなどの原因となっている。
要するに、内臓、ステージ4レベルでは、糖の処理が難しいということ。

身体はステージ3
エゴではなく、身体にとって必要な食べ物。栄養バランス。動ける身体のための食事。タンパク質は大事。
意外と筋肉の構造はシンプルだが、筋肉量より、運動神経系で、達人とポンコツなどが決まる。
タンパク質を取ればいいのでもなく、動くトレーニングが大事。

内臓はステージ4
内臓は、生命維持に必要な、実はむちゃくちゃ重要!
内臓自体は、別にそれほど、糖質がいるわけでも、タンパク質が必要な訳では無い。
では、内臓にとって、良い食事とは?
そう考えれば、糖質でもなく、身(タンパク)でもない、栄養なのだ。
大自然に生かされているというのが、ステージ4なので、
内臓系を高めるには、素朴でケミカルなものが入ってないのが当然望ましい。
人工系の食べ物は、腸内フローラなどを荒らす。

ステージ1の食べ物
例え、自然な小麦が原料でも、放置して何週間も腐らない菓子パンやパッケージングされたお菓子などは、エゴの悪い思惑で出来た工業生産品である。たまに食べるのは構わないと思うが、常食はやめたい。

ステージ5は細胞、バクテリア、ビフィズス菌や納豆菌など内臓に機能にプラスなものがある。
きのこ類など、ステージ5と4の間のような存在もある。

健康なときが良いが、病気、例えば肌荒れでも、それは内臓からのピンチの信号なのだ。
エゴが好きな食べ物は抑え、内臓にとっていいもの?という発想を持ってください。

食べ物を選ぶときに、どうしてもエゴ主体となる、それには過剰なうまさがあるが、内臓レベルでは負担きつい。
たまには素朴な自然を食べよう。
posted by ほへと at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月31日

ダッチオーブン(DAISO)

PXL_20230530_170100489.MP.jpg
なんか、ダイソーで男心をくすぐる、キャンプで使用するダッチオーブンというものを買ってきた。1100円也

PXL_20230530_170209347.MP.jpg
1100円という値段からは、想像できない屈強な作り、内径11.5センチ、容量は0.7Lと、
ダイソーの1.5合のメスティン(飯盒)が、0.75Lと同じような、容量だが、
重さが、1.5合のメスティン(飯盒)が164gに対して、
このダッチオーブンは、なんと1.5Kg(1500g)と、桁違いに重い(笑)。

PXL_20230530_190553655.MP.jpg
米を炊いてみた(三分つき玄米)
これは、丁度いい大きさかも、今まで少し大き目の鍋で、二合、二日分炊いていたが、このダッチオーブンは1合〜1.5合で丁度1日分だ。
少し大き目の丼鉢(1.5Kgだが)として、直接食える!
次回は、フル玄米を炊いてみようかな。

PXL_20230531_204655847.MP.jpg
じゃがいもを焼くだけ

PXL_20230531_204831788.MP.jpg
25分のオーブン焼き

まぁ、じゃがいもなんか、レンジで数分でホクホク美味しく頂けますが、また違うな。

うまい、油で揚げるのとも、茹でるとも違う、しっとり、かつ、塩だけで十分だ。これがオーブン焼きか。
自然を食ってる感じで、乾いた魂が潤う野生な味だ。

という感じなので、気になった人はダイソーでチェックしてみてください。
ただし、1人〜2人までのサイズ感なので、そこは注意。
posted by ほへと at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月27日

オムライスに挑戦!

PXL_20230527_122025211.MP.jpg
今日昼、オムライスを作りました。実は生まれて2回目の挑戦で初勝利!

PXL_20230527_121805466.MP.jpg
要するに、錦糸卵を作ってた経験を活かし、錦糸卵の場合は卵一個のを2個にして、細く切る代わりに、ケチャップライス(手抜き)を乗っけて、

PXL_20230527_121845697.MP.jpg
端から卵めくって、、実はこの状態から直皿に乗っけて(餃子の上位互換)、形を整えて完成じゃ!

PXL_20230521_160821247.MP.jpg
前回、初めて挑戦して作ったやつ。
失敗というか、初めて作るときは、できるだけ自分で考えて、我流で挑戦する。
いわば、偵察のようなものだ。
敵は、ライスではなく、卵の破れということが分かる。

PXL_20230522_135926771.MP.jpg
余力があれば、美味しい洋食屋にでも行くのだが、余力がないので、スーパーのお惣菜でオムライスを買う(おそらく人生初)
いろいろ分析して、なんだ、そういうことか、、

PXL_20230527_122025211.MP.jpg
(再)今回のオムライス。
卵2つ、少しみりんを入れる。
ライスは、単にバターでご飯を炒めて、ケチャップのみ。
フライパンに、溶いた卵を、箸などでかき回さず、フライパンを回して、端が乾いて中央が半熟で火を止め、蓋。しばし待つ。
それに、ケチャップライスを卵半分に乗っけ、半分の卵をめくりライスを隠す。
皿をその上にセットし、餃子の要領で、フライパンをひっくり返し皿に、雑なオムライスが乗るので、かえしなどで適当に形を整えて、
ケチャップ掛けて完成。

これはミニマムであり、チーズ入れたり、ソースに凝ったり、卵増やしたりといろいろ応用が効くやつです。



posted by ほへと at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月19日

最近の料理、イワシの天ぷら、茶碗蒸し

PXL_20230417_212111353.jpg
イワシの揚げ物用開きが格安で売っていたので購入。

PXL_20230417_212354001.MP.jpg
天ぷらにしよう。
粉は皮面には付けず、身の面だけ付ける。
水分の抜けを、皮面と身の面と同じにするため。

PXL_20230417_213305279.MP.jpg
天ぷら用の温度計を買いました。
なので、早速実験として、イワシの天ぷら。

温度高めと低めの両方で揚げて、違いを確認する。

PXL_20230417_213500794.MP.jpg
でけた。

温度高めというか、普通にカリッとして美味しい。
温度低め、少しべとっとして、イワシの生臭さがややする。が、しかし、逆にイワシの味がしっかりしている。

再度、温度高めを食べる、うーむ、旨いのだが、イワシの味が薄く感じる。しかし衣はサクパリで旨い。
再度、温度低めを食べる、純粋に味だけ見ればこっちの方が美味しいのか?衣のサクがイマイチだから、次は上げる直前に温度を上げるか?

また、今回は、あえて塩コショウもしていないので、温度低めで臭み防止処置を施して見るか。

などと、研究しつつ、料理をするのは楽しい。

PXL_20230418_211303013.MP.jpg
茶碗蒸しに挑戦!
最近、鍋ではなく、土鍋を使えば、湯呑コップが4つ入ることに気づいたのだ。4人分の茶碗蒸しできる!

早速、実験を兼ねて、材料はローソン100で卵とかまぼこ、出汁を昆布と出し節から取る。
卵M50gの3倍、150gの出汁と、混ぜる。丁度、湯呑2つ分。

今回は、蒸し強を3分後、弱にして一つは10分蒸し、もう一つは20分蒸す。
蓋にアルミホイルのカップ。

PXL_20230418_211439613.MP.jpg
こちらは2つ目、具は中にかまぼこ、青いのは、ネギ!(三葉の代わり)
1つ目の10分もそれだけ食べれば美味しい!が、20分後の2つ目はより美味しく見た目も良かった。

というわけで、今後、強3分&弱20分を採用だな。

posted by ほへと at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月11日

年齢と主食の量について

肥田春充の「一分間の強健法」の中で、東北大学近藤正二教授が、日本各地を行脚して、主食と寿命についての貴重な研究の話がある。
それによると、人間の寿命を左右する重大な要素は、酒でも、過労でもなく、主に主食の質と量にあるという話だ。

簡単にい言えば、米の産地は、白米を沢山食べる(1日7合以上の村も)ので短命という話だ。
主食に芋、野菜や大豆をよく食べる所は長寿だったという話だ。

沖縄や九州は酒むっちゃ呑むけど長寿のイメージがあるな、米の産地ではないからか?
というか、人間の寿命を左右する重大な要素は酒ではないというのが、いいのかこれは?いや研究結果だからいいでしょ。

江戸患いの江戸時代は実は白米をたくさん食べて脚気で多くの人が早死したという話もある。

戦前戦後の80年以上前の話なので、今とは多少現状は違うと思うが参考に。

また、今では病気になっても即死ぬわけでもなく、医療が発達しているので、主食と寿命というより、主食と病気くらいが適当と思う。


肥田春充の「一分間の強健法」の中での1日の主食の量(玄米を推奨)

重労働者 3合

一般
十代 2合以下
二十代 2合から3合
三十代 2合以下
四十代 1合半
五十代 1合前後
六十代以上 1合以下

とある。

当然であるが、若い頃と同じように食べているとお腹も出るし、病気にもなる。
それがわかりやすく書かれている。
是非、参考に。

さらに肥田春充は、白米を主食にすることは良くないと言っている。
特に現代は、白米より、精製された小麦など、さらに悪くなっている感じがする。

白米や小麦では、どうしても、油分や栄養が足りないので、副菜を必要とするが、玄米は完全食、副完全食と言われ、副菜が菜っ葉や大豆等にシンプルにできる。

ここでは、主食の量を米何合で表していますが、当然、米は1合しか食べてないけど、パンや麺類もその中に含んでください。昼はラーメン二郎だったとかは、その時点でオーバーアウトの可能性もある。たまならともかく、習慣は、、

当然、玄米を勧めますが、まずは1日の米の量を考えてみてくださいね。
posted by ほへと at 21:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg