2023年01月23日

今日の料理・牛ミノ

PXL_20230123_175412640.jpg
今日は、北の方位が良かったのか、牛ミノが安く買えました。

牛ホルモンは、タンと並んで、ミノはよく買います。てっちゃんはちょっと邪魔くさいがたまに食べたくなる。


PXL_20230123_191440937.jpg
鉄中華鍋で熱く焼く、温度センサー上限アップでさらに熱く焼く。
あっさりしたミノであるが、それでも染み出てきた油をキッチンペーパーで吸いながら、熱く焼く!

低温調理よろしく上等の肉とは違い、ミノは、超高温の鉄中華鍋で熱く焼くのや。

ホルモンは、焼かれて価値があるんや。
焼かれて焼かれて、油落として、味磨くんや。
生焼けのホルモンくらい食えんもんはない。(誰?)

もっと焼かれなあかんのや、俺らは、育ちのええ肉とは違う。

俺らはホルモンみたいなクズってことか?

そや、そやから俺らはもっと焼かれなあかんのや。
焼かれてへん、ホルモンはただのゴミや。
ゴミは焼かれて焦げて、初めて意味がある。
(by龍が如く5生焼けのホルモンより)

PXL_20230123_191858903.MP.jpg
出来ました。上ミノとかでないので、少し硬いので、食べやすいように切って完成。
酒の肴に最高。

昔、牛肉が食べられない時期があり、焼きイカや思ってこれ食べてみ、と言われて、初めてミノを食べた。
それから、牛肉を食べられるようになった。20代前半の話である。

今でも、それを思い出しつつ、もっと焼かれなあかんのや。とたまに食べている。

posted by ほへと at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月20日

今日の料理・ピザ

PXL_20221219_190207004.MP.jpg
料理という程でもない。
こう寒いときに、ピザが食べたくなる。

そりゃ、宅配ビザはウマいだろうが、そんな贅沢は今年は光熱費に回さなければいけない。

スーパーで200円ほどの安チルドピザをベースに、いろいろ好きなものを乗せて食うのが良い。

今回はブロックのベーコンを切り乗せ、そこにミニトマトと、丁度バジルが格安で売っていたので、トッピング、冷凍室のとろけるチーズをたらふく乗せて、オーブンで焼く。

焼ければ、追いバジルをちらし、
タバスコを多めにかけて、頂きます。
手軽です。

他に、シーチキンに、冷凍のミックスベジタブルとか、
じゃがいもをレンチンでマヨネーズとベーコンなどいろいろできるのがいいですね。

急な呑み会などにも、楽しめます。



posted by ほへと at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月30日

今日の料理・麻婆豆腐とチャーハン

PXL_20221129_194117109.MP.jpg
雨だし、中華にするか、中華鍋で火の気で水の陰気を吹き飛ばす!
麻婆豆腐とチャーハンを作ることに。

PXL_20221129_192716230.MP.jpg
まずは、肉味噌を作る。今回は豚ミンチ。
ガッツリ食べたい時は豚ミンチ、あっさり時には鶏ミンチ。
適当に味付けし、甜麺醤入れて完成。

PXL_20221129_193554919.MP.jpg
今日は、雨なので、水分量の低い木綿豆をあえて下茹せずに、中華鍋内で煮る。
下茹でして、これ以上部屋の湿度が上がっても困るし。

肉味噌を別皿にいれて、
油に、ラー油、そこに、刻んだにんにく、生姜、豆板醤、一味を入れ、一度煎って香りを立たせる。
スパイスカレーで学んだが、辛味は一味で調整。今まで豆板醤で辛味調整していたが、少しくどく塩辛くなる。
あと気をつけないと、声が寝起きになるので、換気はしっかり。(一味を炒る時は)
鶏ガラスープをいつもより少なめに入れ、肉味噌、木綿豆腐を投入。

ネギなと花山椒などを入れ、片栗入れて、最後は少し焼く!
追い山椒とラー油で完成!

PXL_20221130_152440554.jpg
からのチャーハンに、チャーハンは時間と己との戦いなので、撮影してる暇がない。
まぁ無心に何かをするのはいいことだ。

米は玄米を三部精米したもの

PXL_20221130_152952684.MP.jpg
コショー振って、自家製ぬか漬けを添えて、チャーハンも完成。

麻婆豆腐は、とりあえず甜麺醤と豆板醤を揃えておけばいつでも手軽にできるし、ヘルシーなのでお勧めです。
posted by ほへと at 20:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月22日

今日の料理・ワカサギの天ぷら

PXL_20221122_192625127.MP.jpg
スーパーでワカサギ(琵琶湖産)を買って来た。税込204円也

ワカサギの天ぷらに」初挑戦しよ。

PXL_20221122_193157995.MP.jpg
冷蔵庫にあった、茄子とエリンギとなめこも揚げるぞ。

PXL_20221122_194135154.MP.jpg
まずは高まる気持ちを抑えて、野菜、茄子とかから揚げる。

PXL_20221122_194824430.MP.jpg
茄子は天ぷら、エリンギは素揚げ、なめこは片栗で揚げたが微妙。

PXL_20221122_195132339.MP.jpg
ワカサギをキッチンペーパーで水分を取って、片栗粉を軽くまぶす。

実はワカサギはイージー、ハラワタ取ったりとか、面倒なプロセスが無いのが嬉しい。

PXL_20221122_195257002.MP.jpg
そのワカサギに溶いた天ぷら粉で揚げる!

ちなみにレシピとかは、できるだけ見ない派、野生の勘を高める。

PXL_20221122_195407061.MP.jpg
このくらいの頃合いは?と一匹試食。ふわっとしてうまい!

PXL_20221122_195613598.MP.jpg
慌てて、他のワカサギも引き上げる。
さっき作った焼き塩で頂くが美味すぎるぞ。

PXL_20221122_200049854.MP.jpg
今日の晩ごはん&酒の肴。

ワカサギは、2分ベースだとふんわりやわらか、3分ベースはカリッとスナックのようになりました。
posted by ほへと at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼き塩

PXL_20221122_184253765.MP.jpg
「瀬戸のほんじお」というのを買ってきて(100円割引)使っているのだが、少しと言うか結構湿っていて、塩同士がくっついて、ベトって感じで素材にかかる。いやいや均等にパラパラ行けよと思うのだが、困っていた。
というわけで、ちょっとそのベトついた根性に焼きを入れることにした。

フライパンで炒るだけだが。

PXL_20221122_184647804.MP.jpg
ほーら、こんなにサラサラになった。上とエライ違い。

PXL_20221122_184839555.MP.jpg
細かいのと荒いのが混在するので、ザルで濾します。

PXL_20221122_185232554.MP.jpg
荒いのは、さらにすり鉢で擦り、完成!

これで、食品素材に均等に塩をふれる。
焼き塩ということで、運気上げの風水アイテムやちょっとした除霊にも使えるかも!?

IMG_20221122_185748780.jpg
「瀬戸のほんじお」は、にがりの粗塩ということだが、至高品ではないが、食塩相当量89.7g、カリウム880mg、マグネシウム300mgでこの値段なら十分だろ。

PXL_20221122_185502504.MP.jpg
塩を炒った、鉄フライパンは錆びないように、油塗って手入れ。
posted by ほへと at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月13日

今日の料理・焼きサンマ(スーパー惣菜)

PXL_20221113_185914282.MP.jpg
今日は、北西の方位が良かったので、メッサ北野(スーパー)に来たら、雨が降っていたせいか、閉店が近いせいか、美味しそうな焼サンマが半額の398円→199円だったので、ほぼ条件反射で購入。

メッサ北野は量産型のスーパーとは違い、少しグレードが高い。無論少しお高いし、早く閉まるが、
量産型のスーパーの半分ミイラ化した焼きサンマとは違い、見るからに美味そうだ。

PXL_20221113_185959889.MP.jpg
結構いい感じの焼き、焦げが入っていたので、焼き丸くんやフライパンではなく、レンジを使う。
ギリギリ皿に収まった。

PXL_20221113_190119646.MP.jpg
7トースターグリルという機能を使う。ただの温め電子レンジと違い、それからトースターグリルで焼いてくれる。まぁまぁ時間はかかるが、表面がパリッとするのでなかなか使える。

というか、料理というほどのことではないが、時間を待つというのも料理ということにしよう。
ラーメン屋に並ぶとうまくなる効果だな(ちょっと違うぞ)

早く食べられるということが、実はそれほどのメリットなのか?
少しの時間で美味しくなるなら、その時間を待とう。

PXL_20221113_190250743.MP.jpg
焼きサンマといえば、アスパラ&ベーコンのように、大根おろしだが、大根がない。
しかし、奇跡的にカブがあったので、カブで代用する。
あとは、レモンとお醤油。

PXL_20221113_191739952.MP.jpg
完成!、かいわれ大根があったのでそれも添えて。

美味しい、いや美味しすぎるぞ!
ポン酢系ではなく、やはりシンプルに醤油と柑橘系が良いね。

IMG_20221113_192057194_HDR.jpg
表面を前から食っていきます。さすがメッサ北野、ちゃんとハラワタが入っている。
それもいい感じで、胃袋にウロコが入っていないいいやつだ(臭くない)。

手軽に美味しいものをいただけるのはありがたい(半額だけど)

IMG_20221113_193115954_HDR.jpg
完食!ごちそうさまでした。

posted by ほへと at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月05日

今日の料理・蕎麦とレンコン素揚げ

PXL_20221105_162317780.MP.jpg
今日は、蕎麦を茹でます。
まずは、乾麺の蕎麦を水に10分浸します。
今回は、贅沢に十割そば!

PXL_20221105_163604146.MP.jpg
水を吸った乾麺を、なんちゃって生麺として扱います。
※注、かなりグダグダで心配になりますが、きっと大丈夫です。

PXL_20221105_163736914.MP.jpg
ほへとは最近中華鍋で蕎麦を茹でます。
沸騰を待つ間に、出汁を取ります。

PXL_20221105_164156287.MP.jpg
出汁は、ざる蕎麦、つけ麺用なので、少なめの水に、だし昆布と混合削り節をアクを取りながら、
結構ブツブツ煮ます。上品に鰹節をさっとではなく、ワイルド&バイオレンス?な癖強めにするのが、ワイルドな100%な十割そばには必要です。白い小麦のうどんではないのです。
そこに自家製かえし(醤油・みりん・砂糖)で、塩分と臭みが消えるのバランスで入れる。
大体三分の1以内。

PXL_20221105_164721869.MP.jpg
蕎麦の生麺(なんちゃって)なので、1分半から2分茹でます。
茹でたら、ザルでぬめりを手早く取り、ザルに盛ります。
少し茹ですぎたか?しかしうまい!

PXL_20221105_165216658.MP.jpg
十割そばなので、蕎麦湯も頂きますが、マジで止まらないうまさ。(茹ですぎたからか)

IMG_20221105_191056533.jpg
からの、レンコンとエリンギの素揚げを作ります。
残念なことに、蕎麦を茹でるのも、最近揚げ物も、全部中華鍋でやるのですが、
それでは、茹で上がった蕎麦に、揚げたての揚げ物というセットができないのが深い悩みだ。
キッチンは二口コンロだが、中華鍋がでかいので、小さいコンロが使えず、実質一口コンロとなる。
まぁそばを茹でるのは、カセットコンロにするか、邪道にレンジという荒業もあるが、
このあたりが悩みで、夜しか眠れない。

そうそう、レンコンは薄めに、エリンギは逆に丸々揚げるので隠し包丁を入れている。

IMG_20221105_191210157_HDR.jpg
レンコン投入!
今日、下鴨神社の帰りにダイソーで買ってきた10キータイプのタイマー
実はさっき、タイマースタートとストップ間違えて、蕎麦ちょっと茹ですぎた。

IMG_20221105_191459950.jpg
エリンギ投入。
油から半分出ているので、半々ずつ揚げる。

ワイルドだろう?

PXL_20221105_192107994.MP.jpg
完成。
エリンギは2つに裂く。

試行錯誤の末、天ぷら→片栗まぶすだけ→素顔のままで(今ここ)

さきの、蕎麦用の出汁でいただく。

うまいが、やっぱ蕎麦と一緒に食いたい。
posted by ほへと at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月25日

スパイスカレーに挑戦!

料理研究家リュウジのバズレシピ
世界一カレーの好きな女の子が教える本格簡単なインドカレーの作り方
https://www.youtube.com/watch?v=BHpWa9Q2rv4&t=468s

を見て、簡単そうだな、いっちょ挑戦すっかと言うことで、カレーを作ることに。
必要なスパイスは3つだけ、ターメリック、クミン、コリアンダーを近所の酒屋のやまやで買ってきて、
鶏肉を100gとトマト1つ買ってきただけで、後は家の備蓄(残り物)で。

PXL_20221025_190246580.jpg
まぁこういうものは、まずはレシピ通りにするものだが、ほへとは適当に作るのであった。

レシピでは二人分だったのが、一人分でやる。何しろ初めてなので、失敗時の被害を最小限にと。

まずは、玉ねぎを炒めるのだが、邪魔くさいのでレンジで時短しつつ、玉ねぎが少なかったので人参入れたりと、

PXL_20221025_190710301.MP.jpg
レシピでは、各スパイスを小さじ1、それに塩も小さじ1、チリペッパー小さじ1/2(一味でも可)を、一人分用の小さじ1/2入れればいいやと、、実は一味は、1/4なのに、1/2入れる失敗。
写真では、ターメリックより多い気もする。

PXL_20221025_191846629.MP.jpg
鶏肉を入れて、水50cc入れて煮る。

PXL_20221025_194259359.MP.jpg
ごはんにも、ターメリックを小さじ1/4

PXL_20221025_192858880.MP.jpg
ヨーグルトを50cc入れて完成!

PXL_20221025_194524437.MP.jpg
さて、食うか、、ギャー辛い!なんでや、、
ここでやっとここで、一味の量を間違えたことに気づく(涙)

でも辛いけどうまい。すごく汗ふきでるけどうまいぞ本当に。

完食!少し辛さの耐性ポイントがアップしたのか(麻痺したのか?)、後半は割りと平気だった。早食いになったけど。

こんな感じのスパイスカレー初挑戦でしたが、結構、早く作れるし、小麦やよくわからないものも入ってないし、とてもいい感じ。
挑戦して、もっとややこしいと思ってましたが、意外と簡単でした。
みなさんも是非挑戦してみてください。
※一味は各スパイスの量の半分ですよ!
posted by ほへと at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月20日

タンシチューに挑戦!

PXL_20221019_143627586.MP.jpg
スーパーに厚切りのステーキ用のタンが40%オフで売っていたのでゲット!
さらに、200円何十円かでハインツのデミグラスソース缶 290ccも購入。
マッシュルームも

PXL_20221019_151510029.MP.jpg
まずは、人参を大きめに切って、下茹で(アク取り)、マッシュルームも軽く。

それから、タンの塊2つを6つに切って、酒振って、下茹でする。


PXL_20221019_152204118.MP.jpg
玉ねぎをスライサー半分ほどスライスして、フライパンでバターを炒める。
さらに、さっき下茹でした、人参、マッシュルームも炒める。

それを300ccの水とブイヨン一個で鍋で煮る。

その鍋に、デミグラスソース、赤ワイン200cc、ローレル、砂糖(小さじ1)、塩、胡椒。

下茹でしたタンも、バターで炒めて、鍋に入れて煮込む。

最初は蓋をせずに、アクが出たら取る。

PXL_20221019_165616998.jpg
30分ほど経ったら、ごく弱火にして、蓋して90分煮込む。
底が焦げないように、たまにかき混ぜたりする。

最終的に鍋底がちょっと焦げ付いたので、最初に鍋底に油を塗ったほうがいいだろう。

PXL_20221019_191557028.MP.jpg
完成!
むっちゃうまい。マジか自分で作ったのが信じられないくらいの旨さ!
タンも柔らかく最高に旨く、心の満足度は高い。

厚めのタンとデミグラスソース缶が手に入れば、割りと簡単に作れます。
食材は後、マッシュルーム、人参と玉葱の最小構成で、コストも優秀!

みなさんも是非チャレンジしてみてください。
posted by ほへと at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月03日

今日の料理・サバを焼く

食欲の秋ですね。
この前、スーパーでサバの塩焼き(半額)を買ってきて、でも意外に美味しかった。

結局、サバの塩焼きを家でレンジで温めるが、十分美味しいのだが、よりミイラ化が進むというか、
鮭とば的な感じとなる。まぁ酒のあてには十分。

文明の力で、酒振って、オーブン+レンジにすれば、より美味しくなるだろうが、、

PXL_20221003_230341459.MP.jpg
今回は、焼いていない生の塩サバ(半額)を買ってきた。

酒を振って、「焼き丸くん」で焼く。
網やフライパン、レンジやオーブン、結局、「焼き丸くん」が優勝である。

酒を振るのと、「焼き丸くん」受け皿?に水を入れることでふっくら焼けます。

PXL_20221003_230733578.NIGHT.jpg
こんなに美味しそうに焼けました。

鉄板には油をハケで塗っといてね。

PXL_20221003_230700425.MP.jpg
手間はかかるが、やっぱり生から焼いたほうが断然うまい!

大根おろしと、醤油と、リンゴ酢で頂きます。

ポン酢は最近外しています。出汁が、素材の味を隠すので、、

基本は、素材と醤油が最も良いと最近思います。

それに酸味や辛味などを足しますが、旨味はいらないな、旨味慣れは良くない

侘び寂びでもないが、十分美味しいので、余計なことは避けようと思う。
posted by ほへと at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月19日

今日の料理・玄米の炊き方!

PXL_20220919_143113944.MP.jpg
玄米ご飯が美味しく炊けました。
山蕗の佃煮が合います。

今日は玄米の炊き方の紹介です。
参考までに。

PXL_20220919_124819490.MP.jpg
玄米は、精米前の100%糠がついた状態の米です。
ざるでゴシゴシ洗っても玄米の糠が取れるという性質ではないので、
一般の洗米作業はいりませんが、水は基本透明です。軽く洗う程度でいいです。

今回は玄米を計量カップで2合分を水に浸します。

玄米から、糠の油分が出て、水に浮いてきます。
最初、数時間おきに、水を換えます。

半日くらい浸すと、玄米がしっかり水を吸って、そのまま問題なくポリポリ食べることもできます。

白米は水に浸すと、腐食が開始されますが、玄米は逆に水に浸すと、息を吹き返すのですね。
このまま数日水に浸けておけば、発芽する。発芽玄米です。
玄米は生きています。

PXL_20220919_124950356.MP.jpg
水を切ります。30、40分ほど。

これが、土井善晴(5std2)曰くの、洗い米(あらいごめ)の玄米バージョンです。

土井善晴(5std2)曰く、お米は乾物である、故に調理の前に、戻さなくてはいけない。

干し椎茸や高野豆腐をイメージすればわかりますね。
硬いまま、調理しても美味しく無いです。

乾物であるお米を、乾燥前に戻したものを、洗い米(あらいごめ)と言うそうです。


PXL_20220919_132447639.MP.jpg
ここで、玄米の洗い米を再度、計量カップで、計ります。

なんと、2合の玄米(乾燥)は、吸水させると3合の洗い米(玄米)になります。
1.5倍も増えている!

玄米(乾燥)2合の水量は600mlとあるが、実は2合の1.5倍ではなく、3合と同量と考えたほうがいい。


PXL_20220919_132659850.MP.jpg
3合の洗い米(玄米)を鍋に入れ、水を3カップともう1カップ分追加で入れる。

この玄米が、古米である点と、柔らかめに炊くためだ。

PXL_20220919_142154248.MP.jpg
炊けました。コンロの自動消火装置のおかげで、炊飯器と同じように放置で、自動で炊きあがります。

PXL_20220919_143104098.MP.jpg
炊きあがった玄米ご飯は、パサパサ感などはなく、もっちりと粒の存在感があり、甘みもある。
食後に、なんとも言い難い満足感を感じます。

玄米は栄養価に優れているので、おかずの手を抜けるというメリット!?もある。
そう、おかずは、白米になって失った栄養素を補充している部分もあるからだ。

特に玄米の糠の油分で、白米では欲しくなる脂っこいおかずを、食べたくなくなるので、いろいろ健康にも財布にも良いと思う。

PXL_20220919_150018162.MP.jpg
玄米は、炊飯器の保温では、糠臭くなるので、直近に食べる分以外は、容器に入れ冷凍保存します。

玄米は炊く手間より、浸水の手間のほうが邪魔くさいので、毎回炊くのは辛いが、冷凍保存しておけば便利です。
また、少し水を多めで炊くのは、解凍したときにぱさつかないためでもあります。

玄米の炊きに挑戦してみてください!
posted by ほへと at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月29日

今日の料理・ずいきに挑戦!

IMG_20220829_182816200.jpg
スーパーで「ずいき」の半額を買ってきました。
ずいき初挑戦です。

IMG_20220829_183629447_HDR.jpg
皮を剥きます。最初包丁を使っていたが、最終的にはセロリのように、折って剥く方式に。

IMG_20220829_184036077_HDR.jpg
頑張って剥き終わりました。
芋の部分は小芋。
新芽もありました。

IMG_20220829_185053371.jpg
下茹で、酢を入れたお湯で、5分ほど茹でます。

湯の色が、黒っぽい、赤紫になりますが、この赤紫の色素は、ブルーベリーおなじみのアントシアニン。
目にいいかな?と飲もうと一瞬思うが、アクを取るの為の下茹だったのでやめる。

IMG_20220829_185705454.jpg
とりあえず、腹がへっていたので、蕎麦を作ることに。そこに入れよう。

IMG_20220829_190606435_HDR.jpg
特製ずいき蕎麦。とろろ、生姜入り、今日の蕎麦は五割蕎麦です。

IMG_20220829_192410134.jpg
残り半分は、味噌汁に。

ずいきは、うぁーむっちゃうまいという性質のものでなく、非常に地味なものであるが、
昔は乾燥さして、保存食や、戦国の戦飯だったそうです。

味は決して不味くはないが、さっぱりとした茎の味に、根本のありふれた小芋が、絶品の味に感じる。
キャラメルコーンのピーナッツだな。

食を通じて。ずいきという食材や季節、自然、文化を感じるのはいいですね。
posted by ほへと at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月02日

今日の料理・ぶっかけ蕎麦

IMG_20220802_100041383_MF_PORTRAIT.jpg
暑いですね。できるだけ火を使いたくないので、手抜き蕎麦出汁を作ります。
めんつゆを買ってきて、そのめんつゆに喝を入れます。かつを入れます。カツオ入れます。

厚削りのカツオ節と昆布を入れます。間違ってめんつゆ2倍買ってしまったけど、ストレートがおすすめ。
ストレートは冷蔵庫で1日、2倍は数日置いたら、カツオのいい出汁の香りが来て、蕎麦にも合います。

IMG_20220726_085954454.jpg
暑いので、舞茸が安かったので、天日干しします。

ざるっぽいのが、気になる?

IMG_20220726_053503812_HDR.jpg
むき出しの扇風機。日常生活に緊張を。

IMG_20220802_200223155_HDR.jpg
乾燥舞茸できました。味噌汁に入れると最高です。

IMG_20220802_115334011_MF_PORTRAIT.jpg
ぶっかけ蕎麦を作ります。

IMG_20220802_115649870.jpg
暑いので、湯は沸かさず、水で軽くほぐした、湯で蕎麦に、山芋を擦って、ひきわり納豆を入れ、めんつゆを入れかき混ぜる。

卵や、ネギ、生姜、ミョウガ、適当に入れてください。

IMG_20220802_115939287_HDR.jpg
キュウリの醤油漬けを添えて、海苔を振って完成。
キュウリの醤油漬けは、スライスしたキュウリに醤油をかけて少し置いただけのもの。
余力があれば、生姜、唐辛子、もしくは梅干しなどを入れてもいい感じ。
キュウリから出た水分と醤油も、キュウリの醤油漬けとともに入れます。

余力があれば、蕎麦は、5割、8割がおすすめです。
posted by ほへと at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月03日

今日の料理・煎り玄米

IMG_20220630_0005241.jpg
アイスコーヒーを作る。コーヒー豆を挽いて、お茶パックに入れ、数時間から一晩冷蔵庫で置く。
お湯で煎れたコーヒーとはまた違う、うまさ。
一気に飲まずに、ちょびちょび飲むが、後半は超濃厚になる。
ただしちょい粉っぽくなるが、、
とはいえ、純粋に喫茶店よりウマいし、缶コーヒーとかパックのアイスコーヒーとか話にならんうまさ。

IMG_20220703_1946006.jpg
さて、玄米ご飯を炊こうと、約2日も玄米を水で浸し、発芽玄米化した物がある。
当初は、この2合分鍋で炊いて、小分け冷凍保存計画だったが、

この暑さだ。

IMG_20220703_2016352.jpg
煎り玄米にすることにしました。

前回は、玄米そのまま1合だったが、今回は発芽玄米化2合なので、なかなか火が通らない。

IMG_20220703_2110159.jpg
45分くらい炒ってとりあえず完成とするか。
瓶に入れて、保存。

実は、煎り玄米。そのままがウマいことに気づいた。
少し固いが、味はすごくいい。
ポップコーンの凝縮版だ。

今回、2日も水に浸し、発芽玄米化。
実はこうすると、炒ったり、炊いたりしなくても、そのままポリポリと食えてしまえる。
ただ味はもっさりしているが、

ある意味、玄米を、水に浸してそのまま食えるなら、究極的に、災害備蓄は玄米でいいやんと思う。

ついでに言えば、白米は、水に浸しすぎると味は抜け、腐っていくが、
玄米は、腐るどころか、発芽していくのだ。おぉ自然は偉大なり!

IMG_20220703_2124299.jpg
というわけで、
前回の煎り玄米(上)と、今回の煎り発芽玄米(下)

前回は、ウマいがやはりが硬い。今回の煎り発芽玄米はせんべい並の硬度で、むっちゃウマい!香ばしい!
おやつにも、酒のツマミにも行けるが、

この暑い夏。いちいち炊いたりレンジで戻したりする必要なく、
そのまま、頂けるのだ(笑)

熱くなく、
調理時間0(ゼロ)、しかも通常保存食。超栄養価!

また、肥田春充氏によると、(一食)発芽玄米スプーン2杯でオーケー的な話があったと思う。

今回は、煎り玄米が、浸したものが使えるか?ネットで見てもわからなかったので、やってみました。
浸してから、炒ったほうが、柔らかくなって美味しいぞ。

みなさんもぜひ!?

posted by ほへと at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月21日

玄米コーヒー茶?

IMG_20220620_1736053.jpg
手挽きコーヒーミルを買いました。以前の電動のミルがショートし火を吹いて、使用不可に。
それから、しばらくは、豆ではなく、粉のコーヒーで、ドリップして飲んでいたが、
何かが足りない。

やはり、香りが足りない。
豆から挽いたコーヒーは香りが違う。

IMG_20220620_1852336.jpg
早速、近所のやまやでコーヒー豆買って来る。
そして、グルグルとリールを回すように、コーヒー豆を挽く。
電動ではものの、数秒で、ウィッ〜!!で完了だが、
手動は、思った以上に時間がかかる。

IMG_20220620_1854236.jpg
ドリップする。
なんか、電動の粉とは、ドリップした感じが違うな。

IMG_20220620_1856356.jpg
ええっ綺麗!、まじで一瞬驚いた。
気のせいか?なんかきれいな気がする。

IMG_20220620_1857052.jpg
半分は、冷やしてアイスコーヒーで。

飲んで見る。
うまっーい。
粉が電動より粗挽きのせいか?味わいが深いぞ!

IMG_20220621_1749072.jpg
今日はすでに、2杯もコーヒーを飲んでいたが、さらに欲しい。
が、これ以上飲むと、睡眠の質に影響する。
コーヒーか不眠か?どっち?

大抵、二極、対極の選択に、正解はない。

そういうわけで、カフェインレス、玄米コーヒーを作ることにした。

幸い、原料の玄米も、中華鍋もある。あとは適当に炒るだけだ。

IMG_20220621_1814484.jpg
煎り玄米の作り方は10分から15分だそうだ。
しかし、所望は、玄米コーヒーであり、玄米茶ではない。
確か?うる覚えだが、昔々、玄米を1時間ほど炒って、玄米コーヒーを作るという話を聞いた気がする、、

30分ほど炒ったところで、ガスの安全装置で火が止まったので、一旦今日はここまでで。

IMG_20220621_1827533.jpg
ほーら、いい感じ。香りも香ばしい。

そうそう、今回買った、手挽きコーヒーミルは、豆挽き 穀物や香辛料も挽くこともできる優れもの。
今Amazonセールで、2000円→1700円

IMG_20220621_1830319.jpg
煎り玄米を挽いてみた。
げっ、白い。まぁそうか、胡椒みたいだ。
玄米コーヒーにするにはもっと中まで焦がさないといけないか。

IMG_20220621_1832046.jpg
ドリップしてみた。
紙が目埋まりするので、時間がかかる。

IMG_20220621_1835593.jpg
出来た。色は濃いめの麦茶だな。
うまいな、濃いめの麦茶の高級バージョンか。まぁ材料製法は同じか。
茶8:コーヒー2という感じかな。
茶としては濃い、コーヒーとしては薄い?

これはこれで、冷やして麦茶代わりになるのでは?


IMG_20220621_1838551.jpg
煎り玄米のドリップ後。
元が米、玄米なので、残りかすももっとウマいと思ったが、
食べてみると、味気ないのが面白い。
茶(コーヒー)に栄養が溶け出したんだな。

再び、玄米コーヒー茶を飲むと、うーむウマい。

まぁこれなら、夜も寝る前も、飲めるな。
posted by ほへと at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月11日

今日の料理・玄米

IMG_20220609_1452211.jpg
料理というほどでもないが、時たま無性に玄米ご飯が食べたい時がある。
一晩つけた玄米二合を炊いてみました。

好き嫌い、好みにもよるが、ほへとは玄米の味が好きである。
とは言え、毎日炊くのは大変だ。

IMG_20220609_1455128.jpg
この容器は、ローソン100で、2食パックのごはんの容器。
一食110gと丁度いい量だ。
丁度チャーハン用に愛用している。

その容器に玄米を保存する。

IMG_20220609_1457571.jpg
ラップを掛けて、、

IMG_20220609_1458592.jpg
こんな感じで冷凍庫へ。

手間のかかる玄米も、文明の力でいつでも食える。

IMG_20220606_2123139.jpg
スーパーで安くなっていた(40%オフ)、アジのなめろうと、イカソーメン。
魅惑な梅醤油と生姜で頂く。

今からの時期はアジが旬。釣りたてのアジフライに食いたいな。

IMG_20220609_1840532.jpg
鱧落としも、作りました。

時間との勝負なので、写真撮れないが、結構分かってきた。

基本は、まず皮の方だけ湯がく、30秒。身も湯がく30秒以内!

身の旨味が、湯や、氷水で逃げないように。
そして、水臭くならないように。

一匹の骨切り鱧を4回に分けて、データを収集しました。うへへ。
1回目 ウマい
2回目 あれ?一回目の旨味がない。
3回目 旨味は戻ったが1回目より少し劣る。
4回目 アカン、水臭くなった。しっかり水は切る!

さらに、頭と骨も付いていたので、軽く片栗粉、骨を油で5分ほど揚げる。
無茶ウマい。

posted by ほへと at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月01日

今日の料理・エビの天ぷら

IMG_20220601_2035050.jpg
今日は、茄子とエビの天ぷらを作りました。

IMG_20220601_2021054.jpg
昨日の残りの茄子一本を揚げる。

自分で自分を褒めるところは、油の温度を計ったり、タイマーをセットしたりをせずに、
天ぷらを適当に揚げることができるようになった。

実際、茄子や、海老といっても大きさや、硬さが違うので、レシピはレシピとして参考程度。(もしてない)

最近は中華鍋で揚げる。(中華鍋の説明書には揚げるなとあったが、、自己責任)

IMG_20220601_2026133.jpg
ブラックタイガー小が40%オフ(238円)だったので、今日の酒のつまみはこれ。

結局、エビの天ぷらは、ブラックタイガーの小か大(特大)と思っている。
大(特大)は、プリプリの海老の身が格別で大満足。
実は意外に手間が楽。皮を剥いて、背わた取って、切れ込み入れて真っ直ぐにしての作業が小の5分の1以下。

小は、火の通りが早いので揚げるのが楽。尾っぽもパリパリに食えるのが好き。

中とかが1番中途半端だな。

なお、今回は、1人で天ぷらパーティなので、衣は極限まで薄く、間違っても、エビに衣を着せるような揚げ方はくどいので行わない。
当初した失敗は、天ぷら粉を浸しすぎた点。素揚げの気持ちで行こう!

IMG_20220601_2031226.jpg
豚肉の細切れが残っていたので、片栗粉をまぶして揚げる。
明日、黒酢とかえしで、酢豚を作ろう。野菜は玉ねぎはあるし、ピーマンかトマトだな。
基本、材料は少なめ、シンプルが好き。

IMG_20220601_2038388.jpg
実食!
ウマい。完璧だな。

レシピで、タイマーの時間を気にせず、なんとなく適当に頃合いが分かってきた。
そのほうが、全然油っぽくない。
なお、塩のみ。

明日の昼食のそば用に、少し残しておきたいが、食べてしまったうまさ。


posted by ほへと at 21:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月18日

今日の料理・絶品のフライドポテト(220518)

P1630040 (1).JPG
茄子を買ったら結構な量。焼き茄子にする。
皮を下にして、上の身が柔らかくなるまで、焼く。

P1630048 (1).JPG
そうして、出汁とかえしを入れて、絶品の焼き茄子の煮浸し完成!

P1630038 (1).JPG
玄米から白米に精米中。

P1630046 (1).JPG
絶品ポテトを作る。シズるチャンネル様の、ステーキ屋の店主に教わった「たぶん世界一うまいフライドポテト」を参考に。
新じゃがを皮ごと20分ほど茹でて、冷めてから、適当に切って、冷たい油に入れてから火をつけて、
20分ほど揚げる。

IMG_20220513_1942162.jpg
バターと塩コショウ。

想像以上にウマい。ぜひ作って。時間は掛かるが、掛ける価値はある。

参考はこちら↓
鳥羽周作のシズるチャンネル様の、
ステーキ屋の店主に教わった「たぶん世界一うまいフライドポテト」


IMG_20220514_2036534.jpg
サクラチップでソーセージの燻製

IMG_20220514_2038114.jpg
いい感じの燻され具合。
実は、鮎をこの方法で焼こうと思っている。がそんなときほど鮎は売っていない。
posted by ほへと at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月08日

今日の料理・鮎の塩焼き(220508)

P1620904.JPG
今日は少し安くなった鮎を買ってきました。
鮎は、食材の中で最上位に位置する好きな魚だ。まぁ占いが付くという説もあるが。

P1620905.JPG
包丁で、ぬめりと取り、お腹を押して、フンをさす。

天然ではないが、ほのかにスイカのような香りがする。

塩を振るのだけど、尾びれや背びれには、卵の白身を塗ります。その上に塩。
(取っておいた卵の白身少々)

P1620908.JPG
炭火で串で焼きたいところだが、いつもの焼き丸くんで焼く。
油を塗って、焦げて皮がくっつかないように。

P1620910.JPG
割りと弱火でじっくり片面五分x2と焼きます。
P1620911.JPG
さらに鮎を立てて、腹をさらに焼きます。
これは養殖の鮎なので、はらわたは天然に比べて美味しくないが、食えなくはないのと、良い鮎が手に入ったときのために、火の通りにくいはらわたがあることを想定して焼く。

そして最後少し火力をアップさせて、両面焼いて皮をパリってします。

P1620916.JPG
焼けました。焼き丸くんの鉄板に油を塗ったので、見た目は微妙だけど、味はどうでしょう?
そういえば、たで酢を買い忘れた。仕方がないので残りのカニ酢でやり過ごそう。

P1620919.JPG
美味し。一匹ペロッと食べる。はらわたもいただきました。

二匹目も、食べ方のレクチャーとして、まず背骨に沿って、箸を入れ、

P1620920.JPG
背の部分をぱかっと取り、

P1620922.JPG
そのブロックごと食べます。

腹もそうして食ってから、尾びれから背骨を取って、下部の身とはらわたを頂きます。

P1620926.JPG
鮎のスケルトン。
ごちそうさまでした。

posted by ほへと at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月04日

今日の料理・1人すき焼き(220504)

IMG_20220504_2229179.jpg
今日は、贅沢にすき焼きをします。1人だけど(T_T)

IMG_20220503_2258299.jpg
昨日作った、茄子の煮浸し改!なんと、茄子に切れ込みを入れずに皮も柔らかく、身も柔らかいのができました。
実は、荒切り後に水につけて、切れ込み入れるのを忘れて焼いてしまった。
でも全然大丈夫だった。やっぱ中華鍋のパワーか?

IMG_20220504_1935462.jpg
久々に米を炊いた(2合)
炊きたては、卵かけご飯に挽き割り納豆。きゅうりの漬物、だし醤油。

あとは、おにぎりにします。

IMG_20220504_1938228.jpg
6つできました。乾燥防止に3つずつジップロックに入れ冷凍。

IMG_20220504_2233234.jpg
今回のレシピは、Youtuber武島たけしの極み飯様の
「美食家魯山人が愛したネギ鍋を喰らい今年一年のがんばりをねぎらう」を参考に。

具材は、肉、ネギ、豆腐。以上のシンプル。

まず、牛脂をもらい忘れたので、米油にバターを加える。

長ネギを切って、中央に立てる!
ネギがある程度火が入ったら、フライパンに砂糖を振り、
肉と豆腐を投入。自家製蕎麦用のかえし、おおさじ2:酒1の割り下投入。

すき焼きなので、焼く!

IMG_20220504_2231035.jpg
溶き卵で頂くが、全然美味いやん。

すき焼きといえば、高級なイメージでかついろいろ手間や材料が大変そうだけど、
白菜も今高い玉ねぎも、きのこも麩も、糸こんにゃくもいらない。

具材は、肉とネギと豆腐のみ。ネギと豆腐はローソン100。

IMG_20220504_2233172.jpg
なお武島たけしレシピでは、正月ということもあり、超高級な松阪牛A5ランクが使用されているが、
残念なほへとは、まさかの、215g半額で218円!100g100円のお肉でしたす(笑)
でも本当に関係なく美味しかったです。

誤解のないように、人と食べるときはちゃんとしますよ。
1人ではこれが贅沢です。

武島たけしの極み飯 / Kiwami-Meshi
美食家魯山人が愛したネギ鍋を喰らい今年一年のがんばりをねぎらう
https://youtu.be/Rg4zIX46lVo
posted by ほへと at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg