2019年06月10日

ほへと数秘論を読む、学ぶにあたって、理解と「智」

言葉(単語)と意味

同じ言葉(単語)を使っても、人によってニュアンスや意味合いが変わります。
特にほへとの言葉は独特で、一般とは互換性が無いかもしれません。(ほへと弁)
むしろ、言葉と意味を一から再定義する勢いなので、自分の持つ言葉と同じでも、意味は大きく違うかもしれないので注意してください。

数秘を理解することと、覚える、記憶することとはまったく関係がない。
単に知っているだけの数秘の知識では、何の役にも立たない。
同じ次元で、数秘7=なになにである。というのは理解ではない。

理解する事は「智」を生み出すこと。
智に至るには、物(対象物)→事(出来事)に引き上げる作業、要するに経験や勉強すること。
ここまでは、通常のエゴ意識で可能です。
しかし、「智」を生み出すには、エゴ意識をセルフと結ぶ必要がある。(意識を高める)
要するに高い視野、高い精神性が必要ということ。

理解、智を生み出すことは数秘7の境地で起こる。

例えば、ある数秘の本質を理解した瞬間、「智」は生まれ、それは潜在意識下に入る。
数秘7の境地(Climb)
と同時に、それに関連する出来事、それを生み出した出来事が分かる。
数秘8の境地(Descent)

理解するとは、新しく言葉(単語)に意味を与えることなのだ。

数秘7↑(C)事→智 言葉(単語)
数秘8↓(D)智→事 意味

セルフと結びつかないエゴ意識では、「智」ではなく、「空想」となる。
分かったつもりという危険なやつだ。
智が生まれていないから、智→事のディセント(数秘8)も起こらない。=分かっていない。

あと数秘の理解を単にイメージ記憶、数秘6の境地や、こうだろうという憶測の数秘5の境地でもダメだ。
しかし、理解とかでは無く、単に楽しむ程度に読むならそれはそれで良い。

そうそう、数秘境地は、生年月日の9つの個別エゴ数秘のことではない。

今回のほへと数秘論のテーマは、20ある数秘境地のうち、数秘11の境地セルフ、数秘13の境地アースを目指し、
エゴ数秘である1〜9はサラッと卒業しようというものです。

だから、俺は数秘何々だとか、私は数秘何々だからと数秘のせいにしがちだが、生年月日の数秘で人生は決まらない。
RPGで、戦士だから魔法使いだから、という感じで、クリアできる人はどれでもクリアできるし、どれでもクリア出来ない人もいる。

所詮大きく9パターン、そもそもそんなパターンの一つを自分と思い込むのが問題なのだ。

もともとほへと数秘のコンセプトとして、私=数秘(1〜9のエゴ数秘)ではないと語ってきました。

究極、幸せや、目標の達成などは、エゴ数秘の問題ではなく、その奥の9以上の数秘境地が重要。
とはいえ、まず、エゴ数秘の偏り(数秘の性質)を知ること、自分の心、エゴの性質を知ることも無論大事。

今回は、さらに理解すること、「智」を生み出すことを大きなテーマにしています。
この感覚が分かれば、高次数秘において、応用が効くからです。フフフ。

というように、通常の数秘解説のように、数秘7の人はなんたら〜です。
とは違うので、本編ほへと数秘論、ある意味期待してください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーほへとCM
>ほへと占術研究室 数秘/生年月日 
>電話・対面鑑定申し込みフォーム  ※気楽に相談してください。
posted by ほへと at 21:34| Comment(0) | ほへと数秘論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

ほへと数秘論、始まるよ。

結局数秘は、オリジンタイプ(ABCD)とステージの組み合わせだ。
それも数秘は9までではなく、20まではある。(ほへと数秘の場合)

どの数秘がどうのこうので、当たる外れているのはここでは問題ではない。
エゴ数秘と呼ぶ9つの数秘だけでは、本当の自分も、なんの為の人生かもわからない。

まずこの企画は難解と思わる。
一般の占い好きの学生やOL的を全くターゲットしていません。
この関連記事を読んで、各自咀嚼し、各自理解・認識されると思いますが、おそらく誤解・誤認も多く出ると思います。
怖いのは、低レベルに解釈し、本人が分かったつもりというのが一番ヤバイ。
こちらは何が難しいか分かりかねるので、是非質問等を投げかけてください、その方が深く突っ込めるので、良いと思う。
直接電話鑑定や対面鑑定で質問していただければ、本人の疑問に答えつつも、記事内容にフィードバックできる思うので、完成度を上げられると思います。

目的は数秘システムを理解することで、最終的に意識境地(=精神)を高めていきたい。
エゴと何か?セルフとは何か?
人間の文明社会の価値観は、生命のもつ価値観とは乖離している。
本当に納得する人生を歩むなら、今、常識的を疑う必要がある。


とりあえず、9つのエゴ数秘は以下に単純に表せる

ステージ1
数秘1→(A)物
数秘2←(B)物
数秘3↑(C)物→事
数秘4↓(D)事→物
ステージ2
数秘5→(A)事
数秘6←(B)事
数秘7↑(C)事→智
数秘8↓(D)智→事
ステージ3
数秘9→(A)智

オリジンタイプABCD
→(A):Arrow 対象を射る
←(B):Back 感受
↑(C):Climb 昇華
↓(D):Descent 降下

ステージ
ステージ1 現実、マテリアルプレーン、エゴの下位。
ステージ2 こころ、アストラルプレーン、エゴのホームポジション。
ステージ3 潜在意識、メンタルプレーン、エゴの上位、セルフ。

オブジェクト
物:現実のオブジェクト、五感で感じられる。
事:心のオブジェクト、イベント。ショートムービー。主観が付加される。
智:非現実オブジェクト。いくつかの事から気づきという形で生み出される。もしくは妄想。


これを詳細に説明していく企画・記事です。

予定コンテンツ
■数秘システム解説
◯アローとバック
◯クライムとディセント
◯ステージと適応レンジ
◯・・・

■エゴとセルフ
◯エゴシフト
◯内と外の統一で消去。
◯名と人生
◯・・・・

■数秘EXとサブ数秘オプション
◯・・・・

■地球降下作戦
◯トコタチ st5
◯ナギとナミ st4
◯アマテラス st3
◯エゴ開発計画 st2
◯人間の本質 st1

■大気圏離脱作戦
◯1 #1,2
◯2 #3,4
◯3 #5,6
◯4 #7,8
◯5 #9,10
◯6 #11,12
◯7  #13

■・・・
◯・・・

posted by ほへと at 17:02| Comment(0) | ほへと数秘論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg