2021年01月13日

情報と感性

何か起こっているらしい。

現アメリカ大統領トランプ氏のアカウントが主要なところからバンされてるらしい。
まぁ、その企業の思惑なのか、背後なのか、法を盾に脅されているのかはわからない。

トランプ信者ではないが、一見狂ったように見えるが、ほへとが見るのは実績だ。
何を話かではなく、何をやったか?

メディアは、何を言ったかばかり取り上げるが、、

そういう意味で、政治家というのは、会社一つ経営できない人が国や地域を経営する。
選挙に命は掛けるが、政治に命を掛けているというか、命を掛けたからと言ってうまくいく話でもない。
トランプさんはそういう意味での実績があり(実業家として)、そりゃ不動産取引とかで命の危険もたびたびあっただろうと思う。
バイデンさんは長年政治家ではあるが、そういう手腕はわからない。

日本の政治となれば、残念なくらいにレベルが低いように感じる。
もちろん、政治家は我々がイメージする以上に頑張っているのも知っている。

コロナ対策においても、何か腑に落ちない。
いったい誰に支配されているのか?


だいぶん前に、ある人(ばけもの)に会って、この世界の一般常識というのは虚像だと知った。
本当の世界、テクノロジーはもっと進んでいる。
そして政治家というものの上には、、

だから、今の、世間の情報について、嘘だとわめくこともない。
そういうレベルでもないほど、世間の情報はVRのごとく仮想だ。

ゆえに、自分自身の中心と繋がっていき、自分の延長としての世間を見つめ、
感性を高め、情報を、超情報化していかないといけない。

まず、どっちが正しいというトリックに引っ掛かってはダメだ。
そういう思考は、本質から離れていく。

信じたい気持ちは人間の性だが、それ自体がアウトなのだ。

事実は事実。

見えないものは見えない。

見えないものを見ようとしてはいけない。

いずれ見えるときまで待とう。

感性を高めよう。
脳みそは騙される。

感性は、思い付きでも直観でもない。
言葉はどうでもいいのだが、

全体と部分のなかで、全体の広さと、部分の深さ。

狭く浅い意識で計算して、エゴは得しても、私が損をする。

どんな世界になっても、楽しく生きる人は生きる。
なにかのせいにはできない、ところに本当の自由がある。

柔軟に、強く信じない、感情的は最悪だ、感性に耳を傾ける。

幸せは、世間がくれるものではなく、世間に与えない限り平和は来ない。

posted by ほへと at 19:36| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月07日

自宅で過ごすことと、匂いなど。

新型コロナで緊急事態宣言が関東圏だけでなく、関西圏にも出るようです。
飲みに行くどころか、不要不急の外出も我慢しなければいけません。

いつまで、家に引きこもれば良いのか?

会社もテレワークなど自宅ですることも増えてきています。
そんな中の相談で、社会や人とのつながりが薄れ、自分を見失う人もいるようです。

まず、どこにいても、あなたはあなた。
会社やグループにいないと、存在感が得られないなら、むしろ自分と向き合うチャンスですね。

会社の自分も、部屋で一人の自分もモードは違えど、自分は自分。

まず、自宅の定義を変えましょう。
家は脱力する場所から、
家の中でも、緊張感を持って過ごしましょう。

どうしても、外で緊張し、家で、だらけがちですが、
家にいても、ちゃんとする。誰かが見ていなくてもちゃんとする。、

場所で区切ってもいい、ダイニングでいるときはキチッとする。
時間で、何時から何時までは、自宅は修業や鍛錬の場だと定義し、緊張したり。

それでも、ずっと家にいれば誰でも気が滅入ります。
散歩は欠かさず、しっかり歩きましょう。

ほへとは、家にいることのストレス低減として、
PCをパワーアップして、ゲームやVRなど気晴らし系を充実させたが、

最近は、さらに「匂い」に注目している。
なにかするときに、コーヒー飲むみたいな感じで、
なにかするときに、匂いを作り出す。

それは、アロマであったり、お香であったり、ひば油なんかも。、
まぁお香も今三種類、明日新たな、お香「沈香」が来るので楽しみ。

割と香りによって、同じ空間でも、意識は変わるものだ。
そうやって、だましだまし?同じ場所にいることのストレスを軽減する。
実際香りはストレス軽減するね。
自律神経にも良いみたい。
個人的には、アロマよりお香が好み。

また、匂いに敏感になると自然と掃除するようにもなる。

料理にも時間を使おう。
香りに敏感になってくれば、なぜコンビニやスーパーの弁当では物足りないかわかった。
それは、味はするが、匂いが無いのだ。

香りはすぐに消える。
だから、料理をするときは、香りも考えると良いかも。
まずは、お出汁は、粉末ではなく、ちゃんと取ろう。

味覚は、舌で胃とつながる。
胃が良ければ、未来の不安を消す。
嗅覚は、鼻で肺とつながる。
肺が良ければ、お金の心配を消す。

新型コロナで匂いがしなくなるという話もあるので、気をつけましょう。







お風呂にお数滴で、檜風呂風に大変身。
posted by ほへと at 19:13| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月15日

無いかもしれない OR 無くなったら仕方ない

例えば、デートや飲み会や、旅行などイベントなど。

特に今は、新型コロナの影響で、本当に今進行中の予定もどうなるかわからない。

そんな状況時に、
「無いかもしれない」で消極的に動く人と、
「無くなったら仕方ない」と,、ある前提で積極的に動く人がいる。

多分、「無いかもしれない」で動く人は、準備が無駄になることを嫌うのだろう。
そして、「無いかもしれないって言ったやん」的に、そのことを理由にする。

「無いかもしれない」は、「完全に無し」ではなく、「あるかもしれない」だ。
(まぁ京都弁で「考えておく」という「完全に無し」もあるが)

要するに、自分に聞いてみよう。
あるイベントの予定について、「(場合によって)無くなるかもしれない」と聞かされて、
あなたは、
・ある前提100で行動する。
・ある前提50、無い前提50で行動する。
・無い前提100で行動する。

そして、うまくいっている人、困ったちゃんはどう選択しているか観察してみよう。

今日もある人の会話で、
「バカでいいやん」
「賢さと幸せは関係ない」
「むしろ賢い選択をしたくなく、人はバカになる為に酒を呑むのだ」
など、話していたな。

まぁ、もし、無事イベントがあったときに、準備不足にならないようにしましよう。

posted by ほへと at 19:42| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月03日

成長と自分

同じ事の繰り返しのような毎日。

それでも人は、成長している。

もし、成長していないなら、自分を持とう。

自分(セルフ)は、成長する。

エゴは、その場に留まりたい。
安定したいと思う。

成長しない方法は。自分を無くすこと。
常に、人のせいや、社会のせい、親のせい、過去のせいにすればいい。

そうすれば、ずっとそのレベル。

自分にあった生き方とか変な言葉だ。
生き方が自分なのだかから。

自分にあった人や自分にあった仕事を求めることも、
成長したくないという思いが裏にあるのかもしれない。

自分をエゴからセルフに。
posted by ほへと at 22:29| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

クレーム

クレームを言うことは決してダメとは言わない、時にはそれをする必要はある。

不良品を買わされたり、会社等で理不尽な扱いを受けたりと、
黙っていても、解決しない。
気合を入れて、言いにくいことでも言う。

問題は、ここぞとばかりに、正義をかざしたクレームだ。
相手の立場の弱みに付け込んで、常識や正義で相手を責める。

正義と言って人を裁いても、神は褒めて褒美を与えてはくれない。
一時的にエゴの気晴らし。
ストレス発散のチャンス。

言えるのは、それで、良い事を引き寄せることができると思うか?

クレームで、自分の主張が通ればいい。
必要以上に、過剰なクレームは良くない。
運を下げるのは経験上。

理屈(エゴ)で勝っても仕方ない。

間違ってない、正しいで、やり過ぎないように。
言いたい気持ちを少し抑えて、精神的な余裕を持つように心がけ、
あくまで、楽しさや充実、わくわく感、感動等に意識を向けましょう。

運のいい人、運の悪い人を少し観察すれば理解できると思う。
posted by ほへと at 18:42| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月30日

この世界に来た日、から帰る日

昔のブログで、生年月日とは、無限の輪から有限宇宙である現実世界にやってきた日。と書いた。

占いでは、生まれた日を重視する。占星術や四柱推命、数秘占いもだ。
生まれた日より、受精した日が大事という占いもある。掘ればそういうのも当然あると思う。

考え方で、ほへとは、この世界に、誕生した日、生まれた日が重要と考える。

それでも、昔、変わった友人が、お母さんの子宮に帰りたいと、切なく語っていた。
でも、それは、その(自分の)お母さんの子宮ではないそうだ。

当時は、???と思っていたが。

たまに、前世?的な記憶を持つ人と話すことがある。
人それぞれ、シュチエーションは違うのだが、大体、内容は似通っているのが面白い。

それは、子宮内で見た世界(夢)。
子宮内で受精卵は、永遠の命の元より、40億年の生命の歴史(進化)を経験する。

神社のお宮は、子宮のことといわれている。
お宮への道は、参道、産道と呼ぶ。

お参りして、再び、子宮から出てくる。
生まれ変わる。
神社にはそういう意味もある。

人間の意識下で、自ら命を断つ人がいる。
当然、しないほうが良いのは誰もが分かっている。

そもそも、形をもつ生命体には、見えない心(意識)がある。
見えない心(意識)が、いくら死にたくないと思っても、形あるものはいずれ崩壊する。

そういう意味では、生命体とは、常に自ら命を断つようになっている。
いやいや、そうではなく、寿命という話だ。
心や身体が生まれる前から、この有限宇宙の現実世界に形を持って存在するには、
始まりと終わりはセットだ。

大事なことは、見えない意識が、身とともに無になるのか、それとも永遠なのか。

形(かたち):身体(からだ)があるから、この世界に入れるし、動けるし、世界を変えられる。

そして、形とは、身体とは、この世界とは、いずれ、おサラバしなければいけない。

ピントを合わすのは、けして、日の出の生まれたときでも、日が沈んだときでもない。

頭上に輝く南天の太陽。

どうせ、最後は避けられないから、
灯るロウソクを、守るように生きても、必ずろうは尽きる。

やはり、今をいかに、命をいかに、輝かせるかだ。
感動は、身体と心が一致しなければ起こらない感情だ。

なんか話逸れたけど、シンプルに、自分自身を楽しもう。
楽しめない人も、実はもっともっと楽しめる。
じっとしていても、時間は減っていくだけね。
posted by ほへと at 21:56| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

恐怖と心配

バシャール曰く「状況は中立」

現実(物)の出来事に、絶対的な楽しいや苦しいという事は存在しない。
ただの客観的事実があるだけだ。
それを意識する存在の内(心)に、そういう感情は存在する。

しかし強いて言えば、「恐怖」がある。
現実「物」を見る(数秘1)と、危険を察知する事がある。
危険の察知=恐怖なのだ。
恐怖は、正体が何かわからない。
何故わからないか?感受(数秘2)していないからだ。
感受する前に逃げる、現実において、危険を味わってる場合ではなく、即刻逃げなければいけない。
味わって、不味いでは、手遅れだ。

だから、恐怖は、悲しいとか、辛いという感情とは一線を引く。

ただ、恐怖は、ダイレクトに身体に作用する。
なんせ逃げないといけないからだ。
だから、
すごいストレスを感じるのだ。

類似に、心配というのがある。
恐怖が来るのではないか?というやつだ。

恐怖は現実(ステージ1)で起こるが、心配は心(ステージ2)で起こる。

数秘1〜4は恐怖、数秘5〜8は心配かな、ざっくり分ける傾向として。
心配するのも、すごいストレスを感じるのだ。

すごいストレスは、身体を常に臨戦体制に持っていくので、当然眠れないとか、筋肉も緊張するから、全身コルよ。

なので、恐怖と心配をいかに避けるかだ。

いくつか方法はあるが、
とりあえず言えることは、

まずは最悪なことが起こったらどうしよう?=心配。
いやきっと起こるだろうと、起こったときの先を考える。
浮気がバレたらどうしよう?から→きっとバレるだろう、思考停止から思考全開へ(笑)※例えです。

「強くなること」
まずは、何が強いかという哲学的な問題はさておき、
とりあえず、身体を鍛えることは大事。
病気になれば気弱になり、恐怖や心配はもれなく倍増される。
そういう意味では、健康は大事。

あとは、
バカになること。

冗談でも、バカになったと思えば、新たな発想が生まれる。



posted by ほへと at 19:51| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

意志を持つとは

結婚についての相談は占いの花。ちょいちょいあります。
感覚的に、話してみて、第6波動年、2年後だねとかアドバイスもありますが、

「私結婚できます?無理なら諦めが尽くし、可能性があるなら探し方をアドバイスください」的な相談もあります。

意志が無いものは実現しません。 待っていても、占っても、パートナーはできません。
人生の目標として結婚したいなら、しっかり意志を持って、考えて、行動して、それを実現してください。

と回答する。

結婚難民は、勝手に、ある年齢になればエスカレーター式に出会って結婚すると思い込んでいる。
また、ある占い師に○歳で結婚するって言われたというのを信じて、その年はとうに過ぎて、、というのもある。
なので、基本そういうことは言わない。

今の時代、結婚絶対しろとか言わないが、したいなら、その方向に進まなないと。
例えば、貯金しようと思わないと、お金は貯まらない的なもの。

人生は与えられたものではない。
人生は自分で切り開くもの。
占いはそのサポートであり、絶対的な予言とは違う。

実現したいことは、頑張って実現しましょう。
未来は未知数です。
昨日と同じことを明日もやっていれば現状はそほど変わらない。

今のコロナ禍は、数少ない、変化のチャンス、変化の言い訳、変化の言い逃れ(笑)。

人生の目標として何かしたいなら、
しっかり意志を持って、考えて、行動して、それを実現する。それだけ。

意志を持つとは、心で思うとか、願うというレベルでなく、今の状況・現実を書き換えるという覚悟を潜在意識レベルで行うこと。

その新たな現実の結果、今のエゴ(心)はぶっ飛ぶので、エゴは文句言いつつ現状維持をする。意志はエゴをも書き換えるという覚悟。

意志により、現実が書き換えられた時、現実の反映である今までのエゴはぶっ飛ぶ。
しかしエゴは新たな現実に順応していく、それを「成長」という。

今のこのコロナ禍は、集合意識の常識が揺らいでいるので、バイアス(抵抗)が少なく良い変化できるチャンスです。

posted by ほへと at 22:39| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

目標だけを見据えて

目標が決まれば、行動していくだけです。

そう簡単に目標は達成できないだろうし、故に目標となっていると思う。

だけど、達成が難しくなると、あれこれ考えすぎるのは、意志の弱さの現れで、目標を達成を信じられないという意識です。
その意識が、不達成を引き寄せます。

目標達成に一直線に向かうとき、結果として、目標が変わることもある。

それと、これとは違います。

目標達成に一直線に向かうとき、それによってあなたは成長します。
あれこれ考えさせられます。

目標達成を信じられずに、あれこれ妥協を考えるのとは違います。
立ち止まって、後ろを向くような考えには注意。

目標だけを見据えて、進めば、必ず、問題が出てきます。
それを、前を向いて、待ってましたという姿勢で解決する。

解決し、目標が達成できれば、達成前より、あなたは成長しました。

posted by ほへと at 14:42| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

コロナ感染拡大中について

今日、東京で224人のコロナ新規感染が発表された。大阪でも30人と発表。

ポジティブ意見では、今まで、余程の症状がでないとPCR検査できなかったのが、ホストクラブなどでPCRの集団検査した結果という話。

ネガティブ意見も多く、早く対策しなければ、市中感染がどんどん広がり、GOTOキャンペーンどころではないという話。


土曜から東京に行くので、他人事でもなく、専門家でもないので、わからん。


ポジティブ。ネガティブと言ったが、こういう感染症の場合は、ポジティブな意識が逆に状況の悪化を招く場合もある。

しっかり、警戒して、伝染らないように、伝染さないように、心がけねばいけない。


占い的に、もし、世界が、2017年からグローバルの流れからの逆方向へ向かっているなら、
世界の分断、さらに、都市の分断も、加速していくかもしれない。

その流れのために、コロナ流行があるとしたら。

コロナでは、あまりポジティブに考えないように。冷静に行動を。


大事なことは、相手は、人でなく、自然なのだ。
多分、話し合いとか無理だ。

とりあえず、爆発的に増えないかは、警戒する必要はある。

半生命である、ウィルスも日々進化する。
人間社会に適応していく。

我々人間も、状況を判断して、うまく、生きていくしかない。




posted by ほへと at 21:36| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

内なる自然

自然は、山や川、海や空といった、イメージ。

都会や人疲れし、自然に癒しを求める場合もある。

でも、そういう外にある自然を大切にし、守ることは大事。無論ですが、

内なる自然というのを考えてはどうでしょうか?

?内なる自然?

なんとなく、経験上、ボディワークをライフワークにしていると、身体から教わるというか、
むしろこっち側(内)が世界ではないかと錯覚するほど。

「身体のレベルが上がれば、同時に世界のレベルが上がる」

例えば、夢、夢占いや予知夢のように、先に身体が来て、後から現実が来る感じ。

説明が難しいが、思っている以上に、身体、ボディワークは大事。
それは内なる自然を大切にすること。
野生や、生命力というか、身体がハイヤーセルフだな。

コロナやいろいろややこしい世の中だが、
頭ではなく、身体が導いてくれると確信がある。(いい方向に)

内なる自然は計り知れなさ過ぎるほど。

逆に、内なる不自然を考えたほうがわかり易いかな。

まず、内なる、不自然を減らしていき、内なる自然を高めていく。


医療や医学を否定するわけではないが、度を越した産業的なケミカル・薬品汚染は考えたほうがいい。

特に、痛み止めなどは、内なる自然からのメッセージをぶった切るものだ。

どうしても必要なら使ってもいいが、まちがってもそれで治ったと思わないこと。
内なる自然を無視しているだけ。

同じように、私達のベースは、どんなに誤魔化してもオシャレしても、動物であり、自然の一部なのだ。

病気や怪我も、基本、自然治癒能力というものが備わっています。

それでも、人類は未知なるウイルスと遭遇し、コロナのように多くの犠牲がでています。

そういうウィルスには、医療や文明に頼る必要があります。
スーパーコンピューターも頼もしい力です。

そういう、科学と自然という相反するものを、WINWINに持っていくのが精神力です。


昨今、簡単に、自然や環境保護というが、それはあくまで、人間にとって都合の良い、自然環境保護なのだ。

地球環境は、地球時間レベル(人でなく)では目まぐるしく変化する、人間にとって良い環境は一瞬ということ。

地球にとっての、自然は、ある意味どうでもいいほど振れ幅が広いが、

というか、逆に、この身体が、この地球環境をこしらえてるんだな。


posted by ほへと at 23:22| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

現実世界の「美」

現実世界に、善や悪なんてない。

それは、人間達の心の世界での話だ。

現実世界に、美しさはあるのか?
それも、人間達の心の世界での話なのか?

P1580365.JPG
現実世界には、「美」はある。
それは、調和。
調和は、自然とその法則の中にある。

それは、人間の感情や思考ではない。

「美」は、心で感じるものではなく、潜在意識で感じるものだ。

経営者や政治家、権力を持ったものが、最後に求めるものが、「美」術品だという。

そういうトップ人に「美」意識があれがいいんだが。

我々も、少しでも、本当の「美」に習おう。
posted by ほへと at 12:56| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

何が見えているか?何を感じているか?

自分の勝手な想像で、他人が自分のことをどう思ってるか?を決めつけて悩んでいる。

他人の考えを想像する前に、他人が何を見ているかを想像してよ。
顔の表情、首や目の動き、身体の動かし方も見よう。

通行人だけでなく、車のドライバー、エレベーターに乗る人、ガードマン等。
その目に何が映っているかを想像しよう。

常に誰かに見られているという意識は、
単に、誰かを見るという意識が足りてないだけかもしれない。

あなたが思うほど、誰もあなたのことを気に留めてはない。

あなたも、他人の本当の気持ちを知ろうとしていないだけ。

頭の中から飛び出して、世界を見よう。

何が見えているか?何を感じているか?
posted by ほへと at 11:58| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

感性とは潜在意識で見ること。

現実は3次元という話であるが、本当はそうではない。

心が現実を3次元の範囲までしか認識できないからだ。

同じく人間という存在は決して、3次元ではないが、相手をあれこれ心で理解しようとすれば3次元までしか理解できない。

だから、考えない。

考えて、エゴが強まれば、あなたという人間は3次元止まりだ。
ペッパーに抜かされるレベル。


無心が大切。

感性を研ぎ澄ませる。
心を静めて、潜在意識領域を広げる。

あらゆる存在に気づくような気持ち。
潜在意識の目で、現実を、そして相手を見る。

あれこれ問題のある人と歩くと、ほとんど世間が見えていないのに気付く。
店舗のポップや道端の花や、道行く人の姿も入っていない。
視野が狭く、スマフォ見て歩いている如くだ。

それでは、現実があなたを変えてくれるチャンスを逃す。


歩くときは、頭の天辺と足裏をつなげて、中心軸、センターを立てる。
そうすれば、意識は身体外に広がる。

脳内で外界を見てはダメだ。

重力に負けた悪い姿勢、肩こり姿勢では、重みが地に抜けないので、頭を無心にするのは難しい。

感性は、潜在意識で感じる。言葉以前の直感。
感情は、心で感じるので、感情は抑える。感情で行動していては遅い。
感覚は、身体で感じる。身体感覚を研ぎ澄まそう。
ボディワークの目的のひとつだ。

日々、考えることに重きを置かず、感じることに重きを置こう。
posted by ほへと at 18:00| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

SNSは現代の幽霊か?

SNS上の誹謗中傷で命を断つニュース。
原因はわからないし、SNSの誹謗中傷が理由のようになってるがそれもわからない。
SNSの規制も言われだした。


SNS上の誹謗中傷は、実際に、暴力とか刺されたとか身体的に危害があったわけでないが、どんどん精神が追い込まれていく。

まるで、幽霊を怖がるようなものだ。

幽霊は、陰気が極まったもの、陽気なところに、幽霊は出ない。


本来、便利なSNSというものが、人を不幸にしている。

いや、一部かな?SNSというのはツールで道具、それは包丁のように、料理もできれば、相手を傷つけることもできる。
うまくSNSを使いこなしている人も多いと思う。

芸能人が、政治や政府や、SNSの発信はこの頃よく問題になっている。
いつもくだらないと思っている。(※決して芸能人が政治的な発言をするなという意味ではない)

SNSに勝手に流れてくる情報にそれほど何かを感じないが、流れている情報の裏を感じれば、それなりの情報だ。(?笑)

TV報道もSNSも、何かはけ口を求めている、意識の低い連中のエサ。
安易にエサに飛びつかないように。

便所の落書きという側面がSNSの闇と思う。
心底の主張なら相手に名乗れ。

エゴが抑えきれずに、書き込んでいる、
憂さ晴らしに、心の弱い人に、SNSというツールは良くないね。

なんで、それほど、目の前に存在しない人を気にしたり、
追いかけたり、ブロックしたり、そんな人の数を気にしたり、過剰に自分を出したり。

SNS疲れも多いね。
人がSNSをしていたのが、SNSが人を呑む。

幽霊は、身体無き感情体で、意識の低い、バイブレーションの低いものだが、基本存在していない人だ。
生きている人の、心、感情が意識が、バイブレーションが低い人しか、見ること、感じる事、憑くことができない。
そういう心の弱く、意識の低い人にしか存在しないのが幽霊なのだ。

幽霊に憑かれているように、SNSに憑かれているように見える。

SNSで、気が滅入るなら、アプリをアンインストールすればいい。
残念ながら今はSNSを陽気に使えない。ということ。

それより、存在している大事な人と、この現実を楽しもう。
posted by ほへと at 20:39| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月30日

自分の為に、自分の為だけに、自分を表現してみよう。

当たり前の中にいると、何が当たり前なのかわからない。
この非常事態にあって、当たり前のありがたさというものに気付く。

この状態は、決して止まっているのではない。

止まっていると思っていたら注意しよう。

逆に、動き出したのだ。

人は外に外に、自分を探しに行く。
でも、外に、本当の私がいるはずもない。

動けない中、本当にやるべきことが見つかっている人は、
一見、世間が止まっているような中、日々成長や発展を感じている人は、
内をちゃんと見ている。
現実の変化に惑わない本当の自分がいる。

今、大きな、そして、静かなチャンスが到来している。

今、やるべきことを感じてみよう。
考えても、多分出てこない。
ひとつの事に集中できたら、多分その方向。

自分の為に、自分の為だけに、自分を表現してみよう。
posted by ほへと at 20:41| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月26日

コロナでステイホームなう


ステイホームで人と会えないからだろう、最近、夢の中はやたら人が多い。
逆夢というやつだ。

やっとマスクが買えた10枚。ドラックストアで。
アベノマスク2枚はまだだが、

まさか、学校休校のときも大げさ感があったが、 全国に緊急事態宣言がでるとは。
しかも、なんでもっと早く出さなかったのだという世の風潮。

近所の店いくつかが休業ではなく閉店したようだ。

ゲストハウスや民泊も悲惨だ。まぁまぁ潰れている。

希望はある。
意外に早くコロナは収束するのではないかと感じる。

人もまばらな道路、歩く人は大体マスクしている。
通り過ぎるバスを見れば、ほとんど乗客はいない。

偉いと思うよ。
パチンコ屋など叩かれてもやってるところはあるが、

東京も多い時200人程だった新規感染者が、今日72人に下がってきた、
波動の法則でいえば、ここ一週間で160人超えなければ収束に向かうと読める。
逆に160超えて、更に200人超えてくると、次300、500と向かう。
GWはステイホームなり。

油断できないが。このまま欧米のような状況にはいかないだろう(きっと)。

今は感染していて治って抗体を持つ人の数が注目されている。
ニューヨークで14%〜多いところで21%という話。

案外、日本人むっちゃ抗体持ってる人、すなわち掛かって治った人、
想像以上に多いのとちゃうかな?30%とか。
PCRほとんどしてないし不明。

いつも通りの街並みに戻るのはいつかな?
傷跡は深いし、生活スタイルも変わって元通りはならないかな。
問題は、観光産業関連だな。世界が鎖国中だし、京都はまだしばらく落ち着いてそうだな。

posted by ほへと at 18:49| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

過去も未来も一切を忘れよう。

何を焦るのだ。
焦るのは、未来を決めつけ、その通りに行かないからだ。

何に囚われるのだ。
都合の良く、過去を悲劇に仕立て上げる。
今の不幸の辻褄合わせに。


未来は、まず過去を知って、そして未来を見ようとする。
でも、未来を想像することで、過去の事実まで想像してしまう。

その結果、偽りの過去と未来の間で、今を見失ってしまう。

とりあえず、全力で今の現実を見よ。

たまには、過去も未来も一切を忘れよう。
posted by ほへと at 21:02| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

焦らない。

日本人の気質なのか、東京という街の時間がおかしいのか、

仕事を辞めたら、次の仕事を焦って探す。

蓄えも無ければ、働かなければならない。
それはわかる。

仕事をするのが好きなのか、
不安から、安心感が欲しいだけなのか、
焦って仕事を探す。

一旦、ゆっくりしましょう。
余裕があれば旅行などしたらいい機会。

みんなから、羨望されるような、仕事も、時代や場所が変われば評価も変わる。

仕事が人生ではない。
でも良い仕事ができれば、良い人生かも。

世間の目というのを一度排除して、自分にとって仕事とは?など、一度、この場所から遠く離れて考えて欲しい。

世の中の役に立つことは、大事な考えだけど、
それは、世の中を変えるという意味だ。

困っている人を助けることとは少し違うし、
世の中の役に立つことは、私は世の中のお荷物の、反対語でもない。

楽しく生きよう、幸せに生きよう。

それには、世間の常識、自分の凝り固まった考えを、見直せる時間を。

posted by ほへと at 22:34| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

強い心

強い心は、弱い心が振り切るような出来事も許容・認識できる。

強がる心は、弱い心なので、防衛と攻撃に意識が向かう。

子供は回りが見えない、自分の事で一生懸命。それがいい。
その時期に学ばないと、その後に学べない。
自分の事ができないのに、回りばかり気にする、
大人の振りをする大きな子供は、子供に還り、滑り台でも滑ろう。

高度なボディワークは、OS(潜在意識)を高性能にする。
高度でなくとも、筋トレや運動は、OS(潜在意識)を快適にする。
身体の問題や癖は、OS(潜在意識)が壊わしていく。
それに乗るのがアプリ(エゴ)。
なので、エゴも問題にするのも限界がある。

とはいえ、エゴのコントロールは、経験しかない。
体罰やパワハラはいけないとしても、
痛い経験をしなければ、増長するエゴをクールダウンさす方法を知りえないだろう。

何が良いか悪いかを、法に任せてる。
言葉の意味を、辞書に任せている。

それでは、AI、ロボットで間に合ってる。

歳いって、老けても禿げても、
人生はどうではしたか?が問題で、
見た目の老いや自らの命を気にしても、
それよりその終わりは来る、この現実世界の方を気にしよう。
posted by ほへと at 20:16| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg