新着記事
お部屋探し、 引っ越しするなら、風水鑑定で運良い部屋を!>風水鑑定申し込み

2019年12月29日

2020年(令和2年)の初詣のススメ

令和になって、最初の正月、
2020年(令和2年)の干支は、ねずみ年(子年)ということで、子年生まれの年男、年女だけでなく、十二支の1番目ということで、12年に一回のスタートの年、是非神社仏閣に初詣しましょう。
無論、宗教上やその他理由で、初詣しない人もいるでしょうけど、迷ったら初詣行ってみてください。

とりあえず、近所に神社があれば詣りましょう。
住まい近所で祭りや神輿などを主催(?)している神社等。氏神様だな。

檀家であれば当然、その所属寺院(檀那寺)へ。

さらに、2020年(令和2年)の干支は、ねずみ年(子年)ということで、ねずみに縁のある神社仏閣へ行くのもおすすめです。

ねずみといえば、神道系の場合、縁の神様である大国主(オオクニヌシ)を、義父スサノオの無茶ぶりから、ねずみが助けたとして、大国主の使いとなっている。

大国主は、仏教では神仏習合で大黒天の化身とされている。大黒天とは大黒さんのことで、大黒さんの使いもねずみである。

ということで、大国主が祀られている近所の神社、または大黒天が祀られていお寺へ初詣しよう。

そういう意味では、大国主の総本山(?山は寺だな)である、出雲大社も良いですね。

また、ねずみの「子」は子午線の子であり、北を意味します。そのことから同じく北を守護する千手観音が子年の守り本尊となっている。

なので、千手観音にご本尊などのお寺に詣るのも良いと思います。京都の三十三間堂など。

また、無念や恨みなどマイナスエネルギーをプラスに変換する御霊信仰というのがある。天満宮の菅原道真が有名だが、ねずみにまつわる無念を祀る神社仏閣もある。起死回生を願う人にはおすすめ。大津市の三井寺「ねずみの宮さん」や東京都豊島区「祥雲寺」など。

そんな、新年のおごそかさはいらないという人は、別名ネズミーランドこと、ディズニーランドは元旦から営業しているようです。
煩悩全開で遊ぶのも一興かも。

週刊「女性自身 」(光文社)2020年 1/14 号のボツ記事のリサイクルでした。
posted by ほへと at 20:34| Comment(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

クリスマス、ブイヤベースを作る。

昼からのクリスマス会なので、
今日は、昆布出汁的な和風は封印して、洋風料理だけに挑戦する。

スーパーが開くのに合わせて行くが、開店したての鮮魚コーナーには物が並んでいない。_| ̄|○
正月用の冷凍はあるのだが、いつも見る生食用の赤海老がない。
新鮮な有頭海老がないかスタッフに尋ねるが、今日は入荷が遅れているそうだ。

P1570737.JPG
5件ほどハシゴして、メッサ北野で、なんと活車海老と、有頭のアマエビをゲット!
意外とリーズナブルだった。

P1570211.JPG
最近は少し料理に凝っている。
キッチンが新しくなったの影響だろうが、料理が楽しい。

とはいえ、そんな高尚な事はできないので、まずは一生懸命、お好み焼きを作った、
小麦と水の量、重曹と紅生姜の酢や、最終的にはキャベツの切り方まで至るが、ある程度で次へ。

IMG_20191109_1646491.jpg
その後、焼きに。キッチンのセンサーを切る荒業で魚を焼く。

P1570216.JPG
さらに、揚げ出し豆腐など、揚げ物へ移行。

IMG_20191112_1756518.jpg
カキフライもできるんだね。
というか、難しくない。
今まで、高くてマズイ、スーパーのカキフライをありがたがって食ってた時間を返せ。

IMG_20191223_1733268.jpg
最近は、蒸しにハマっているが、
冬定番の鍋も、魚介系が好きだが、続くと飽きるので、ブイヤベースを研究していた。

サフランを投入するが、なんかいまいち、濃厚さが出ない。
バターを入れても、なんか味になじまない。

料理上手の太一に聞いたら、海老の頭の出汁が重要とアドバイスを受けたので、今回エビを充実させた。

P1570750.JPG
まずは、車海老を踊り食い。頭は出汁に。

P1570754.JPG
ブイヤベース鍋。見た目はうまそうでしょ。

P1570757.JPG
まぁ美味しいと言ってくれてよかった。

ネットのサイトやYoutubeを見れば、難しいことは無いので、いろいろチャレンジしようと思う。
posted by ほへと at 00:04| Comment(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

大豊神社(101130)

「女性自身(光文社)」の新春初詣でねずみの縁ある神社の取材を受けた。
さらに京都に住んでいるということで、大豊神社の取材と写真撮影もすることに(逆に、ついでに?)。
そして、大豊神社の取材日が11月30日に決まったときに、偶然、キッコさんからイノシシの神社に誘われ、結局同じ日の、午前中にイノシシの神社、滋賀県は、日野町の馬見岡綿向神社にお詣りに行き、午後から、大豊神社に行きました。
うーむ、同日に干支のイノシシからのねずみのバトンタッチの偶然。

2019-12-19.png
さらに、どちらの神社も、ほへと亭、すなわち、平安京の中心、大極殿、現千本丸太町から、真東にあるという偶然。

馬見岡綿向神社 方位中心レベルS(ほぼ中心)[東中心から+0.4度]です。距離は直線で約47.385kmです。標高差は+163.1mです。
大豊神社方位中心レベルS(ほぼ中心)[東中心から+1度]です。距離は直線で約4.931kmです。標高差は+43.7mです。

結構奇妙な偶然来てます。

powered by ほへと方位マネージャーMAP

P1570613.JPG
京都市の東、哲学の道の南端を東の山手に登っていくとあります。

P1570622.JPG
大豊神社の由来は、元々は椿ヶ峰をご神体とした山霊崇拝の社だったが、平安時代初期の887年に宇多天皇の病気平癒を祈願して藤原淑子が、少彦名命を椿ヶ峰に奉祀して創建したとのこと。

P1570653.JPG
境内。
土曜ということで多くの参拝客に、屋台も出ていました。
椿ヶ峰ということで、至るところに椿の種類が植わっていて、それが時間差で年中咲いているそうだ。

P1570627.JPG
本殿、京都市内では珍しく、椿ヶ峰を背にしているので、東を向いて拝をすることになる。また、平安京当初の御所(千本丸太町)の真東に位置している。風水師としては実は重要な神社だと思う。

P1570665.JPG
狛ねずみは本殿の右手にある末社「大国社」手前に左右にあります。
左の狛ねずみは健康長寿の水玉を右の狛ねずみは学問・知恵を巻物を持っています。

P1570671.JPG
小林宮司さんを撮影させていただきました。

巻物の学業成就は理解できる。に対して、水玉の健康長寿の関連がいまいちわかりにくかったので、
小林宮司さんに、水玉について突っ込んでお聞きしました。

P1570666.JPG
水玉

まず、水玉とは、水を入れる器のこと。なるほど水風船かと思ったら違うんだ。
大切なことは水は生命の根源、我々も植物も、水がなければ生きれないし生まれても来ない。
その生命の根源である水をねずみが抱いていることで子宝や健康を表しているとのことです。

そして、縁の神である大国主を祀る「大国社」と左右の狛ねずみで、
縁が起こり、子宝安産に、そしてその子が学問を勉強し新たな縁に繋る。
親は長寿で健康にとのサイクルを表しているとのことです。

宮司さんは豊かのベースは水と健康といわれました。(大豊の豊)

P1570630.JPG
大豊神社には他にも、狛巳(蛇)は金運恵授のご利益などいろいろな狛動物がいます。

宮司さんになぜ巳(蛇)が金運かを教えていただいた。
蛇は傷ついても、脱皮すれば治る、そして一回り大きくなる。それにあやかるという事。
なるほど、あぶく銭ではなく、努力し傷つき、そして一回り成長する結果、金運も増えるということ。
また、巳(蛇)は、元は竜神。竜神は水の神。水は五穀豊穣に、それが財運につながる。

P1570632.JPG
愛宕社の狛鳶。
宮司さんに色々お聞きする。
鞍馬の天狗はカラスだが、愛宕の天狗はトンビということで、鳶は愛宕神社の使いだそうだ。
そういえば、この日の二日前に嵐山に紅葉を見に行ったときに、トンビが目の前に現れたのは、愛宕と関係があったのかな?またはここの狛鳶さんかな?

さらに宮司さんとの話が盛り上がり、少彦名命は医薬・温泉の神であるが、少彦名命が病気になったとき、実は大国主が温泉の湯で少彦名命の病気を治癒している。いやいやそれなら逆に大国主が医薬・温泉の神では?などツッコミどころのある話など、いろいろ教えていただきました。
感謝です。

おそらく初詣は多くの人で1時間以上のかかるようです、なので初詣は気合を入れていくか、日をずらして行くなどしてください。

大豊神社
所在地: 〒606-8424 京都府京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町1
posted by ほへと at 11:46| Comment(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

週刊「女性自身 」(光文社)2020年 1/14 号

2019-12-121.jpg
女性自身(光文社)12月17日火発売、2020年1月1日・7日・14日合併号で、
全国ねずみ所縁神社仏閣ベスト10!で取材記事が載りました。

年末年始の合併号なので、長く店頭に並ぶかもしれないな。

IMG_20191217_0555447.jpg
p165〜167、3ページ。見てね。

ほへとが週刊誌の記者さんから取材を受けつつも、逆に大豊神社の宮司さんに現地取材や写真撮影もする。
当初は、2ページのはずが締め切り二日前に3ページに増量!(おい!)

取材に行った大豊神社で宮司さんにいい話を沢山聞けたのですが、紙面には字数制限等でカットされたり載せられなかったので、そのうちブログで紹介する予定です。




posted by ほへと at 20:20| Comment(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

東京にて、12月14日(土)~16日(月)

IMG_20191214_1159442.jpg
のぞみからの富士山。うつくしいな。
ずっと見ていたいが、徐々に過ぎ去っていく。

IMG_20191214_1256277.jpg
東京駅なう。

IMG_20191214_1300159.jpg
ビルがデカイ。丸の内。

出張風水鑑定で、部屋の壁が斜めということが判明、
壁が斜めの歪んだ部屋の物件は避けよう。天井も。
寝室や長い時間いれば、三半規管が狂い、正常な空間認識ができなくなり、情緒や精神にエラーをきたす。

新宿の対面鑑定へ

IMG_20191214_1918230.jpg
新宿のイチョウ。

そんなに寒くはない。

今から埼玉方面へ

IMG_20191215_1839425.jpg
表参道のイルミネーション、たまに点滅するのだ。

ボディワーク教室は、肥田式強健術の気合応用強健術をする、脚の大きな動き、足の踏み込みなど、身体があたたまる。
体重を動かし、鍛える部位に重さを集める。

IMG_20191215_2111573.jpg
ボディワーク後の打ち上げ。
まだ、何も来てないけど。

いつもより、動いたからビールがうまし。
posted by ほへと at 23:04| Comment(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

寒さと部屋とベッドの位置関係(1)

寝ていて、どうしても冷える、身体の半身が冷えるとか、足が冷たいとかの場合。

部屋とベッドの位置関係を確認する必要がある。

その前に、布団で寝ていて寒い場合。

まず、布団で寝ていて寒い場合、床下のある日本建築の和室でない限り布団で直接寝ることは勧められない。

いくらエアコンで温度を上げていても、実は上の方だけ、顔周辺が温かいということもあります。
人間のセンサーは顔あたりが一番敏感で、足は鈍感です。(サーキュレーターしてね)
特にマンションなどの和室は、なんちゃって和室です。床下などありません。

床は一番冷えます。すなわち温度は高さが低いほど下がるので、直接寝ていれば、床の冷たさが直きます。

木造建築の場合、マンションでもやはり1Fより2Fの方が温かいです。なので、2Fに寝室があるのは理にかなっています。
最近のツーバイフォなどのハウスメーカーの住宅は想像以上に断熱効果が高く温かい。(まぁ普通の容器と、魔法瓶の差ですね)

また、マンションで一階が駐車場なら、その上の2階の部屋などは冷えやすい。
地面のある1Fの方がまだ地熱で温かい。まぁ橋の上は凍結しやすいというやつだ。

そういう意味で意外に寒いのはコンクリート。
というか断熱効果低いので、寒いときは氷、暑いときは卵が焼ける。
そういう意味では、木造のほうが断熱効果はある。

コンクリートは冬場一旦冷えれば、氷です。
冬至から節分マックスで、春分までは、建物自体が冷たさを蓄熱します。

あと要するにマンションのコンクリート、鉄骨、が氷になります。
床の基礎コンクリートが体の熱を奪っていきます。
なので布団は気をつけてください。
もし子供さんなら風邪を引きやすいなら、できるだけ、ベッドで寝てください。

言い方きつくなりますが、子供さんがいつも風邪をひく、しかしそんな環境なら幼児虐待くらいに思ってください。

ベッドで寝ることにより、床の冷たさは避けられます。

どうして布団の場合は、断熱マット6mm以上のものを下に敷くように。

もちろん、温かいマンションもあります。
最近のマンションはいい感じ温かいです。

古くてもコンクリに断熱材を噛ましていればよいのだが、
デザイナーズマンションとかコンクリート打ちっぱなしでオシャレでしょは、風水的には、はぁ?絶句、
住まいは住む人の為、お前の作品じゃないで、など怒ることもある。

次回は部屋とベッドの位置関係

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーほへとCM
>ほへと占術研究室 風水/住居 
>ほへと 風水鑑定 注文フォーム 
posted by ほへと at 20:53| Comment(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

過去も未来も一切を忘れよう。

何を焦るのだ。
焦るのは、未来を決めつけ、その通りに行かないからだ。

何に囚われるのだ。
都合の良く、過去を悲劇に仕立て上げる。
今の不幸の辻褄合わせに。


未来は、まず過去を知って、そして未来を見ようとする。
でも、未来を想像することで、過去の事実まで想像してしまう。

その結果、偽りの過去と未来の間で、今を見失ってしまう。

とりあえず、全力で今の現実を見よ。

たまには、過去も未来も一切を忘れよう。
posted by ほへと at 21:02| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

内と外、エゴとセルフ。

生年月日(数秘)が中から外(現実)を見ているとしたら、
名前(言霊)は外から見たあなた。

中はエゴ、外がセルフ。

本質はセルフ、外側。
みんな誤解している、中が大事だと思っているがそうではない。

考えてるとか、思ってるだけでは、この世には存在していないし、外から見えない。

また、そのような人に限って、人が自分のことをどう思ってるか気にしたりする。

見える形にすることで存在する。
外(現実)に出すこと。
表現やクリエイティブ。

セルフと同化するのだ。


ただし、同じ行動でも、誰かに依存したり、命令されたり、主体性のない行動は、
あなたではなく、あなたを動かした人の存在のせい(手柄)。

心のなかで、なぜ私は、こういう状況になっているのだ?
親のせい?会社のせい?社会が悪い?では存在(セルフ)が弱い。(エゴが強い)

しっかり、自分の足跡を、ポジネガ合わせて受け入れ、堂々と歩いていきましょう。
posted by ほへと at 19:28| Comment(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

ほへと東京対面鑑定:12月14日(土)~16日(月)・ボディワーク教室15日(日)のお知らせ

12月14日(土)~16日(月)に東京新宿で、今年最後の対面鑑定を行います。
表参道でのボディーワーク教室15日(日)の夜の予定です。

仕事を片付けるべきものと敵対している限り奴隷仕事が待っている。
遊びから学ぶ、仕事を敵対視しないために。

個人的な相談全般です。問題解決のヒントに占い鑑定はどうでしょうか?(※時間内であれば、いくつ相談されても結構です)

☆東京対面鑑定:12月14日(土)~16日(月)
場所:南新宿近辺の喫茶店 時間:予約制です。
25分  5,250円 
55分  9,450円

※15日(日)は夕方までです。

◇対面鑑定について
・個人的な相談全般です。 (恋愛・結婚/対人関係/就職・転職・仕事/健康/趣味・遊び/旅行・方位/エゴ対処法/人生・生き方のヒントなど)または、ほへと占い(ほへと数秘・陰陽バランス・波動年等・数秘9以上)に関する質問や雑談なども応じています。
※時間内であれば、いくつ相談されても結構です。


◯東京ボディーワーク教室:12月15日(日)/19時〜20時45分
参加費  3,000円 場所:表参道近辺のスタジオ

本当は、毎日ボディワークして、自分自身・世界と向き合って欲しい。
日々のボディワークは、絶えず次のテーマを示し、新しい自分と世界を呼び込みます。

姿勢や歩行を中心に、前向きな人生を歩める身体作りを目指します。

※終了後、居酒屋にて打ち上げ有り(希望者のみ)

東京出張期間、個人やグループでボディワークを習いたい人は連絡ださい。(hoheto@gmail.com)
※また出張風水鑑定が必要な方も連絡ください。(現住居の風水出張鑑定は新宿からの出張料金です)

申し込みは、>電話・対面鑑定申し込みフォーム 
かメール(hoheto@gmail.com)でお願いします。
posted by ほへと at 16:43| Comment(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

馬見岡綿向神社(101130)

最近は不思議な偶然が多い。

説明すると長くなるので、今日は朝から、DJキッコさんの車の運転で、
滋賀県は、日野町の馬見岡綿向神社に行ってきました。

最近、DJキッコさんはイノシシに凝っているようで、京都でイノシシの神社と言えば、護王神社が有名ですが、
そこの和気清麻呂さんの故郷の岡山の方の神社にこの前は行ったそうで、
今回はその流れで、滋賀県日野町の馬見岡綿向神社にイノシシ参りをするの一緒にと誘われた。

偶然1として、今日午後から某取材関連で、某神社に行くはずであった。イノシシではないが干支関連でのつながりがある。
偶然2として、2つの神社とも、ほへと亭から真東で、ほぼ同一線上に位置していた。
偶然3として、馬見岡綿向神社の日野町が母方の田舎で、ついでにお墓参りもできてラッキー。

P1570538.JPG
ゆったりと広い敷地に、渋い神社があります。

P1570546.JPG
渋い建物は拝殿、なんか派手な絵馬が、
日野町出身のアーティスト「DRAGON76」氏による、神猪の絵馬が制作奉納されたそうです。

丁度ここで、宮司さんと可愛らしいチビちゃんたちと親族が七五三の儀式。

P1570549.JPG
奥に御本殿、ご参拝する。

京都の神社と決定的に違う点は、観光客がいない。
ご参拝の方は地元っぽい、
この地元感が、なんか落ち着くね。

P1570542.JPG
馬見岡綿向神社について。

猪神がこの地に神社を作れという話が始まりらしい。

P1570551.JPG
デカイ、立派なイノシシさま。

P1570556.JPG
狛猪ではなく、メイン的存在。

P1570557.JPG
境内には、いろいろと見どころがたくさんありました。
小さめのイノシシとか松に小判とか。

宮司さんに話しかけて、日野が田舎で、小さいことに火祭りなどの記憶があるなど、いろいろ話、お聞きした。
(火祭りは違う場所だった)

P1570572.JPG
お墓参りに来ました。
その近所の紅葉。

P1570585.JPG
懐かしい田舎をDJキッコさんに案内しつつ懐かしむ。
ど田舎で、街灯など無いし、星がきれいだった話や、信楽に近いこの地は粘土質で、子供の頃によく底なし沼と言って足を取られ、
抜け出そうと必死なところに、信楽高原鐵道が走っていく。
昆虫をいっぱい取ったな。
優しかった日野のばぁあちゃんも母も既にいないので、なかなかここには来れなかったけど、
DJキッコさんに感謝です。

さて、京都に戻って、某神社の取材だ。

>HP馬見岡綿向神社
posted by ほへと at 19:55| Comment(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ほへと電話鑑定 hhm_logo.jpg