新着記事

2017年06月04日

ベランダ・サンシェード

P1510110.jpg
ホームセンターで、タープテント用のメッシュスクリーンが特売していたので、買ってしまう。
でも、テントとか持ってない。

P1510113.jpg
開けてみた。コンパクトだけど、開けてみたらむっちゃ広がる。

P1510147.jpg
ベッドを作業場に。
200cmx200cmということは、大体ベランダサイズ。

実際がはそれが4面。

P1510150.jpg
イカの頭の部分を切って、実験的に胴体を2mカット。

P1510151.jpg
取り付けてみた。いい感じ。

P1510158.jpg
修正を重ね、すだれを付ける金具に針金を通し、

P1510160.jpg
利便性を考え、マジックテープで取り付ける。

P1510171.jpg
針金とメッシュスクリーンをクリップで固定。

バッチリ日差しを反射してくれていますね。

P1510165.jpg
丁度、ベランダに出るところにファスナーが来るようにする。

あと風で部屋に入ってこないように、ペッドボトルに水入れて重し代わり。

P1510168.jpg
完成!

これからの季節、太陽光は窓から入り、ものすごい勢いで部屋を温める。
だからって、厚いカーテンを閉めれば、部屋は真っ暗。

その手前で、太陽の日差しと熱を弱めます。

これで快適に!
posted by ほへと at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

☆東京対面鑑定6月23日(金)〜25日(日)・ボディワーク教室:25日(日)夜です。

6月23日(金)〜25日(日)、南新宿の喫茶店にて、対面での占い鑑定を行います。
また、25日(日)夜は、表参道近くで、正しい姿勢に取り組むボディワーク教室を開催します。
対面鑑定希望の方、ボディワーク参加希望の方は、是非申し込んで下さい。

対面鑑定について
・個人的な相談全般です。 (恋愛・結婚/対人関係/就職・転職・仕事/健康/趣味・遊び/旅行・方位/エゴ対処法/人生・生き方のヒントなど)
・ほへと占い(ほへと数秘・陰陽バランス・波動年等・数秘9以上・ステージセット)に関する質問や雑談、勉強なども応じています。

※時間内であれば、いくつ相談されても結構です。

☆東京対面鑑定:6月23日(金)〜25日(日)
※25日(日)の対面鑑定は、〜18時迄です。

場所:南新宿近辺の喫茶店 時間:予約制です。
25分  5,250円 
55分  9,450円

◯東京ボディーワーク教室:25日(日)/19時〜20時45分
ボディワーク教室は、姿勢に対する意識を高めて行きます。
肥田式強健術を主に、各種ボディワークを行います。

参加費  3,000円 場所:表参道近辺
※定員12名です。
※ボディワーク後居酒屋にて打ち上げ有り(希望者のみ)

風水出張鑑定の場合の出張料は新宿からの料金です。
ご自宅の風水鑑定を希望の方は申し込んで下さい。

>>対面鑑定申し込み
または ( hoheto@gmail.com )このメルアドに対面鑑定申し込みを教えてください。
posted by ほへと at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

スピーカー内蔵のLED多彩音楽電球

P1510114.jpg
ユニットバスの電球が切れたので、LED電球にしようと、Amazonでフラフラしていたら、ついうっかり変なものを買ったしまった。

P1510115.jpg
光と音が融合したLED電球!
スマートLED電球とBluetoothスピーカー機能付きです。ライトの明るさと色彩を調整した機能も付き!

P1510117.jpg
ちょっと期待して、取り付けてみた。
うーむ、なんかちょっと暗いな。
40W相当かな?

P1510116.jpg
スマフォからBluetoothで光量や色なんかを選べるが、、

しまった、、と思ったが、音を鳴らしたら評価が変わった。
むっちゃいい感じの音やん。

別に、上品で繊細な音ではなく、迫力のある音だ。
桑田さんのボーカルに合う感じ。ちょっとディストーション掛かってる?

それも結構な音量なので、ボリューム半分でも十分くらい。

P1510119.jpg
キンドルタブレットからは、アプリ無しで、普通にBluetoothスピーカーとして使える、
Amazonミュージックやビデオ、Spotify、Youtubeなどいい感じ。

なんだ、LED電球にBluetoothスピーカーが付いていたと思ったら、BluetoothスピーカーにLED電球がついていたのだ。

P1510133.jpg
最大の問題は、フタしたら、音は最悪、こもって聞けたものではない。明るさもさらに低下。

P1510120.jpg
なので、フタ無しで運用する。水が掛かって大丈夫なようにテーピング。
大丈夫か?
まぁ、水がかかっても、最悪壊れるまで。
電球なら、割れて怪我の心配があるが、LED電球は大丈夫(なはず)。

posted by ほへと at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

エゴが強くなる原因は過去に生きるから。

未来が今の自分を作ったら、過去は必然に作られたことになる。
多くは、過去が今の自分を作っているから、そんな自分が未来を想像するので、
自由である未来を過去が束縛するのだ。

多くの人のエゴ意識
過去→私→未来 :過去が私を作ってる。そんな私が未来を想像する。

逆意識
未来→私→過去 :未来が今の自分を作る。よって過去も必然と成る。

今ここ:未来←私←過去、と過去→私→未来を統一すること。すれば ↑ 今ここ(上位次元;セルフ)が何となく分かる。
これが真の意味の「今を生きる」

多くの人は、今を生きていると思っているが、多分違うんだな。過去寄りに生きている人が多い。
無論、未来寄りというか、見栄で高価な買い物して、未来(この場合モノ)の奴隷なる人もいるが、、

エゴが強くなる原因は過去に生きるから。苦しむエゴが未来を見ても、過去に生きている限り未来は変えられない。いわゆる引き寄せというか、素敵な未来を拒んでいる。

エゴの強い人は、結局現実(未来)をエゴの一部にしてしまう。
逆は、現実がエゴを見た場合、エゴは現実(未来)に作られる。

古来、お天道様が見ている。や、神仏をご利益信仰でなく拝んでいれば、現実がエゴを作るということは容易にわかるはずだ。それをお陰様でという。

エゴの強い人は、それがわからないのだ。

現実を見ようとする意識が強いとダメだ。
現実から、見られているという意識だ。
無論、自意識過剰的な外見の話ではない。
現実に向かってレーザー光線のように意識を出すのではなく、逆に受ける訓練をしましょう。

基本、オリジンタイプA、数秘1,数秘5は未来→私→過去を理解しやすいが、未来(見栄のモノ)の奴隷に注意。
オリジンタイプB、数秘6、数秘2は、過去→私→未来と陥りやすい。

風水的には、未来→私→過去は「東のパワー」、過去→私→未来は「西のパワー」
今ここは「南のパワー」
posted by ほへと at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

(初)講演しました。(170526)

いつもお世話になっている、偉い社長さんの計らいで、講演をすることになりました。

IMG_20170526_120457.jpg
場所は、京都ホテルオークラ(涙)、おい、場違いだろ、、(滝汗)

IMG_20170526_123639.jpg
講演前に、昼食を頂くが、そんなもん食ってる精神状態ではないのが、、
美味いので、ちゃんと完食しちゃった。

DSC_0001.JPG
某所のラ◯オンズクラブの例会での、ゲストスピーチ。
「81年周期で見る世の中の動き ほへと」

偉い社長さんが、ほへとの紹介をスピーチ、この後に講演。
17年前のアドバイスで、いろいろ発展してきたとのことで、年下のほへとのことを「先生」と呼んでいるという感じの、照れる紹介であったが、さすがに寝不足(一夜漬け)と、昼食いっぱい食ったせいで、
半分眠い。(コラッ!)

それでは、ほへと先生どうぞ!っという声で起きる(笑)。

さすがに初講演、、最初はむっちゃ緊張、、途中も、話の流れを見失いかけたりで、なかなかうまく話せない感じだったが、最後に、ウケ狙いで、会場の方に手を上げてもらっての波動年と軽く占うというやつで、なんとか無事(?)講演を終了できました。
posted by ほへと at 20:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

81年周期(章)、729年周期(部)

適当に歴史年表を見ながらだけど、81年、729年周期は面白い。

「部」729年周期=9x9x9
章(81年周期)x9=729年を「部」として、西暦1年から区切っていく。
ちなみに西暦1年は辛酉である。
西暦、729年毎の年表は大きく3部。
81年周期の章は、現在まで25章となります。先は不明。
2017年は、3つ目の部の第7章の最後の節となる。

基本的には81年周期の章で時代の流れを見ていきましょう。

◯81年周期、729年周期
・第1部(0001〜0729)黎明期
第1章(0001)辛酉(0001)、中国に仏教伝来(67)、
第2章(0081)
第3章(0163)邪馬台国・卑弥呼(170-247)
第4章(0244)
第5章(0325)
第6章(0406)
第7章(0487)
第8章(0568)聖徳太子(604)、大化の改新(645)
第9章(0649)古事記(712)、日本書紀(720)

・第2部(0730〜1458)中世期
第1章(0730)平安遷都(794)
第2章(0811)空海・高野山(813)
第3章(0892)平将門(935-940)
第4章(0973)
第5章(1054)
第6章(1135)保元の乱(1156)、平清盛(1179-1183)、源平合戦(1180-1189)
第7章(1216)元寇(1274,1281)、道元・永平寺(1246)、日蓮(1253)。
第8章(1297)南北朝(1336-)
第9章(1378)南北朝合一(1392)

・第3部(1459〜2187)近代
第1章(1459)応仁の乱(1467-1477)、コロンブスアメリカ大陸発見(1492)、銃の発明
第2章(1540)§戦国時代
第3章(1621)三代徳川家光(1623-51)
第4章(1702)アメリカ建国(1776)
第5章(1783)蒸気船誕生(1783)、§大航海時代
第6章(1864)ダイナマイト(1866)、オットーエンジン開発(1864)、§産業革命
第7章(1945)原子爆弾(1945)、ノイマン型コンピュータ(1945)
第8章(2026)

まぁ簡単に解説していくと、第1部の729年で、日本のベースが作られる。最も力の強い第8波動章で、聖徳太子が存在する。実際にいたかいないかではなく、601年(辛酉)は、紀元前660年、西暦1861年の真ん中。詳細ははしょるが1260年周期。
最後の第9波動章で、それまでの第1部の歴史をまとめる、古事記(712)、日本書紀(720)が作られたのも興味深い。

第2部、第1章で平安遷都(794)。日本は新たな時代に入る。
一応、1波が81年周期なので、730-810年が第1波動章です。そこに新たな流れが発生する。といえば桓武天皇の平安遷都ですね。
やがて貴族の争いのなか、武家が誕生していく。第6波動章「瀬を早み 岩にせかるる 滝川のわれても末に 逢はむとぞ思ふ」は、恋文ではなく、権力に恋い焦がれてた、崇徳院の保元の乱で、時代は源平合戦へ。
第7波動章はちょっとイレギュラーな、元寇(1274,1281)が起こるが、西暦1年からの1260年(辛酉)の影響かも。
第2部は、第8波動章で、南北朝が起こる。前第1部や第2波動章の空海など、京都と奈良、南北の対立は、第9波動章のタイミングで、なんかまとまる(南北朝合一)。

第3部、日本では、応仁の乱(1467-1477)、第2部の第1章で作られた平安京が、第3部の第1章で燃やされるという悲運、日本の中心は関東へ移る。
世界では、コロンブスアメリカ大陸発見(1492)。第3部の主役アメリカ様登場か。
怖いのは、このころに鉄砲が実用化されだすのであった。

第5章→第6章→第7章と81年毎に
蒸気→エンジン→原子力と発展してきている。
ダイナマイト→核兵器かも。

第6章冒頭に現れたダイナマイト、その最後の節で第二次世界大戦。究極のダイナマイトの戦争が起こる。
第7波動章、最初の節に登場する核兵器がダイナマイトを過去に押しやる。
そう考えたときに、今の第7波動章は最後の節(9年)を迎える(2017年からのことな)。
前の章のように、最後の節で戦争されれば大変なことになる。
そして次の第8章を迎えたならば、核兵器を超えるものが誕生するだろう。(!?)
posted by ほへと at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

波動章、拡張波動年の再定義

81年周期と729年周期、拡張波動年関連を、章立ての考えを取り入れて再定義していきます。

729(9x9x9)年周期ー81(9x9)年周期ー9年周期を
「部ー章ー節ー年」
というカテゴリ分けになります。

現2017年は、第3部ー第7波動章-第9波動節-第1波動年となる。
まぁ729年周期の3番目(部)で、その729年周期を81年で9つに区切れば、7波動目(章)、
81年周期を9つに区切れば9波動目(節)の第1波動年目という。
すっきりわかりやすいですね。
って全然わからんわな、、(汗)

が、とりあえず、振り向かずに進むことにする。

名称の定義
「部」は最も大きな単位で729年周期です。81年周期の9つの章で構成されている。現在まで3つの部があります。
「章(クラス)」は81年周期です。9年周期の9つの節で構成されている。(人の場合の一生の「しょう」にかけている)
「節(セクタ)」は9年周期です。1年毎の9つの波動年で構成されている。

部は現在まだ、3つなので波動としては捉えない。
章、節、年は9つの波動として捉える。
波動章(クラスウェーブ)81年周期(9年x9回)
波動節(セクタウェーブ)9年周期(1年x9回)
波動年(イヤーウェーブ)1年

波動節で、世界の経済などを見る。
△第7波動章
第1波動節(1945)第二次世界大戦終了、核(兵器)の発明
第2波動節(1954)高度経済成長スタート
第3波動節(1963)ケネディ大統領暗殺事件、第1次マンションブーム
第4波動節(1972)高度経済成長終了
第5波動節(1981)金融市場、ニューエイジ、株暴落(1982)
第6波動節(1990)バブル終了、ソビエト崩壊(1991)、平成(1989)
第7波動節(1999)メガバンク合併と再編
第8波動節(2008)リーマン・ショック
第9波動節(2017)?

1945に核兵器が生まれ、使われたのね(涙)、今はそんなサイクルの最後の節。

コンピュータ(ノイマン型)の歴史
△第7波動章
第1波動節(1945)ノイマン型コンピューターの発明、真空管、ENIAC
第2波動節(1954)トランジスタ、コンピュータの「第二世代」
第3波動節(1963)IC(集積回路)の誕生
第4波動節(1972)CPUの誕生(i8008、Z80,MC6800,i8086)
第5波動節(1981)マイコンブーム(PC-8801,FM-7,X1,PC98,IBM PC,初代マック)
第6波動節(1990)ゲーム機、DOS互換機(Sファミコン、PS、DOS互換機)
第7波動節(1999)インターネット時代(imode,iMac,PS2,XP)
第8波動節(2008)スマートフォン時代(iPhone,Andorid)
第9波動節(2017)?

ノイマン型コンピューターの発明が1945というのが驚いた。

なぜ、1945年が第1波動節になるのか?
それは、章(81年周期)x9=729年を「部」として、西暦1年から区切っていく。

西暦1年から729年を第1部とする。
そうすれば、
第1部(0001〜0729)
第2部(0730〜1458)
第3部(1459〜2187)

京都的にいえば、
第1部→第2部 平安遷都(794)、京が中心でごじゃる
第2部→第3部 応仁の乱(1467年〜1477年)、関東にブームが過ぎ去る。
#1節(81年)で考えると、1節内の出来事。

現2017年は、第3部内である。
その第3部である 1459年〜の729年分を章である81年毎に区切る。

◯第3部
第1波動章(1459〜)
第2波動章(1540〜)
第3波動章(1621〜)
第4波動章(1702〜)
第5波動章(1783〜)
第6波動章(1864〜)
第7波動章(1945〜)
第8波動章(2026〜)
第9波動章(2107〜)

というわけで、1945年が7番目の波動章の区切りの年となる。

現2017年は、第3部ー第7波動章-第9波動節-第1波動年となる。
長いわっ!

3rd-7c-9s-1w、3-791などと省略する。
791は10進数ではなく9進数、デコードする場合は各数字をー1して、
791を680とし、6x81+8x9+0=486+72+0=558
それに、 (3rd ‐1)x(9x9x9)+1=2x729+1=1459
プラス1は西暦が0からではなく、1からスタートからです。

558+1459=2017となります。

ここで、波動省と文明の進化というのを見ていくと、
第5波動章(1783〜) 蒸気機関、大航海時代
第6波動章(1864〜) ダイナマイト、内燃機関、産業革命
第7波動章(1945〜) 核兵器、ノイマン型コンピュータ
章の1節の間にそれらが誕生している点がなるほど恐ろしい。

そして、2017年の1節9年後は、2026年、新たな 第8波動章に入るということです。
第7波動章(1945〜)で戦前と戦後、 第6波動章(1864〜)の幕末と明治といった、今までの世の常識が根底から変わる、81年周期が始まります。
2017年から9年後までに、それを引き起こす出来事が起こってくるということです。

うーむ、なんか言葉がしっくりこんなぁ〜
とりあえず整理というかメモ。
posted by ほへと at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

東京にて(170511-12)

DSC_0136-01.jpg
東京に向かいます。昼前に現地につこうと思えば割と早めに出ないと間に合わない。

品川から、風水鑑定のお家に伺い、風水鑑定。
私風水を信じているはちょっと危険、断捨離しすぎたり、そんなものぶら下げて効果を期待するのは、風水ぢゃない。
そういえば、昨日も、何か風水で気分が変わる方法とかありますかと聞かれたので、温泉かスーパー銭湯に行きなさいとアドバイスした。((邪)気は水に流す)

テレビの位置を東から、南に移動。少し高い位置に置くようにとりあえず棚の上に設置。
ダイニングからもリビングからもテレビが見える。
問答無用で観葉植物は撤去、西側の壁に衝立、その奥に収納をかたずける。が、何もないので、なんでもいいから入れといてとアドバイス。前が東なら後ろは西。西は歩んだ足跡。断捨離しすぎて、足跡まで消さないでね。
東と西の対比と、あまり使われなかった南側が生きて、部屋全体に活気が生まれる。

DSC_0140.jpg
お昼?(かなり遅い)を食べに、お台場に来ました。

DSC_0143.jpg
お台場といえば「ガンダム」!

DSC_0142.jpg
って、むっちゃちっちゃいやん!えーもう撤去されてるの?_| ̄|○ 残念。

広いフードコートで食事するが、さすがイ〇ンのフードコートと違うな。客層が、値段もだけど。

DSC_0149.jpg
鑑定後は、最近お気に入りの、炭火焼肉「岩崎塾」さん。
ホルモン盛り合わせ、想像以上の量が来た。

DSC_0153.jpg
炭火で焼きながら、炎も楽しむ。

おなか一杯。食った。

DSC_0158.jpg
金曜のゴールデン街は、カオス、もはや日本ではない。

DSC_0163.jpg
今日は、思い出横丁のほうで呑むのであった。
posted by ほへと at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

清滝、愛宕山登山口

DSC_0127.JPG
懐かしの、嵯峨野の風景を走って(XR50motard)、清滝にやって来ました。
新緑が本当っキレイだわ。

DSC_0132.JPG
愛宕神社、登り口。
今年こそは、千日詣り行きたいな。

GWはこのあたり、清滝川はバーベーキューの人たちでごった返す。

DSC_0129.JPG
愛宕神社より、むしろ高雄のほうが近いことに今気づく。

DSC_0130.JPG
これは、アヤメ科のハナショウブか。

自販でコーヒー買って、しばしたたずむ。
posted by ほへと at 19:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

明るくなろうと思わないほうがいい。

明るくなろうと思わないほうがいい。
自然にそうなるもので、なろうとなったものは、なんか違う方向へ行ってる。

私は暗い、あの人は明るいと感じるけど、
実際、明るそうな人で、明るい人は少ない。
そんな明るいフリしている人を目標にすれば、おかしくなるね。

金持ちのフリも時には良いかもしれないが、基本は身の丈の振る舞いでいい。
それと一緒で、真の明る人にはインスタントになれるもんじゃない。
その裏には、多くの経験が埋まってる。

声のテンションはウソをつかない。
明るくても、暗くても、自分の声で語れることが大切。
それが、自分を表現する第一歩。
人の声で話してはいけない。(人の言葉で)
自然と出てくる自分の声で話していけば、
自分がアカラサマに表現できてくる。
多分そっちが、明るい自分=表現できている自分だ。

天真爛漫な子供ちゃんは、明るいね。
大人に成るにつれ、元気な大声に、ボリュームを絞ることを覚え、
自分を出さないようになっていく。

暗さとは、自分を出さないこと。

風水的には、南の方位が、自分を表現するパワーの方位。
言霊的には、「あ」の発声が、明るさや表現力をアップさせる。
posted by ほへと at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

kantei_logo.jpg hhm_logo.jpg