新着記事

2017年07月06日

テスト読み上げ動画「やりたいことをやる。(少し辛口)」

先のブログ「やりたいことをやる。」をテキスト読み上げ動画にしました。

「読み上げてもらう方が、すんなり入ってきます、消化しやすい。」
という意見をいただきました。

しかし、なかなか、作成は難しいですね。
今回も、文字が重なって見にくかったりする場所がありますが、、直し方がわからない。

良ければ、御覧ください。

posted by ほへと at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やりたいことをやる。

「やりたいことをやる。自力でやる。
やることが良いか悪いか考えている時点で、やりたくないのだ。
例えば飲みたければ、そのコーヒーが毒でも、止められても、飲む。
やりたいことと善悪は別。」

これは、以前反響があったツイートです。
今回は、これを少し掘り下げてみました。

「やりたいことをやる」

やりたいことを見つけられた人は幸せだろう。
なぜ、やりたいことができないのだろうか?
なぜ、やりたいことが見つけられないのだろうか?
そもそも、「自分のやりたいもの」を探していない。


「自力でやる」
やりたいことをする前に、あれこれクリアする条件を並べる。
そりゃ一生できない。それはクリアする条件ではなく、やらない言い訳だろう。
「やりたいこと」は、とりあえず一人でやるべきだし、他人をあてにしては絶対にダメだ。
自力にならない。 力にならない。


「やることが良いか悪いか考えている時点で、やりたくないのだ。例えば飲みたければ、そのコーヒーが毒でも、止められても、飲む。 やりたいことと善悪は別。」

良いことしかしない、損することはしない。そんなことを先考える人は、自分で何も判断できないだろう。
「やりたいこと」を常識に照らし合わせている間は、自分が無いのかもしれない。
自分の無い人は、社会や常識といったルールを見すぎているのかもしれない。
そういう意味では、やりたいことをやっている人は、「自分がある」のだ。
やりたいことを、やる前に善悪、損得判断が先に来ている、
そんな、大人と称した、やりたいことも見つけられてない子供は、
勉強して賢くなる前に、バカになる必要がある。
いや、本当に、大人になって、友達の作り方がわからない。話し方がわからないという。
幼稚園児を見習うべきだ。

「やりたいこと」は決して、
考え抜いて見つかるものではない。
いろいろ考えて絞り出した「やりたいこと」は、
逃げだったり、安心したいだけだったりする。
そういう「やりたいこと」はやらない。

本当に「やりたいこと」にピントを合わせる。

「やりたいこと」は、ブレーキである思考する前に、
落ちているものだから。

「やりたいこと」は、「今」に落ちている。
「未来」に落ちているわけではない。

「やりたいこと」は、意志であり、情熱であり、衝動である。
そして、そのチャレンジした結果が「感情」となる。

「やりたいこと」を実現するために、
闇雲に行動し、無い頭を振り絞って「考える」のだ。

そんな感じで、「やりたいこと」が
いまいちピンと来ない人は参考になれば幸いです。
posted by ほへと at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

テスト読み上げ動画「2017年の9年後、2026年と、81年周期について」

以前から研究中だった、テキストスクロール&ボイスロイドによるテキスト読み上げ動画を作成しました。

まぁ、一度作るまでが大変だが、、とりあえず、作ってみた。
クオリティは無視で、
内容は、この前、講演で話した内容の一部を使用しました。

posted by ほへと at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 占術に関係する事柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

キリントリー、おもい川にて

DSC_0066.JPG
キリントリーに髪を切りに行きました。
どうします?という石田さんに、ぼうずっぽくお願いします。

鏡には、石田さんがこの前行ったハワイの写真で作られたポスターがかっこいい。

頭スッキリ、これでバイクのヘルメットも快適に。

DSC_0058.JPG
相変わらず、人の多い、barおもい川へ

DSC_0062.JPG
相変わらずの太一でした。

IMG_20170627_010639.jpg
「京都歌と踊りの祭典」、7月23日(日)、先斗町歌舞練場にてのチケットをゲット!
太一は、深蔭流の家元として出演します。
気になる人は是非見に行ってください。面白いですよ。


キリントリー(美容室)
京都府京都市北区紫竹大門町18−2
電話番号 075-495-1300

barおもい川
京都府京都市中京区錦小路通烏丸西入占出山町310-8
075-231-6262
大体夜10時頃から太一は出勤。

第34回「京都歌と踊りの祭典」(京都先斗町歌舞練場)
平成29年7月23日(日) 午後12時半〜午後6時
自由席4000円!
posted by ほへと at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

広沢の池&嵐山にて(170628)

P1510236.jpg
雨上がり、西の方位が良いので(龍廻首)、広沢の池に来ました。
久々にDMC-GX7+LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4を持ち出す。

P1510238.jpg
コスモスっぽい花が咲いてる。

P1510248.jpg
水面は、緑色の藻っぽい膜が張ってた。ミドリムシ?

P1510250.jpg
愛宕山が雲から出てきました。

P1510252.jpg
さらに、西へ、渡月橋を、さらに西へ。
XR50モタードで三条通?の西限界点までやってくる。

P1510255.jpg
しばし、くつろぐ。小雨が降ってきた。
水面に小さな輪たち。
でも、樹の傘で濡れない。

P1510264.jpg
天下の名勝、嵐山の美しい点としては、川に対する山の角度なのだ。ってタモリさんの番組で言ってた。

IMG_20170628_135246.jpg
さて、方位パワーも充電したろうし、帰るか。
最後のショットはスマフォ(SH01G)で撮る。
posted by ほへと at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタルPHOTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

東京にて(170623日〜25日)

IMG_20170623_164704.jpg
東京入しました。鑑定の合間、ウロウロしています。
紀伊国屋、ヨドバシカメラ等。

IMG_20170623_212954.jpg
ゴールデン街に来ました。ここの照明が良いですね。

DSC_0042.JPG
レトロなランプっぽい照明。LEDではなく、触るとアチっ
相席した、仕事帰りのグループと話す。

二日目も来た。
二日目は、3人の大学生と、シンガポールから来た外人2名と盛り上がる。
一つの大学生がインターナショナルスクールだかで、むっちゃくちゃ英語うまいので、彼を通訳に色々話す。

外人が、知っていくべき日本語は?と尋ねれば、
今日の店員さんがすかさず、「もう一杯ください」を教える(苦笑)
逆に、日本人が知っておくべき英語は?の問いに、カナダ出身のごつい外人は、
「よーろ」と答える。

よーろ? 「YOLO」
「YOLO」は「You Only Live Once」の略だそうで「人生一度きりだからやれ!」という意味だそうです。

楽しい夜でした。

DSC_0045.JPG
3日目の日曜日

DSC_0049.JPG
新宿ゴールデン街横の、花園稲荷神社へご挨拶。

DSC_0052.JPG
え”ーっ、ひしゃくが取られないようになってる。しっかり柄にチェーンが、何があった?
すこし残念な気分。

IMG_20170625_183938.jpg
表参道のCHANELとDiorの間を曲がってボディワーク教室へ。
今日のテーマは腎臓。

腎経の経絡を活性化する足、脚の動作や食事のことなど。
甘い炭酸飲料ガブ飲みは絶対ダメですよ。

IMG_20170625_211508.jpg
打ち上げの、中西。
えっここでも、注文用のデンモクみたいなのが、取り外し禁止!の文字。
何があった。

DSC_0055.JPG
さて、もう一泊するかとおもいつつ、夜行バスで帰ることに、
久しぶりの夜行バスだけど、いつの間にか、バスターミナルの場所が代々木からこっち(新宿)で新しくなってるのだな。
すごくキレイで大きいバスターミナル。

IMG_20170625_234106.jpg
取れなかったらもう一泊というダメ元できましたが、無事3席シートが取れました。
あれ?前よりすごくシートが良い感じ。
疲労感がぜんぜん違うな。
たまには、夜行バスもいいですね。
posted by ほへと at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

チャクラと数秘境地(5)・第2チャクラ

第2チャクラ
7つのチャクラの中で最も重要なチャクラです。

この世界がディセントのプロセスを経て、最終ステージ1現実が誕生する。
それは、生命進化のプロセスであり、古事記の神話の流れだ。
しかし、もと来た場所で戻ろう、あえて川の流れを遡ろうというのが、仏教の修行の方向性だ。
クライムのプロセスだ。

その方向転換、最も大変なのが、第2チャクラの形成だ。
なんせ、重力のごとく、現実方向、物質主義に向く意識を反転翻すのだから。

第2チャクラは「事」と「今」がキーポイント。
第2チャクラの位置は、十界では、「餓鬼界」ということで、
「快楽が得られず満たされない境地。快楽の執着を断なさい」というテーマ。

それでも、「餓鬼界」は「地獄界」よりは上である。
物には「私」が存在する。物を見る私、物を感じる私。
しかし、「事」は、物と私の融合なのだ。
「物」から「事」にアップグレード、それには快楽が起こる。
これ自体は悪いことではないのだが、快楽に溺れてしまってはダメだ。
クライムプロセスはここで終わる。

事という、私がいないとき。真の今が存在する。
ある意味、無我、忘我であるので、無心、今ここ、夢中、熱中、集中、ワクワクといった、理想的な意識状態である。

第2チャクラの位置は、下腹、仙骨という身体的な部分もあるが、
意識的には、現実を直視している状態。
現実に寄り過ぎれば、自分を失い(魅入られる)。心側に向かえば、迷いが乗じる。

自分→現実[陽]、自分←現実[陰]の数秘1,2を統合した状態。
現実→心(数秘3) 快楽 現実←心(数秘4) 忍耐

第2チャクラの境地は、快楽と忍耐とも言える。
古来の丹田は、少し腹よりなので、忍耐中心的な部分はある。

数秘3境地は現実→心で、物と私の統合で、事、快楽を得ている状態。
良く麻薬など快楽に抵抗できない理由は、おそらく、快楽は、現実と心の間であり、心の手前ということ。
心が判断したりするのだが、その手前ということ。
子供が甘いおやつを欲する。それは決して満足はない。

数秘4境地は現実←心で、心で決めたことを現実に実行している。いわいる「行」の状態。
また我慢や忍耐は、感情を殺すことでもある。
心にある意識を、心と現実の間にずらし、心を止める。
そのエネルギー源は気力である。

そもそも、丹田とは、気が満ちる場所。
気とは気力。やる気や本気など。

第2チャクラは、気力と関連する。
何かの行動を行う。何かの行動を止める。そのための気力。
気力がなければ、無気力のまま、何もしなかったり、だらだらやり続けたりする。
気力とは、第1チャクラの生命力である本能を、第2チャクラに昇華したものだ。

ただ、注意としては、第2チャクラが形成されても、それはそれでスタートでしか無い。
なぜなら、第2チャクラは常に他のチャクラ形成と共に成長していく必要があるからだ。

第2チャクラは、
第1チャクラに対しては本能の抑制(エーテルレベル)
第3チャクラに対しては感情や思考の抑制(アストラルレベル)
第5チャクラに対しては固定観念の抑制(メンタルレベル)
という重要な役割がある。

逆に第2チャクラは、第1チャクラに対しては性欲の暴走なども起こすので、「快楽の執着を断なさい」というテーマを忘れずに。
でなければ、餓鬼界と地獄界の往復人生。

また、気力の源である第2チャクラが形成されずに、例えば、第3チャクラが発達すれば、当然感情は暴走する。
間違って、第5チャクラが開けば、一見霊能的な、制御不能の無意識の暴走も起こり得るので大変でややこしい。

丹田でも、腰腹同量の肥田式強健術の正中心は、より第2チャクラに近い。
そもそも、日本の丹田は、中国の3つの丹田、上丹田、中丹田、下丹田の下丹田のこと。
中国の3つの丹田は、インドの7つのチャクラから来ている。

インド7つ→中国3つ→日本ひとつ
日本では、シンプルに第2チャクラである、丹田のみが重要された。

第2チャクラは依存から自立へ向かう。
数秘1境地では、自分より、自分を守る物にパワーを注いだが、数秘3境地では、自分が遊ぶものは好きだが、守るものにはあまり興味はない。そんなものより、個を高めるのがうまい。
攻防一体の第2チャクラで、恐れずに現実と対等に向き合おう。

第2チャクラの活性法
重心を下腹丹田位置まで下げる。
意識を下げる。
上半身を脱力、下半身を安定させる。
禅、立禅、肥田式強健術、ヨガ、気功など。
我を忘れるほど何かに熱中する。
下腹を意識して、口を閉じ、我慢の練習など。

丹田、第2チャクラは、妊娠、生理痛も関連あり、出産経験のある女性は第2チャクラが発達していやすい。
タロットカードでいえば、数秘2境地は、処女性を示す「女教皇」
対して、数秘3境地は、「女帝」である。
posted by ほへと at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スタンディング・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

チャクラと数秘境地(4)・第1チャクラ

 第1チャクラ
スタート地点である、数秘1,2境地である。

これは、エゴ数秘(1〜9)が何番であろうと、数秘1,2境地、第1チャクラ地点からスタートである。
数秘境地は、高位数秘、タロットカードと関連している。タロットカードは精神成長プロセスを示している。
なので、とりあえずタロット13番を目指す。

第1チャクラは現実と物がキーポイント。
現実とは、十界では、「地獄界」ということで、
「物質欲に縛られ恐怖と苦しみの最低の境地、物や金に執着を断ちなさい」というテーマ。

精神的には、親に守られている子供状態。
ゆえに親代わりを探し、自分を守ろうとする。
親代わりとは、お金や物質、他者依存。

弱い自分を守る、親代わりを追求するのではなく、自分を強めていくしかない。
自分を強めるには、陰陽の統合である。
陰陽の統合が進めば、次の第2チャクラへ向かう。(事:数秘3境地へ)

とりあえず、ここでは、現実の恐怖と向き合うこと、それに負けないことが大事。

数秘1,2境地は、はじめて現実を体験するために肉体を持つという境地。
肉体は死ねばゲームオーバー。不安や恐怖心。まずはこの肉体を守り、安心を得ることを求める。
現実世界での安定した生活を最優先。

第1チャクラの位置は、尾骶骨、性器という身体的な部分もあるが、
意識的には、やや現実にのめり込んでいる状態。
誰でも身に危険が及ぶと、現実を注視し(数秘1境地)、感受性(数秘2境地)を高めますね。
また、目の前の大金や宝石などに、魅入られる=心が奪われる場合は、現実にのめり込んでいる状態を超えて、物にのめり込んでいる。
物や金の執着は断つこと。意識を外部ではなく、内に向けること。

数秘1境地は、自分→現実であり、現実を見ること、未来を想像すること。
これが行き過ぎると、心配性から、無駄にお金や権力などを必要としてしまう。
自分を高めるのではなく、自分を守るモノを高めてしまう。
将来の不安から、今を全力で生きるということが弱い。未来のために今を犠牲にする傾向。

数秘2境地は、自分←現実であり、現実を感じること、食べることなど。
これが行き過ぎると、神経過敏、ヒステリー、パニック症など。
自分を守ってくれる存在を求める。過去の経験を重視し、未来への変化を恐れやすい。

第1チャクラは、生命力と関連する。
生命力は、肉体を持つこと、成長、維持する力。
RPGゲームでも、ヒットポイント(体力)は重要だ。
肉体を持つということは、性別を持つことであり、半身を失うということ。

第1チャクラ、数秘1,2境地は生命力に溢れているために、エゴ数秘1,2も若々しい人は多い。
逆に、エゴ数秘9ですでに生命力が枯れかかっている場合は、この第1チャクラを活性化しなければいけない。

この第1チャクラの生命力を、第2チャクラから順に上に昇華し、(各チャクラが開いていけば)そこにエネルギー供給する。
また、順番は第2チャクラが最重要であるが、間違って上のほうが開けば、頭おかしい人になる可能性があるので注意。

第1チャクラの活性法
何より身体を鍛える
足腰を鍛える。歩く。基礎体力をアップ。
スクワット、筋トレ
身体底部を鍛える、提肛や会陰膜を鍛える。
便秘等を無くす。

下半身が重要、冷やさない、温泉等も有効。
モリモリ食べることも大事だけど、食い過ぎ糖尿病には注意してね。

体が強くなると、恐怖心は弱まる。
体が悪くなると、より不安になる。

そして、たまにはスリリングな経験も必要。
リビングでソファに腰掛けていては、第1チャクラは活性化しません。
アウトドアやスポーツ。
ジェットコースターやバンジージャンプなどチャレンジしてみよう。

第1チャクラの色は赤色なので、パンツは赤で。
posted by ほへと at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スタンディング・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

チャクラと数秘境地(3)

とりあえず、うまく説明できるかわからないけど、チャクラと数秘境地との関連を語っていきます。

まず、数秘境地とは、数秘1〜20まである、エゴ数秘1〜9はそのサブセットとも言える。
人間の数秘境地は、1〜12、もしくは13まで。
これが、基本数秘陰陽セットで、ひとつのレンジを形成します。
数秘境地20で、レンジは10。これが、仏教の10界に対応します。
数秘境地13で、レンジは7つ。ここが、今回のチャクラ番号に対応します。

チャクラは、レンジ、もしく次元と身体の位置関係を示します。

チャクラ/適応レンジ/十界/数秘
 第1チャクラ 物 地獄界 物質欲に縛られ恐怖と苦しみの最低の境地  数秘1,2
 第2チャクラ 事 餓鬼界 快楽が得られず満たされない境地      数秘3,4
 第3チャクラ 心 畜生界 強い思いで、理性が働かない愚かな境地  数秘5,6
 第4チャクラ 智 修羅界 自分と他人とを比較し勝ろうとする境地  数秘7,8
 第5チャクラ 空 人間界 穏やかで平静な人間らしい境地      数秘9

文章は、仏教の十界の説明だけど、ほへとの頭のなかでは、数秘とチャクラとも一致している。
その助からない人間(仏教の十界境地)を救うにはどうすればいいか?

チャクラ/適応レンジ 十界 十界テーマ /数秘境地
 第1チャクラ  物 地獄界 物や金に執着を断つ 数秘1,2
 第2チャクラ  事 餓鬼界 快楽の執着を断つ 数秘3,4
 第3チャクラ  心 畜生界 好き嫌いなど心の執着を断つ  数秘5,6
 第4チャクラ  智 修羅界 智による差別意識を断つ 数秘7,8
 第5チャクラ  空 人間界 身体に対する執着を断つ 数秘9,10
 第6チャクラ  己 天界  個の執着を断つ 数秘11,12
 第7チャクラ  因 声聞界 数秘13ーーここに至れば六道輪廻から脱出ーー
 

チャクラ成長のプロセス
 ↓      (5)
 ↓    (4)↑
 ↓  (3)↑
 ↓(2)↑
(1)↑
第1チャクラは、エゴが現実を意識している。上から下の意識。
第2チャクラの目的は、エゴが現実を意識している方向を逆転させ、下から上の意識に変える。
第3チャクラからは、テーマに挑み、クリアしながら、上のチャクラを目指すという流れ。

#注意
エゴ数秘1,2は、現実の恐怖を克服するテーマをクリアしても、それに安心して、意識を逆転しなければ、物質的に意豊かになっても、精神的な成長は無い。
大体、エゴ数秘と対応するチャクラ位置で成長が止まることが多いので、数秘5,6などは、上を目指すように。

エゴ数秘9や、また数秘8,7などは、まずは第1チャクラまで、一旦底まで沈む必要がある。すなわち、現実と向き合い、それを直視し、恐怖を克服する必要がある。でなければ、頭では、人のために役立てたいという理想があっても、それを実現する実力が無い。地蔵菩薩は、地獄界まで落ちて修行するのを習おう。

次回から、各レンジ、すなわちチャクラ番号と、身体、数秘の性質などを絡めて、と説明していきます。
posted by ほへと at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スタンディング・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

XR50モタード(9)、近況(170618)

DSC_0020.JPG
この前は、1号線で、久御山まできました。

DSC_0025 (1).JPG
イオンモール久御山に立ち寄る。
ここは自宅から南の方位。
方位中心レベルA(大体中心)[南中心から-1.1度]です。距離は直線で約14kmです。
南の方位がいいときに運上げに使えるな。

DSC_0029.JPG
昨日は山越えから広沢へ
なんかワタみたいなのがなってる木があった。

P1510228.JPG
名前は知らないけど花が咲いていた。

P1510231.JPG
広沢の池は、子供が沢山、どうやらザリガニを釣っているらしい。
自然と触れ合うことはいいね。

P1510233.JPG
バイク(XR50モタード)

今日は、高野でボディワーク教室でした。以前はバスで片道1時間が、バイク(XR50モタード)だと最短コースで20分でいけるので何かと便利。
原付きなので、スピードは出ませんが、またそこがよいです。
posted by ほへと at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

kantei_logo.jpg hhm_logo.jpg