新着記事

2018年05月21日

ボディワーク教室にて(180520)

今日は高野で、ボディワーク、プライベートグループレッスンをしてました。

下半身の筋力アップの大切さ、上半身の筋力アップのポイント、呼吸能力を主にウンチクを語りつつ、生徒さんらを指導するのであった。

健康寿命を考えても、やはりスクワット30回はして下さいといった。
10回でも効果あるでしょう?TVでやっていたと問う生徒さんに、いや30回はして下さいという。

今回教えた、ほへと式スクワットは、まずしゃがみます。
そして、足裏中心に重心、体重が落ちるようにします。
足幅はあまり広げない、かかとが上がる場合はそれでもよい。

そこから、腹に力を入れて、脚に力を込めて、さらにそこから立ち上がります。
ポイントは、立ち上がる筋力ではなく、いったん全脚の筋肉を緊張させてから、さらにそこから立ち上がるところがポイントです。

肩に違和感を感じる、手がしびれるという生徒さんがおられたので、
そもそも、上体と下体は別物。猿だった頃の名残で、腕はぶら下がることに特化していた。
スマフォを持って操作するためでは、腕、肩から上体がダメになる。
手、腕、肩を鍛える準備のトレーニングなどする。
肥田式は集約拳という、バーチャルに鉄棒を握った状態を作り出す技がある。

呼吸能力
呼吸能力で云えば、哺乳類より、鳥類が断然進化している。
なんせ、腕を上下に激しく羽ばたかせて、筋力で空中を舞うといいう化物だ。
ちょっと身体を動かして、息切れしているようでは、とても鳥には追いつけない。(笑)

またクジラは深海まで潜るが、筋肉に酸素を蓄えるそうだ。
これは人間にもあるようで、冷水に入れば、筋肉が酸素を取り込もうと、自然に深く大きな呼吸をする。
こんど、銭湯やサウナなどで試してみて下さい。

呼吸法にはいろいろあるが、基本は心肺能力のアップだ。
スクワット30回はしてくれというのも、この心肺能力アップを考慮してだ。
下半身の筋力と共に、心肺機能もアップするということだ。

いくつか、スクワットなどをしても、息一つ乱れないが、
肥田式の運動を一つやってみせた。
たった一回で、息がゼイゼイと成る。
この単純で、そう見えない動作だが、これほど疲れることをやっているのだ。

でなければ、スクワットも腕立ても、50回、100回と回数が増え、筋力維持、健康維持に多くの時間が必要となる。
肥田式は、自分の筋肉を戦わせて、少ない回数でも効果を発揮する。ちゃんとすればね。
posted by ほへと at 18:16| Comment(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

「私」と「死」について

人間の「死」について考えていた。
別にそういう意味ではない。

人間には、いくつかのレイヤーが積層している。

現実の世界の私、ステージ1現実、科学文明や常識に縛られている世界。
人間として、一番上っ面な世界であり、ここの死は、世間からの抹殺かも知れないが、即命が無くなるわけではない。

心の世界の私、ステージ2、感情や思考、エゴの世界、哺乳類のレベル。
身体とは別に、心には栄養が必要だ。家族や愛情、地位や名誉、芸術や真理など。
ここの死は、外からは、「心」を失うなり、狂うなりと見えるのかもしれない。
大事な人を失ったり。信じていたものに裏切られたり。

潜在意識の世界、ステージ3、無意識の領域、時間を感じない時間。脊椎動物のレベル。
ここの死は、身体が動かない、現実にアクセスできない。
植物状態や脳死の別はあるが、内臓は生きている場合は、「死」なのか「睡眠」か?
身体が健康だと、健全な心が宿る、心の土台だ。
潜在意識であるが、身体のことでもある、そういう意味でここが「人」としての「死」の場所?

集合意識の世界、ステージ4、原生生物レベル。内臓レベルだ。
内臓は、身体を活かしているのか?細胞を活かしているのか?
ある人が事後で亡くなった。その人の心臓が移植された。
その人の心臓が生きていても、やはりその人は「死」なのだ。
内臓疾患の場合は、このレベルが「死」に直面しているのかもしれない。

遠い未来の世界。人間の脳をバックアップし、クローン培養した新しい身体に、記憶をリストア(復元)した。
でも、その人はいない。もう死んでいると思う。

私は、誰かの生まれ変わりという、過去の記憶があるという。
こういう話を聞くたびに、「私」とは?思う。
その人はもう死んでいるし、その人と「私」は全然別個と思う。

さらに、ひょんな事から、人生観が変わり、生き方が変わった。
回りからは、別人のようだと言われる。
ある意味、過去の人が死んで、今の人に生まれ変わっているのかもしれない。
記憶も身体も共用しているが。
posted by ほへと at 19:26| Comment(0) | 独り言(読み物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

葵祭(180515)

P1540027.jpg
下鴨本通りを北へ、ここから車両通行止め、
葵祭の行列だが、向こう側に渡ったほうが良いみたいだ。

P1540045.jpg
葵祭です。京都三大祭りの一つ。

P1540047.jpg
馬とか牛とか間近で見れるのも面白い。

P1540113.jpg
平安衣装です。振り袖とかとは違うんだな。

P1540203.jpg
なかなかの気温の高さで汗でるが、平安衣装の着物、十二単系は暑そうだな。

P1540119.jpg
葵祭のメイン、斎王代来たか?

P1540127.jpg
おぉ!斎王代!バッチリ!

P1540146.jpg
横を過ぎていく。
そういえば、平成最後の斎王代

P1540220.jpg
行列もクライマックス。

P1540231.jpg
最後尾は、牛さんでした。
posted by ほへと at 17:36| Comment(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

腰を鍛える。

背骨を真っ直ぐにするには、腰の力が必須であるが、現代人は腰の力が弱い。
腰の力は上半身を伸ばすのでは無い、下半身を地面に押さえ込むのだ。
腰を入れる、腰を据えるとはそういうことだ。

ちょっと昔は、
クワで田畑を耕すことから、日常の家事でも重労働であった。
今は、日常に、筋力を全開にすることはまぁ少ない。

身体は、萎縮していく。
スマフォなどIT、AIは進化して、頭では便利な世になったと思う。

そんな文明社会から出家しろとは言わないが、
最低限度、下半身の筋トレは行なって欲しい。

逆に、下半身を十分にせずに、上半身のトレーニングだけするのは身体を壊すので注意。
なんでも、見た目ではなく、水面下の見えない部分が重要なのですね。

「腰」はどこだ?
ココだよ!と自分の身体のその個所を意識できる人はエライが、
それは、「ウエスト」「腰椎」だよ、いやいやそれは「腸骨」だよという人が多いと思う。

「腰」がどこか分からなければ、腰を据えるや、腰を入れるという言葉の意味は理解不可能だ。

解剖学的に、仙骨と腰椎5番の間とか、頭で理解していても役には立たない。

腰が痛くなる場合は、まぁそこが腰ではある。

腰を鍛えるとは、下半身を鍛えることである。

腰痛で悩んでいる人は、下半身が弱くないですか?
弱いなら逆に簡単、死ぬほど鍛錬すればいいだけだ。

スクワットは基本。
昔は和式便所、布団での寝起きも、無意識にスクワットの回数カウントしていた。

長時間の歩行。多少歩いても腰が痛くやだるくならないこと。

地面の荷物の持ち上げる。
この運動はすごく重要。広背筋を鍛え、上がった肩を下げる。
昔では当たり前のこの運動が、現代では逆に困難。

立った時にフラフラしない。
ふらつくのは、腰の位置が安定していないからだ。
「腰」を理解している人はふらつかない。


「腰」という、身体の要について、たまには考えてみよう。
posted by ほへと at 20:27| Comment(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

菖蒲

GWも終わり、五月病の気怠い季節がやって来ました。
寒かったり、暑かったり、やっぱまだ寒かったり、いやいや暑かったりと、
身体的にも自律神経の調整が大変な時に、
新年度、新たな環境で、いろいろと気苦労も多い。

まぁちょっとやる気が出なかったりしても、無理に気合を絞り出さずに、
ゆっくり、マイペースで行きましょう!

知らずに、意外と、ヒットポイントがやばかったりする。


IMG_20180508_144202.jpg
アヤメ?カキツバタ?

IMG_20180508_144258.jpg
ショウブ(菖蒲)、キショウブかな?


まったり、花でもぼーっと眺めると良いかも。
最近撮った花

IMG_20180507_182333.jpg
雨の中の赤い花、近所だけど、名称不明。

IMG_20180508_160518.jpg
赤いバラだな。

posted by ほへと at 20:14| Comment(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

生命としての感情の開放と抑圧

感情は開放するべきか、抑圧すべきか?

一見難しい問題だが、ほへと理論時には簡単である。

感情の開放は、社会ルールや常識からの離脱で、
感情の抑圧は、競争において勝利を得るためだ。

逆は、良くないことはわかると思う。

いつものように小難しく掘り下げると、
それは生命の歴史や、ほへと数秘のステージの概念である。

生命の進化の歴史で、進化と革命がある。
革命は大きく、4つあると考えている。

バクテリアから原生生物、原生生物から脊椎動物、脊椎動物から哺乳類、哺乳類から人類。
でもこれは遠い昔の話ではなく、我々は、たったひとつの細胞(受精卵)から出来ているのだ。

ステージというほへと数秘概念では、

ステージ5、ワンネス/細胞/存在/神や仏
ステージ4 集合意識/原生生物・内臓/生存能力/天使や菩薩
ステージ3 無意識/脊椎動物・外骨格/生存競争/メンタル界/
ステージ2 心・自我意識/哺乳類/感情、愛情/アストラル界/
ステージ1 現実世界/人類/科学文明、社会ルール/現実

感情は、ステージ2のレベル。

ステージ1からステージ2を目指すなら、感情の開放が必要だ。
要するに、社会ルールや常識によって、自分自身が抑え込まれている、表現できていない状態からの脱却。
人類の作り出した、社会ルールや常識は、哺乳類の感情に見えない鎖をつなぐが、
感情の開放は、人類から哺乳類へ意識を上げることなのだ。
リスクとして、社会ルールを破ることになり、喧嘩や解雇、不倫やセクハラ、犯罪的な事がある。
こんな人向け:何をしていいかわからない。声が小さい。無気力。

ステージ2からステージ3を目指すなら、感情の抑圧が必要だ。
ステージ3は、競争の世界。勝たねば淘汰される、無常の世界。
要するに、何かの勝敗事、勝負に挑むこと。その良い結果のためには、感情を抑圧せねばいけない。
勝敗の前に感情を出せば、必ず敗退する。
感情の抑圧は、哺乳類から脊椎動物へ意識を上げることなのだ。
こんな人向け:目標が見つかってる。

ちなみに、ステージ3からステージ4の意識境地に至って、はじめて、争いを卒業し、真の平和を目指せる。(六道輪廻卒業)
逆に、ステージ1の意識境地の平和は、本当の平和では無いのだ。

意識境地は最終的にステージ5を目指す。

ステージ1→5へ向かうのが、仏教的
ステージ5→1へ向かうのが、神道的

神仏習合的に、両ベクトルのバランスも重要。

人間は、科学文明な服装を脱げば、吠える獣なのだ、その獣の奥には、静かな魚がいて、中の内臓が、全ての細胞を生かそうと働いている。

重要な点は、ステージ1、この現実で、社会ルールや常識に囚われて、感情を抑圧して生きることは、
生命(細胞)進化の継承を断絶して、科学文明な服装を脱げば、何もない、ロボットごときな人工人間(アンドロイド)ではないか?
この現実を、もっと意識を上げたステージから感じて欲しい。でなければこの現実の存在は儚いものとなる。
posted by ほへと at 06:08| Comment(0) | スタンディング・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

東山浄苑・花祭り(180429) 

IMG_20180429_094417.jpg
東本願寺に来ています。今更ながらでかいな。

P1540009.jpg
カモちゃんと鯉もいます

P1530911.JPG
東山浄苑に来ました。
東本願寺からシャトルバス。

P1540006.jpg
花、チューリップかな、

P1540004.jpg
鯉、黄金やん。さすが(何が?)

P1530929.jpg
お坊さん、その後ろには、マーチングバンド。
生演奏は、生スネアドラムのドラムマーチはテンション上がるな。

P1530939.jpg
花祭り、お釈迦様の降誕を祝う行事だそうです。

P1530958.jpg
稚児衣装を着て、東山浄苑内をねり歩くお子様達。
その最後尾に、、

P1530966.jpg
ゆかぽんとえいみちゃんだ。

P1530918.jpg
えいみちゃん、サービスショット!かわゆし。

そんなわけで、今日は、えいみちゃんの晴れ姿を撮りに東山浄苑に来てました。
posted by ほへと at 10:17| Comment(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

太一邸で、千本会(180436)

IMG_20180426_190441.jpg
今日は、太一邸で千本会でした。
千本会メンバー&太一メンバーです。
さっそく、おしゃれで、食い方が今ひとつ不明なものが出てくる。
パンに付けたりして食べる。
うまい。

IMG_20180426_195456.jpg
唐揚げに、辛めの柚子胡椒、太一が料理をしてくれています。

IMG_20180426_213114.jpg
メンバーがだんだん増えてきます。
やっぱ、濃厚なメンバー達。

IMG_20180426_204700.jpg
若竹煮など、料理はどこどこ出てきます。

IMG_20180426_201829.jpg
盛り上がってきましたね。
テーブル席は一杯なので、部屋全体に、ソファーなどに人が散る。

IMG_20180426_211301.jpg
太一特製ラザニア!

IMG_20180426_213704.jpg
良い雰囲気で、呑み会は進行していきます。

IMG_20180426_221223.jpg
さすが太一、スーパーで買ってきた造りも、鯛は昆布締めに山椒の葉と、味見た目ともグレードアップ。


IMG_20180427_020827.jpg
餃子を作ってます。

IMG_20180427_021813.jpg
本日最後の締めは、眞鍋さん特製の水餃子。
posted by ほへと at 21:13| Comment(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

ボディワークと身体について

私は、身体を通して現実にアクセスするが、
身体に異常があれば、十分に現実にアクセスできなくなる。
痛み、違和感、かゆみ、コリなど。

また心の悩み、何かに心酔することでさえ、
例えば、大きな音量のヘッドフォンをして街を歩くようなもの。
その中で、現実で何かを行うと、集中力や気力を消耗する。

ボディワークは、身体から心を透明にしていく作業だ。
それにより、より深く、現実を感じることができる。

無論、怪我や病気など、ボディワークですべてが良くなるわけではない。
虫歯が痛ければ、大きな音量のヘッドフォンの比ではない。
医療機関や薬もうまく利用して、治しましょう。

散々使い古された言葉だが、
「地に足を付ける」

こんな事を、多分、多数の人が分かっていない。

スマフォは多機能・高機能、
暮らしは便利に豊かになっても、
身体は逆に退化していっている。

身体を進化させよう。
もっと、身体から多くのことを学ぼう。
意識が変わる、心が変わる。現実が変わるから。

posted by ほへと at 21:57| Comment(0) | ボディワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

☆大阪対面鑑定:4月27日(金)「予約受付中!」

来週4月27日(金)に大阪梅田で、対面鑑定を行います。
大阪、関西圏で悩み相談などがありましたら、ほへとの対面鑑定してみてください。

また、少し先ですが、東京対面鑑定は6月24日(日)〜26日(火)+ボディーワーク教室24日の予定です。


☆大阪対面鑑定:4月27日(金)
場所:阪急梅田近辺の喫茶店 時間:予約制です。
25分  5,250円 
55分  9,450円

◇対面鑑定について
・個人的な相談全般です。 (恋愛・結婚/対人関係/就職・転職・仕事/健康/趣味・遊び/旅行・方位/エゴ対処法/人生・生き方のヒントなど)または、ほへと占い(ほへと数秘・陰陽バランス・波動年等・数秘9以上)に関する質問や雑談なども応じています。
※時間内であれば、いくつ相談されても結構です。


申し込みは、>電話・対面鑑定申し込みフォーム かメール(hoheto@gmail.com)でお願いします。
posted by ほへと at 19:35| Comment(0) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

kantei_logo.jpg hhm_logo.jpg